・ノストラシティ
 Nostra City(Hazgaard Editions:2009)


ノストラ・シティ

組織のボスがすべての告発から逃れるよう働きつつ、評判を高めるボードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ゲームは6ヶ月で各月は4フェイズ。
最初は全員がボスの部下ではじまり、途中FBIの潜入捜査官になる可能性があります。
ビジネスフェイズでは自分が持っているマフィアを使い、縄張りで換金します。
指定した縄張りと同じ縄張りを持っている人は、分け前を受け取る権利があり、分配してもらえなかったら血の復讐カードを受け取ります。
会合フェイズでは、まだ使用していないマフィアを使い、ボード上に並ぶ中から欲しいカードに入札します。
この時、何も落札出来なければ、血の復讐カードを受け取ります。
裁判フェイズでは陪審員へ買収を試みて、レセプションでは次の月の準備をします。
これを6ヶ月やるけれど、血の復讐カードの中にFBI潜入捜査官のカードがあり、それを受け取った人は潜入捜査官なので秘密裏にボスを有罪へ導きます。
3ヶ月終了時に、一度買収カードをオープンにして、陪審員ボックスの調整をやります。
6ヶ月終了時にゲーム終了となり、最終評決でボスが有罪ならFBIの勝利、ボスが無罪ならマフィアの勝利です。

SPONSORED LINK

ノストラ・シティ
最初の部下と場所を持って、いざゲームスタート!

まずはビジネス。
最初は喧嘩しないように、ヘイト値を稼がないように分配が多くなるように。
紙幣を引いてみると、1枚だけ高値。
だったらそれは私がもらって、素知らぬ顔をして残り同じ金額2枚を分配。
受け取ってそっと見るトド吉といたるさん。
結局、全員同じことをやって平和に終わる。
まぁ、お金はいくらあっても困らないので、喧嘩するほどでもないよねw

次にボード上に並ぶカードの入手。
どれにいくらかけるか、何枚入札できるかは、部下が何人残っているかによる。
新しい部下も欲しいし縄張りも欲しい。
さらにいえば、自分の評判も高めたい。
カードが上手く出ていればの話。

カードをセットして、1から順に入札チェック。
ここで競り負けていれば、血の復讐カードを獲得出来るチャンス。
内容をまったく見ていない3人は、何とかカードを入手出来るように平和に終わる。
そして裁判になるも、お金に余裕がないのでボスの助けにはなれない。
というか、最初の陪審員ボックスがFBIに寄りすぎてると思う。
平和な1ヶ月目が終わり、ある程度流れがつかめたところで、血で血を洗う戦いがはじまる・・・はず。

2ヶ月目以降は、かなり展開が変わる。
何せ血の復讐カードが強い。
1回引いてしまうと、その効果がかなり魅力的。
ノストラ・シティ
私は新しいマフィアと縄張りを手に入れることが出来て、ちょっとだけ世界の敵に。
でもみんなマフィアなんだから、高めるべきは評判を高めなきゃいけない。
これがなかなか高めることが出来ない。

ノストラ・シティ
3ヶ月目で一度公開される裁判。
陪審員をちゃんと買収出来ているかな・・・?
みんなちゃんとボスのためにがんばってる。
私は金額とアイコンが合わず、泣く泣く高い紙幣を差し込んだわけで。

分配になると血の復讐カードが欲しくて、むしろ分配しないで!と言い出すダメな人たち。
逆に血の復讐カードを与えたくなくて、がんばって分配しようとする手番の人。
4ヶ月目からは、買収する人が1人だけだと評判が高まる。
お金を使いたくない私といたるさん。
トド吉が1人、熱心に買収していく。

・・・なんだかおかしいな?

状況的にマフィア側は負けがほぼ確定しているので、このままでは評判は意味がない。
あれ?
もしかしてFBIか!?

一度疑惑の目で見てしまうと、そう見えてしまう不思議。
そんな中、ついに私の手元にFBIカードが!

ばれないようにしよう・・・

縄張りとマフィアの数で圧倒してお金を集め、新しいカードを増やすところまではよかった。
しかし、いくらがんばってもボスは有罪確定。
評判をばれないように高めないと、私の勝利はない。
トド吉も評判を上げてくるどころか、私といたるさんの評判を下げてきた!

そして、6ヶ月目が終わり、ついに審判の時。
ボスは有罪、評判はトド吉のほうが高い。
これでトド吉がマフィアだったら私の勝利なのに・・・
結果はFBIが2人で、トド吉の勝利。

想定していたよりは楽しめた。
FBIが手元にきた時には、顔には出さずドキドキしてたけど。
そもそも、陪審員トラックが有罪に傾いているので、これを無罪にするのは無理。
今回、途中でトド吉と私がFBIになってしまい、FBI捜査官同士の評判勝負に。
明らかにFBIが有利なところは、テーマを考えても仕方ないのかなぁ?
5人いたらマフィアが増えて、バランスが悪くないのか気になるところではある。
でも正直1回でおなかいっぱいになりました。



ボードゲームノストラ・シティ (Nostra City) [日本語訳付き]
駿河屋