・キングスキルト
 King's Kilt(Eagle-Gryphon Games:2015)


キングスキルト

陰謀と裏切りを駆使して、自分の一族をスコットランド王にするのを目指すカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

カードには各氏族の名前と模様が描かれています。
基本的にはカードをピラミッド状に出していき、自分の一族を頂上に向かって移動させていきます。
場には最下段となる6枚のカードを並べたらゲームスタート。
手番がきたら、氏族カードを上昇させるか、影響カードを使って裏切りをかけるかのどちらかを実行するだけ。
王が戴冠したらパスをすることも出来ます。
上昇させるには、並んでいる氏族カードを一段上へ移動させ、一番下段が空いたら山札からカードを引いて並べます。
影響カードを使って裏切るには、持っている影響カードを捨て札にして隣人に裏切りをかけます。
上から3段目までの場合は、裏切る氏族と同じ氏族のカードを使い、それ以外はそのカードでも使えます。
裏切られた氏族はゲームから除去され、空いた場所は通常ルール通りに埋めていきます。
これを繰り返し、全員がパスをしたらゲーム終了。
自分が担当する一族の場所によって得点を獲得し、合計した得点の最も高い人が勝者となります。

SPONSORED LINK

こういうゲームは、最初どうしたらいいか悩む。
自分が得点を得られる氏族は3つ。
その中にワレスの名前があって、ちょっとうれしい。
が、他の人にどこを担当しているのかばれたくない。
とりあえず・・・ワレスワレス言いながら、どうでもいい氏族を踏み台にすることに。
あまり上げすぎず、でも自分が担当する氏族を多く並べていく。

ところがゲームが進んでいくと、いたるさんとトド吉が同じ氏族を持っているな?と思わせることが。
むむ・・・もしやワレスは孤立無援か?

いかに上段へ持っていくかばかり考えていて、とにかく誰かが担当してそうなのは率先して踏み台に。
でもそれはみんな同じ。
そして、中盤過ぎると暗殺合戦に。

「ここ邪魔なのでさようならー」

まぁ、上にあげすぎると逆に除去されちゃうわけでw
せっかく持っているのだから、残さず使いたい影響力。
最後は泥沼の様相だったけれど、数は決まっているのであっさり終了。
そして得点計算。
自分が担当していた氏族を公開し、得点を計算していく。
その結果、勝ったのは私。

氏族や一族と難しい言葉で言うとわかりにくいけれど、要は担当している3つのカードをピラミッドのより上位に持っていけばいいだけ。
さらに暗殺チャンスが5回ある。
難点は、カード柄の見分けが難しいこと。
色が違うのはわかりやすいけれど、その中でも微妙に柄が違ってたりすると間違えやすい。
カードには名前が文字で書かれているので、それだけが頼りでした。
スコットランドの雰囲気を出そうとして、こういう柄になったんだろうけど。
何せスタートプレイヤーの決め方も「スコットランド王の血筋に一番近い人」ですからw