・ヴィクトリアン・マスターマインド
 Victorian Masterminds(CMON:2019)


ヴィクトリアン・マスターマインド

エージェントを世界中に送り出し、混乱ポイントを獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブル中央に置くボードは世界の主要都市で、建造物とミッションカードを置きます。
各プレイヤーは、自分の色を選んでエージェントタイルを受け取り、裏向きでよく混ぜて自分の前に重ねておきます。
さらにマシーンシートと対応するセグメントピースを受け取ります。
各プレイヤーの火力マーカーを秘密警察ボードに置きます。
ゲームは、スタートプレイヤーから順に手番をおこなっていきます。
手番では、自分のエージェントタイル山から一番上を取り、能力を確認して5つの都市のいずれかに裏向きで置き、次の人の手番へ。
それぞれの都市のエージェントタイルが3枚になったら、すぐにスタックの解決をおこないます。
スタックを丸ごと表向きにし、上から順に持ち主が処理をしていきます。
処理を終えたら、エージェントタイルはそれぞれの持ち主の捨て場に置かれ、ゲームを再開します。
誰かがマシーンのすべてのセグメントを完成させるか、秘密警察レベルが最後に到達したら、次の人から全員が1回ずつ手番をおこなってゲーム終了。
最後にボードに残ったエージェントタイルの処理をし、得点計算をします。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

SPONSORED LINK

ヴィクトリアン・マスターマインド
私が使うのはベルーガ号。
全員がそれぞれ違うマシーンを使います。

各都市の建造物を壊すのに必要なのが火力。
ただし後ろから秘密警察が追いかけてくるので、常に前を進んでいく形にしなければいけない。
でも建造物は1つ2点。
マシーンを改造していくほうが、いろいろなアクションでの付加価値が高い。
ならばまずはマシーンの改造だ!
ただし、改造に必要な資材が入手出来るかは、エージェントタイル次第だけど。

手番がきて、まずはスタックから1枚取る。
そして、どんな効果か見てにやにやするのがお約束w
各都市では戦利品を得ることが出来て、その戦利品の中にマシーンを改造する資材もある。
他の人と同じ資材を狙うと、あまり良いことはなさそうかな。
何せエージェントタイルには、他の人を無効にしてしまうのもある。

トド吉といたるさんがボルトへ行ったので、私はあえて銅板で。
ヴィクトリアン・マスターマインド
スムーズに資材を揃え、まずはソナー室から。
必要資材を揃えれば、セグメントが完成。
セグメントには記号があって、この記号がミッションに関わってきたりもする。
やることはエージェントタイルを置くだけなのに、自分がどうしたいのかきちんと考えないと無駄になってしまう。
ヴィクトリアン・マスターマインド
エージェントタイルは、すべて使い終わらないと戻ってこない。
全員が同じなので、早々にいたずらすると仕返しされるw
あとは、むやみにばらまくと、ボードに置かれたまま処理もされず、エージェントタイルが戻ってこない。
そこそこ干渉していかないとダメ。
うーん・・・これは楽しいのでは?

「こっちいいよ、こっちきなよ」
「いや、それいらない」
「そんなこと言わずに!」

処理が発生しないと話にならないので、自然と呼び込みがはじまってくるw

「どうせそれ無効なんでしょ」
「それはどうかなー?」

みんな言うことがかなり適当w

ダヴィンチの書を優先した2人を横目に、黙々とベルーガ号の改造にいそしむ私。
セグメントが完成させると、効果が強くなるのだから仕方ない。
ある程度、マシーンの改造が出来てくると、今度は都市に置いてあるミッションカードに目がいく。
達成するには条件があるので、それを達成するためにがんばるわけで。
銅板とネジだけ集めていればいいわけではなかったw

科学者はかなり優秀で、手番を増やしたり、捨て場のエージェントタイルを使えたり。
でも科学者の入手が、私の状況では難しいわけで。
こっち取ればあっち取れずに、思うようにいかないのが楽しい。

そして、ゲーム開始時からやりたかった都市襲撃。
ようやく条件に合った。
ヴィクトリアン・マスターマインド
建造物を破壊出来ると、建造物が手元にくる。
火力大切だけど、誰かが襲撃すると秘密警察の警戒レベルが上がってしまう。
秘密警察に追いつかれると、破壊行動が出来なくなってしまう。
もっとも・・・いたるさんは追いつかれていたけれどw

遅ればせながらダ・ヴィンチ文書に目をやる。
みんなが2のところ、私だけずっと1でがんばってきた。
だからこそ、最後になってしまった弾薬庫の改造。
ヴィクトリアン・マスターマインド
銅板があと2つ。
マシーンが完成すると、ゲームの終了フラグが立つ。
だったらもう少し他のことを・・・という考えが、結果的に失敗。

銅板が得られる都市を見ると、他の人のエージェントタイルが置かれている。
これが効果無効だったら、置くだけ無駄になるというか、お手伝いだけすることに。
まぁ、無効にされてしまったわけで。

狙っていた建造物をトド吉にとられ、他の都市を探すけれどエージェントの効果が合わない。
行きたくないけれど、行かなきゃいけない状況になる不思議。

そして、トド吉のマシーンが完成して、ゲーム終了のフラグが立った。
ヴィクトリアン・マスターマインド
残り1手番で、何とかベルーガ号も完成!
ボード上に残っているエージェントタイルは、順番に処理されるので急がなくてもいい。
これであの都市の建造物を破壊して・・・なんて考えてにやにやしていたのに、処理の順番で計画が狂い、狙っていた建造物は手に入らず、ミッションも達成出来ず。
勝ったのはトド吉。

私がベルーガ号の完成で終了フラグを立てていれば、もう1つくらい破壊出来たのに!
これは悔しい。

箱絵とタイトルからは、まったく想像出来ない良いゲームでした。
これはおもしろい。
エージェントタイルを取って、効果ににやにやしつつ都市を選んでいる時間が楽しい。
自分のマシーンだけ強化していては得点は伸びず、都市を襲撃しようとしても火力が弱く、襲撃が成功すると秘密警察が強くなる。
その間をうまく狙いたくて考える。
細かい得点配分があるので、地道にコツコツしつつも派手に建造物を破壊したり。
かなり盛り上がったし、良いゲームでした。