・カニカニ!
 Crabs!(Moaideas Game Design:2016)


カニカニ!

カニを捕まえて得点を獲得していくカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーに、手札としてカニカードを6枚配ります。
場にはカニカードが表向きに並び、目的カードと装備カードが表向きで4枚ずつ並びます。
手番がきたら、6つのアクションから選んで1つを実行するだけ。
カニカードを手札に加えるカニキャッチ。
場のカードと手札を同じ枚数交換するカニレイズ。
場に置いたカードの合計ポイントと同ポイント分のカードを手札に入れるカニトレード。
横向きに置いてあるカードを縦向きにするカニリラックス。
自分の装備をより強化していく装備アップグレード。
手札からロープとカニを出し、得点を獲得するカニ縛り。
アクション実行後、得点が得られる目的カードを達成することが出来ます。
最後に、手札上限をチェックしたら、次の人の手番に。
これを繰り返し、誰かが手番終了時に25点以上獲得していたら、スタートプレイヤーの右隣りの人まで手番をやってゲーム終了。
もっとも得点の高い人が勝者となります。

SPONSORED LINK

ルールを聞きながら、カニ縛りで大爆笑。
いやわかるけど・・・上海カニなんかは紐で縛ってあるけど、それがアクションの名称というのがw
ところが実際に遊んでみたら、そんな笑える名称はどうでもいいほど、とても硬派なゲームでした。
最初にきちんと頭に入れておかなきゃいけなかったのが、どうやったら得点が得られるのかということ。
ここをいまいち理解していなかったので、完全に出遅れました(言い訳)。

場に広がるカニカードは、きっと海辺。
テーマが「平和な海辺にカニシーズン到来!」だから。
ゲーム開始時は10枚並んでいて、手札と見比べながら何をしようか考える。
手札上限は8枚なので、ちょっとだけ余裕がある。

「カニキャッチする!」

何となく、アクション名を言いたくなるわけでw
チャートとにらめっこしながら、どうしたものかと悩む。
そうこうしてるうちに、トド吉が必殺の「カニ縛り」をしている。
実はカニ縛りがピンときてなくて、ふーん程度に見て手札を揃えることに必死。
手札を揃えただけじゃ得点にならないのに!
気付いてなかったんですよ・・・

装備はちゃんとしていたほうがいいよね、ということで装備強化。
が、実はこれも失敗の原因だったという。
装備はカニを勝利点にする時に加算される数値。
1点でもいいからと思っていたら、装備強化によってオーバーしてしまうという。
最初からちゃんと考えないとダメなやつだ・・・w

そして、いたるさんもカニ縛りをしているのを見て、トド吉はリラックス。
そう・・・リラックスするとカードによっては得点が上がるのです。
でもリラックスさせるためには縛らないとダメ。
気付いた時には、余計な装備強化のおかげで四苦八苦。

あぁ・・・放流したい・・・

一連の流れを一通りやったところで、ようやくこのゲームがわかる。
時すでに遅し。
強化した装備を削れるわけもなく、ひたすら場のカードと交換。
得点の高そうなカニばかり狙っている場合じゃなかった!
せめて少しでも得点にしようとするけれど、その隣りでトド吉がリラックスの連続。
わかってしまうと悔しい。
むしろやり直したい。

後悔しても仕方なく、トド吉が25点を獲得してカニマスターに。
いやー悔しい。
悔しすぎる。

箱絵のキャッチーさとアクションの名前で、カニ捕まえる楽しいゲームかと思ったら、そんなことなかった。
というか、見た目に騙された。
しっかりしたゲーム(?)で、終わった後、3人でちょっと感心してたw
もう少しわかりやすい説明書だったら、もっと簡単に理解出来そう(言い訳)