ふうかのボードゲーム日記

タグ:アークライト

3

・カバー・ミー
 Cover Me(Jumping Turtle Games:2017)


カバー・ミー

ファッション誌の編集長となり、トレンドに影響を与えて知名度を上げていくボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

まずはランウェイの組み立てて、パターンと色のコマを横に置いておきます。
デスクボードをランウェイの隣に置きます。
各プレイヤーは、雑誌カードを選んで受け取ります。
モデルカードを指定の組み合わせに分け、それぞれ裏向きでよく混ぜて山にしておきます。
ゲームは1ラウンドを1年とし、各ラウンドは4つのシーズンで構成されています。
各シーズンでは、まずカバーガールの決定。
手札から1枚ずつ裏向きでカードを出し、一斉に公開して時流を動かすのを3回行います。
次に雑誌ごとにカバーガールを決定します。
そして、トレンド値が3点のモデルは雑誌カードの下に裏向きで入れ、手札を補充します。
最後に次のシーズンの準備をして、次のシーズンをはじめます。
シーズンは冬から始まるので、秋は次の年の準備になります。
これを3年やり、得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

3

・新ベルサイユ宮殿 〜ルートヴィヒの新たな夢〜
 The Palace of Mad King Ludwig(Bezier Games:2017)


新ベルサイユ宮殿 〜ルートヴィヒの新たな夢〜

ルートヴィヒ2世の夢を叶えるための宮殿を造りながら、出来るだけ建築に貢献していくボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

庭園ボードを広げ、白鳥トークンや王の歓心等を準備します。
一般部屋タイルは裏向きでよく混ぜて、5つの山にして所定の位置に置きます。
各プレイヤーは自分の設計図ボードとトークン、王の歓心タイルを受け取ります。
ゲームは、スタートプレイヤーから手番をはじめ、ゲーム終了まで繰り返していきます。
手番では、アクションを1つ選んで実行します。
出来るアクションは、宮殿に一般部屋タイル・宮殿タイル・階段のいずれかを配置、自分の設計図ボードのタイルスロットルに部屋タイルもしくは王の歓心タイルを1枚配置の4種類です。
手番終了時、部屋の列に空きがあったら補充します。
部屋が完成した場合、タイル上にあるマーカーをひっくり返し、部屋に合わせて報酬を得ます。
また、お堀タイルを配置しなければならない場合、指定の枚数のお堀を配置します。
そして次の人の手番へ。
これを繰り返し、お堀の水流の両端が辺もしくは頂点で接する、お堀が枯渇する、部屋タイルが枯渇するのいずれかが満たされたらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

3

・プラネット・メーカー
 Planet(Blue Orange:2018)


プラネット・メーカー

動物たちにとって良い環境になるように、地形を貼り付けてオリジナルの惑星をつくるゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは惑星のコアと目的カードを受け取ります。
テーブルには、各ラウンドで繁栄する動物カードと地形タイルの山を並べます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドでは2フェイズ行います。
まずはラウンドに対応する地形タイルの山1つを公開し、スタートプレイヤーからタイルを1枚ずつ取って、ただちに自分の惑星に貼り付けます。
次の動物の繁殖判定は3ラウンドから実行し、動物の繁栄を判定します。
動物の条件に従って各惑星を判定し、対応する人がカードを受け取りラウンド終了。
これを繰り返し、12ラウンドが終わった時、ゲームも終了します。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

3

・ウーシュ!! ぼくら幻獣バスターズ
 Whoosh: Bounty Hunters(Artipia Games:2017)


ウーシュ

モンスターを捕獲するために必要な攻撃を見極めて、素早く手をのばしていくカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

モンスターカードと攻撃カードは、それぞれ裏向きでよく混ぜて山にします。
攻撃カードはプレイヤー間で均等に分けて各プレイヤーの前に山にして置きます。
モンスターカードは3つに分けて山をつくり、一番上のカードを公開して並べます。
ゲームはスタートプレイヤーから順に手番を行っていきます。
手番がきたら、自分の前にある攻撃カード山の一番上をめくり、自分の前に表向きで並べます。
この時、場に公開されているモンスターに描かれているアイコンすべてが、全プレイヤーの攻撃カードで満たされていたら、素早くモンスターに手をのばします。
一番早く手をのばした人は、攻撃が揃っていればモンスターを獲得し、表向きで自分の前に置きます。
間違えてしまってもモンスターを獲得しますが、裏向きで失点として獲得します。
これを繰り返し、モンスターカードを補充できなくなったらゲーム終了。
獲得したモンスターの得点を計算し、もっとも高い人が勝者になります。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

3

・THE GAME オバケやしきのすうじのアクマ(アークライト:2018)

THE GAME オバケやしきのすうじのアクマ

全員で協力してカードを出し切るカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

「ザ・ゲーム」に追加ルールがはいった日本語ローカライズ版です。
カードは2から99で、これをボード上4ヶ所のどこかにすべて出しきるのが目的。
手番がきたら、手札から2枚以上カードを出します。
カードを出せる場所は4つで、昇順2ヶ所と降順2ヶ所。
昇順で出すところには1のカード、降順で出すところには100のカードが描かれています。
出した枚数と同じ枚数のカードを山札から引いたら手番終了。
すでに出ている数字とちょうど10違いの場合は遡り可能。
さらに日本語版では、スキップやショットなど特殊効果のカードがあります。
プレイ中は軽い相談は可能で、直接的な数字の宣言などは禁止です。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

3

・ゴミ箱パンダ
 Trash Pandas(Gamewright:2017)


ゴミ箱パンダ

ゴミ箱から拾ったエモノを住処に隠して得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

すべてのカードを裏向きでよく混ぜ、各プレイヤーに初期手札を配ります。
マーカーとダイスをテーブル中央付近に並べます。
スタートプレイヤーから順に、手番を行っていきます。
手番がきたら、まずダイスを振ります。
出目と同じマーカーを場から受け取り、続けるかやめるか選びます。
やめる場合、マーカーを使用して次の人の手番へ。
すでに出た目と同じ目が出たらバーストで、ゴミ箱(山札)から1枚引いて手番終了。
これを繰り返し、ゴミ箱(山札)が空になったらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高かった人が勝者となります。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

3

・13ゴースト
 13 Ghosts(Artipia Games:2017)


13ゴースト

他の人が持っているカードの数字を当てるカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

13枚のゴーストカードを裏向きでよく混ぜ、それぞれに2枚ずつ配ります。
配られた2枚のうち1枚を選んで自分の前に裏向きで置きます。
手番になったら、手札を表向きでプレイし、カードの指示内容を実行するか、手札を裏向きでプレイし、対戦相手の数字を宣言して攻撃をするのどちらかを実行します。
その後、山札から1枚引いて手札にしたら、次の人の手番。
誰かの数字を当てた人が勝者となり、カードを配り直して次のゲームへ。
これを繰り返して誰かが3勝したら、その人の勝利でゲーム終了です。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ