・スカイライナー
 Skyliners(Hans im Gluck:2015)


スカイライナー

ビルを建てて、最終的に自分からはどう見えるのか当てて得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

このゲームはボードを箱にはめ込む形で使います。
内箱がそのままビルをさせる形になっているので、そこにボードをかぶせるだけ。
ゲームの目的は、各自持っている計画カード通りのビル並びにすること。
手番では2つのアクションを実行していきます。
1つ目は強制建設ですが、2つ目は建設か計画のどちらかが選べます。
建設は自分が持っているビル1個をボード上のマスに置きます。
ただし一度の手番で同じビルを2回建設することは出来ません。
計画は、自分が持っている計画カードのうち1枚を、方向を決めて建設コンテナに置くことです。
これを繰り返し、誰かのビルコマがなくなったら、そのラウンドでゲーム終了です。
終了後、コンテナに置いた計画カードのうち、ゲーム終了時に成功したものが得点として入ってきます。
コンテナに置いた順に得点を計算していきますが、成功していればビルにアンテナを立てていきます。
このアンテナも得点として加算されます。
さらに、自分が持っている高層ビルカード通り高層ビルがあれば加点。
すべての得点を合計し、最も得点の高い人が勝者となります。

SPONSORED LINK

ビルを建てるゲームは割とあるけれど、得点は計画カード次第という。
しかもカードを差し込んだ順でアンテナ立てていく。
ということは、遅れを取るとアンテナをさせない!

という前提をお互いよく確認して、いざ仁義なきビル競争開始。
とはいえ、2人なので割と独立独歩状態。
むしろ、これだと高層ビルに届かない。
仕方なく、トド吉が建てたビルに上乗せ。
さらに、計画カードを見つめながら自分のビルをさらに高くしていたら、トド吉が上乗せ。
これはもしや・・・トド吉高層ビルはここの区画!?
しかも見れば、私が利用出来ない感じでビルを広げている。

そうこうしてるうちに、ある程度確定してきて、トド吉計画カード投入。
慌てて私も投入。
アンテナを考えると、遅れをとってはダメ。
アンテナ1本1点だけれど、そもそも得点が低いので、1点も無駄には出来ない。
4人だったらもっと取り合いになるのかも知れないけれど、2人なのでどのビルも無駄に出来ない。

自分の残りビルを見て、どんどん計画カード投入。
ちょっと安定してる方向を選んでしまったけれど、遅れをとるわけには(ry
トド吉の得点を邪魔したいけれど、邪魔をすれば自分も損をする。
うーん、どうしたものか。
こうなったら・・・自分のビルパーツを使い切り、トド吉に計画カードを全部投入させない作戦。
でもまぁ、私が先手番だったので、結局カードを投入されてしまったわけですが。

そして得点計算。
ビルの得点も入ってくるけれど、ほとんど点差が開かない状況。
決め手となったのはアンテナ。
トド吉のカードが先に照合してしまったので、私のビルにもトド吉のアンテナが!
この差が結構大きくて敗北。

ビルの姿を予想しつつ、自分や他のビルを利用してつくりあげる。
でも早く計画カードを投入しておかないと、アンテナがさせない。
ビルをカチャカチャ重ねていくのは楽しいけれど、得点に結びつけるのが大変というか。
派手さはないけれど、地味に難しいゲームだと思いました。