・やぎ山
 Goat 'n' Goat(OKAZU brand:2019)


やぎ山

3色のカードを使ってやぎの群れをつくり、得点カードを入手していくカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

山カードを全員の手が届くところに並べ、やぎカードはすべてを裏向きでよく混ぜて、山にします。
やぎカードの山から5枚引いて並べ、場をつくります。
各プレイヤーに最初の手札としてやぎカードを配り、スタートプレイヤーから順に、手番を繰り返していきます。
手番では、手札から1枚以上を選んで自分の前に出します。
この時、出せるのは同じ数字のみで、出したカードは色別でやぎの群れをつくります。
やぎカードは昇順でしか並べられず、出した数字の数だけ、場から手札を補充します。
やぎカード山がなくなったら捨て札をよく混ぜて新しい山をつくり、山札が2回目になくなったら、全員1回ずつ手番をやってゲーム終了。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

SPONSORED LINK

このゲームで得点化するには、自分の群れの枚数が重要。
3から9までの数字が書かれている山は、数字と同じ枚数の群れが必要。
すでにある群れにカードを足すには、同じ数字かそれ以上。
今の群れより小さい数字を出してしまうと、群れを捨て札にして、新しく群れをつくりなおすことに。
捨てた群れは失点になってしまう。
でも早めに大きい数字を出してしまうと、高い山へは手が出せなくなる。

とりあえず群れは1からはじめるのがいいよねってことで、1からスタート。
ところが、1を出すのはいいけれど、補充出来る手札が1枚。
これが厳しい。
ある程度、手札に1があるなら間違いなく出すけれど、みんな同じ考えなので見切り発車しなくては・・・
やぎ山
各色で存在する山は険しい・・・

場に並ぶカードから補充するので、目の前で欲しいカードが取られることもしばしば。
そんな中、トド吉が順調に群れを増やし、高い山を狙ってカードを足していく。
同じ色でかぶっても、私が補充する時にはなくなっているので、逆に違う色の群れを増やすことに。
1や2のままで置いても、カードの補充次第では他の人の数字が高くなってから出せばいい。
じりじりと出しては補充を繰り返す。
でもそれはあまり効率が良くなくて、低い山でも率先して取ってしまえばよかったw
1回目の山札枯れが発生し、捨て札をシャッフルするも、みんながまだ群れを持っている状態だと少ない。
そう・・・2回目の山札は最初に比べたら少ないので、あっという間にゲーム終了が近付いてくる。
こうなると、山の取り合いが激しくなってくる。
取ろうと思っていた山が、手番順で消えていて、1つ小さい山になったり。
後半のスピードアップは、かなり焦ってしまう。
やぎ山

それでも何とか群れをつくり、高い山を入手。
ゲーム終了時は、手札が失点でつくりかけの群れはただの捨て札。
誰もが手札を持ちたくない。
でも群れは増やしたい。
大きい数字を出してしまうと、その分手札が増えてしまう。
山札の残り枚数を気にしつつ、失点はおさえる方向で何とか山を取れないか考えているうちにゲーム終了。
勝ったのはトド吉。

カードを昇順に出していくだけではなく、それを群れに見立てて得点カードを取りにいく。
最初は簡単かな?と思ったら、何枚の群れをつくるかが悩ましい。
次に引けるカードにかけたら、出てこなくて群れを手放すことになったり。
カードを1枚以上出さなきゃいけないのが良いね。
これはさっと楽しみつつ、しっかり悩ませてくれる良いゲームでした。