・ウンチに気をつけて
 So ein Mist(Abacus:2019)


ウンチに気をつけて

ダイスを振って農場を回りながら、ウンチを避けてエサを集めていくゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・怪獣くん・トド吉・私の5人でプレイ。

各プレイヤーは自分の動物コマを決め、カードとコマを受け取ります。
受け取ったカードを裏向きでよく混ぜ、山にして自分の手元に置きます。
スタートプレイヤーからゲームを始め、手番がきたらダイスを1個取って振ります。
出目に満足したら、その数だけ自分のコマを移動させます。
満足しない場合、続けてダイスを1個取って振ります。
ダイスは5回まで振ることが出来て、5個目を振った場合は必ず満足します。
コマを動かした時に誰もそのカードにいなければ、必ずカードを取ります。
他の人がいた場合、自分の1つ前にそこに移動したプレイヤーがカードを取ります。
その後、自分の山札から1枚取り、空いた場所に置きます。
これを繰り返し、全員の山札がなくなったらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

SPONSORED LINK

私が選んだのはウサギ。
ウンチに気をつけて
ウンチまみれにならず、白いままでいられる期待をかけて!

5人プレイだったので、それぞれ山札の一番上を1枚ずつ提出。
それにスタートカードを混ぜて、ランダムで出来上がるコース。
ウンチに気をつけて
自分のカードの場所がスタート位置。

「え・・・ なんで私だけ10でちゃってるの!」

最初から10が出てしまってる私。
これでは他の人にあげるだけの人。
チャンスがあるとすれば、誰かが同じところに止まってくれれば・・・まぁ無理だよね。
これはゲームスタートからついてない!

手番ではダイスを振るだけ。
でも出目によっては、止まりたくないカードがあるわけで。
振り直して、すでに出た目と同じ目が出てしまうと、それで確定になってしますリスク。
でも振り直すよね。

しかし・・・この日は本当にダイス運がなかった。
振っても振っても、ウンチにしか止まらない。
ウンチに気をつけて
誰もいないはずのウンチに止まっても、後ろからママがきて即受け取り。
自分の山札からコースを補充すると、なぜかウンチじゃない。
みんなに良いカードを配って、自分ではひたすらウンチを取り続ける人に。
ひどいw
さらにもう1人きて、私が置いたカードをママが取っていく。
ずるいw
ウンチに気をつけて
今出したカードが欲しい。
無理なのはわかっているけれど、もう1周まわってきても残っていない。
がんばって振り直しても、最後まで狙った目が出なかったり。
引き寄せるようにマイナスカードばかり取っていく私。
ウンチに気をつけて
なんだこれwww
欲しいのはエサであって、ウンチを取りたいわけじゃない!

そんな私の願いはかなうはずもなく、勝ったのはママ。
私の高得点エサたちが、みんなの手元にいってしまっている。
私のはマイナスばかり。

ダイスゲームは、ダイスを振るだけで盛り上がるので好き。
ダイス運に見放されると、早々に2個目で同じ目ということもある。
それも含めて、何個まで振るかの自己制御が出来ないとダメw
コースがそれぞれの山札から出していくので、まだ高得点カードが残っているのはわかっているのに取れない。
これもまた悔しい理由。
ゲーム自体はあっという間に終わるので、続けてもう1戦やってもいいけれど、ダイスに一喜一憂しすぎて疲れましたw



ボードゲームウンチに気をつけて (So ein Mist) [日本語訳付き]
駿河屋