・城塞:ヘクセモニア
 Hexemonia(Pendragon Game Studio:2014)


城塞:ヘクセモニア

タイルを並べて自分の都市国家をつくり、近隣の土地を征服したり、財産を蓄えて繁栄させ、勝利点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

プレイヤーたちは、自分の城砦1枚からスタートします。
手番がきたら、タイルを2枚入手するか、1枚入手して資源を1つ入手するか選んで実行。
次にタイルを任意の枚数プレイします。
必要な資源を支払い、自分の都市国家を広げます。
タイルには、要塞・伝説・都市・街があり、伝説以外のタイルは活動中にすることで生産が出来ます。
ゲームで使う資源は、市民・金・重装歩兵の3色キューブ。
そして生産・計画・特別・戦争の中から1つ選ぶ特別アクションを実行し、最後に政治状況をチェックする必要があるならチェックします。
手番終了時、4枚をこえるタイルを持っていた場合、破棄して4枚にします。
これを繰り返し、誰かがタイルの山札の最後の1枚をオープンにしたら、そのラウンドを最後までやり終了。
得点計算をし、最も勝利点の高い人が勝者となります。

SPONSORED LINK

最初に選んだ城砦は、私はスパルタでトド吉がアテネ。
ゲーム終了時に得点となる条件が書かれています。
私のスパルタは赤い防御タイルが1枚3点になるらしく、これは軍事国家か?という感じでスタート。

タイルは表向きで場に4枚並んでいて、そこから選ぶ形。
赤というなら赤を・・・と思ったけれど、配置する時の資源をよくみないと、手札になって終わってしまう。
配置しただけでは得点にもならないし、生産も出来ないわけで。
とりあえず1枚引き、すぐに補充されたタイルが欲しいものではなかったので、資源を1つ入手。
資源を産み出さない都市国家のうちは、この資源がなくては都市が広がらないわけで。

都市国家を広げるといっても、おそらくこのゲームのメインは戦争。
重装歩兵で戦争をしかけて勝ち、襲撃したタイルを自分のものにするというもの。
そのための地盤つくりといっても過言ではない。
重装歩兵なら私が目指す赤いタイルとも合致する。

と思ったけれど、現実は想像以上に面倒くさい。
活動中にしなければ資源を産み出さないタイルに、追いつかない資源。
タイルには資源を産み出すものだけでなく、特殊な効果を使えるものもあり、序盤はそれで資源を集める。
集めた資源を次の手番で使ってタイル配置。
そしてさらに自分の国家を広げて・・・の繰り返し。
考えれば、資源に余裕がないわけで。

でもそれは序盤だけ。
活動中にしてしまえば、特別アクションで資源は豊富。
どんどん外側に向かって大きくなってきた頃、それは起こるのです。

タイルには目が描かれているものがあり、これが政治状況のチェックで使われるのです。
手番でチェックし、目を一番多く持っている国家は、フィロソフィアポーンを受け取ります。
所有者が動いた時、持った人は影響ないけれど、その他プレイヤーには反乱の危機。
各自、タイル1枚ずつ反乱チェック。
タイルに置かれている余剰資源は捨てることになるのです。
これが地味にきいてくるのが中盤過ぎ。
よりよいタイルを配置するために、資源を多めに持っていることが頻繁にあるので、これで捨てさせてしまうわけです。

そして、資源も豊富で都市国家が大きくなれば、やることは戦争。
攻め込む相手のタイル1枚を指定し、重装歩兵で攻め込みます。
この時、攻め込まれたほうは市民も防御に使うことが出来ます。
最初に仕掛けてきたのはトド吉。
あっさりタイルを取られ、上に載せていた資源も取られ、ちょっとむっとくるw
そういえば、これは戦争ゲームだったと思い出し、防御強化。
ところが、なかなか場に並びません。
持っていたタイルを使って強化しようにも、配置の資源が足りない。
このあたりから、じりじりと引き離されていくわけで。
挽回しようにも、ちょっとだけ資源が足りなくて活動中に出来なかったり。
この都市国家を安定させるのは、ちょっと難しい。

やられてばかりでは仕方ないので、手薄なところを狙って戦争。
取られたタイルとは違ったタイルを奪取。
今度は、私が配置していた灯台がかなり強くて、そちらも奪われる。
取り戻そうと思ったものの、見ればタイル山が尽きる寸前。
諦めて他のタイルを奪取仕返す。
けれど、ゲーム終了までに活動が間に合わなくて、奪ったのに役立たずだったというw

あっという間に山札が尽き、ゲーム終了。
1枚3点は大きいだろうと思ったけれど、僅差で敗北。
これは悔しい3点差。

タイルを並べて都市国家をつくるというテーマは、かなり魅力的です。
見た目もいいしw
でも戦争しないと出し抜けない以上、戦争は必須だし、配置出来たとしても活動を維持させるのが大変。
ちょっと細かいのが煩わしいというか、戦争で負けた穴をふさぐのが大変というか。
想像していたより、得られる得点も低く、派手な展開にはなりませんでした。
同じタイルは2枚置けないというより、置く余裕がないほど、中盤からゲーム終了まではあっという間でした。

・ゲームストアバネスト 城塞:ヘクセモニア