・ビースティーバー2
 Beasty Bar: New Beasts in Town(Zoch:2015)


ビースティーバー2

自分の動物を出来るだけバーへ送り込むゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

以前遊んだビースティーバーの続編というか動物違いバージョン。
違いは動物のみで、ルールに違いはありません。

各自持っている1から12のカードを使い、バーへ自分の動物を送り込みます。
場に5枚カードが並んだら、自動的に先頭2枚がバーへ。
最後尾に並んでいたカードは路地裏へ追い出されます。
カードには動物が描かれていて、それぞれ能力が違います。
手番がきたら、カードを1枚出すだけ。
全員の手札がなくなるまで続けてゲーム終了。
最も多く、自分の動物をバーへ送り込んだ人が勝者となります。

SPONSORED LINK

まずは和訳とにらめっこ。
動物の能力をある程度覚えておきます。

手番がきたらカードを1枚出すだけなので、とても簡単なはずなのに・・・実は難しく感じてしまう。
というのも、動物の能力を上手に使っていかないと、自分で自分の動物を路地裏へ追い出す結果になることも。
使った自分の山札から1枚補充。
どの動物を使って、いかに先頭2枚になるか考える。
とはいえ、時には手札すべてが使いたくない能力のこともあるわけで。

「この効果で先頭へいきまーす」

「同じくこれ使う」

「自分より大きい動物の影響なし」

「じゃこっちも」

同じカード内容なので、ちゃんと把握しておけばいいのに、まったく覚えようとしない2人なわけで。
それでも場に5枚並んで、早速先頭2枚がご入場。
自分の動物が1枚はいっていったので、ちょっと安心。
ところが、この安心は本当に一瞬。
先頭2枚がバーへはいったおかげで、場に動きがあるのを見て、常に前の方にいないとダメだと思ったり。
でも後から並んだ動物に能力を使われ、路地裏へ追いやられることも。
まぁ、バーへの入場もそう上手くはいかないのです。

お互いの手札もなくなりゲーム終了。
勝ったのは、バーへ自分の動物たちを送り込んだトド吉。
惜しかったなぁ・・・
最後にお互い同じ内容のカードが2枚残ってたのには、笑いました。
2人だとこういうこともあるよねーで、ゲーム終了としました。

「このゲーム、やっぱりむずかしいよね」が、ゲーム終了後の一言目w

バーへ入ったカード枚数より、路地裏へ逃げこんだ動物のほうが多いという。
あと動物の能力が把握出来ないと、面白さ半減。
カードに描かれているイラストで、ある程度はわかります。
でもルールブックのカード一覧を見ないと、判断に困る場合は悩みます。