・アンクォール
 Ankh'or(Space Cowboys:2019)


アンクォール

資源を蓄えてタイルを取得して重ね、自分の貿易帝国をつくるボードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

テーブル中央には価格ボード。
6ヶ所のタイル置き場には、それぞれタイル入手に必要なコストが描かれています。
タイルは裏向きでよく混ぜて2つの山にし、6枚引いて価格ボードの横に並べます。
ゲームは誰かが終了条件まで手番を繰り返していきます。
手番では、トークンを選んで3枚取るか、トークンを支払ってタイルを購入するかのどちらかを実行。
トークンは資源5枚、アンク2枚までしか持てません。
購入したタイルは自分の前に並べるけれど、すでに置いたタイルに隣接するように配置します。
アンクトークンを使うことで、追加アクションが実行可能です。
ゲームの終了は、誰かが13枚目のタイルを配置したら、全員が同じ手番数をやって終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

SPONSORED LINK

ゲームにあまり関係ないけれど、金属製コインがスタートプレイヤーマーカーでした。
アンクォール
なんだか豪華。
セットアップが終われば、いざゲーム開始。
手番でやることがトークンを取るか、タイルを購入するかなので簡単。
アンクォール
タイルは同じ色を5枚以上か同じ動物を5枚以上隣接して並べると、即座にボーナス点がもらえる。
2人プレイなら、お互いに別の色を並べていくか、むしろ同じ色を取り合うか。

まずはタイルを購入するためのトークン入手から。

「これとこれ、あとこれ」
「じゃこっちかな」

取っていくトークンで、どこを狙っているのか見える。
だったら私は違う色で行こうと思い、持てるだけトークンを集める。
アンクはそこまでいらないかな?と思ったら、すごく大切なのを知るのはもう少し後の話。

「このタイル取る」

タイルを取ってきても、最初の1枚は置くだけ。
2枚目を取ってきてから、同じ色をどのように展開していくかは頭の中で考えておく。
5枚並んだらボーナス点だし、土台が4枚あれば上に1枚重ねることが出来る。
そう上手くは並ばないのがトークン。
あとは淡々と欲しいトークンを取り、枚数が少ないのを買い占めても?と思ってみるも、あまり効果がない。
そのうちにトド吉がイヌだけを集めていく。
ならば私は色で揃えてみることに。
アンクォール
ここでアンクの大切さを知る。
アンクを使わないと、タイルが補充されない。
ここで、どっちが補充するのかのせめぎ合いになるも、後手番の私は先にタイルを選びたい。
結局、アンクを使わされてしまうことに。
それでも好きなタイルを選べるのだからいいけれど、毎回私が補充することに。
うまくしてやられた気分・・・?

それでもトークンの所持枚数を増やすタイルを取ったりしつつ、ひたすら色で揃えていく。
トークンばかり見ている間に、気付けば並べたタイル枚数がトド吉と差が出てくる。
でもいまさら方針は変えられないわけで。

そして、トド吉が13枚並べて終了フラグ。
私はトークンが1枚足りずに、欲しいタイルを取れずに終了。
アンクォール
トド吉の勝利。
でももっと差が開いているかと思ったけれど、得点差では3点しか変わらなかった。
意外に差がつきにくい・・・?

宝石の煌きライクな感じで、こちらのほうがとてもシンプル。
やることは簡単だし、2人プレイだとトークンもタイルも入手には困らなかったので、かなりあっさりしたプレイ感になりました。
最大4人まで出来るし、もう少し人数が多いほうが楽しいんじゃないかな?

アンクォール 日本語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2019-11-21


ボードゲームアンクォール 日本語版 (Ankh’or)
駿河屋