ドバイで乗り継ぐ私たち。
ところが、意外に時間がないことに気づく。
とりあえず乗り継ぎ・・・表示されてない!
近くにいた係員に聞いたら、そもそも時間が違っていて、出発は聞いていたより1時間遅かった。
とりあえずA10へ急ぎ、そこでネットチェック。
そこまで弱くないのに、一斉に全員が使ってるので弱いw
そして、あっという間に時間がすぎて搭乗へ。
航路

SPONSORED LINK

ゾーン別入場なので、スムーズに機内へ乗り込みます。
パンケーキまたしても隣りには知らない人w
そして機内食はニ択だったらしいが、3種類あると思ってかぶった2人。
パンケーキとワッフルは一体化してました。
これが甘い、でも美味しい。
機内食は総じて美味しいです、カタール航空。
2回目はお菓子かと思ったら、トド吉はミートパイっぽい何か、私はサンドぽい何かが出てきてご機嫌。

パン おやつ
そうこうしてるうちに、スキポール空港到着。
到着
着陸したのは午後で、ここまですごくスムーズだと思ったら、最後の入国審査で大渋滞。
窓口が1つしかない上に、1人1人質問攻めで前へ進まない。
どれくらい遅かったかというと、荷物が先にまわっていたというw
あまりに渋滞していたので、ついに窓口が2つに。
しかし、そこまで緩和されず、いらいらしつつ入国完了。
めっちゃ質問されましたよ・・・
ところが、次のトド吉は「一緒か?」と聞かれたのみだったそう。
おのれ!
とまぁ、鉄道チケットを購入し、ようやくアムステルダム中央駅到着。
ホテルにチェックインして荷物を置いたら、早速散策へ。
時間は限られているのです。

まずはショップ巡り。
来れなかったおのさんが、営業時間まで調べて書き込んだ地図を送ってくれたのです。
ありがたく使いますとも!(写真はクリックで少し大きくなります)
SCHAAK EN GO WINKEL HET1軒目は「SCHAAK EN GO WINKEL HET PAARD」。
こちらの品揃えはかなりのもので、カードゲームからボードゲームまで無造作に並んで・・・一部床置き。
オランダ語版がほとんどでしたが、街コロは良い場所に並んでいました。
時間が無かった(他のショップも軒並み18時閉店)ので、一通り見て、チェスやギャモン、ギャザまで総合的に扱ってるなーというところで退店。
他のショップまで徒歩で目指すのです。
SCHAAK EN GO WINKEL HET SCHAAK EN GO WIKEL HET
SCHAAK EN GO WINKEL HET SCHAAK EN GO WINKEL HET

THE GAMEKEEPER2軒目は「THE GAMEKEEPER」。
中へ入ってすぐ目に入ったのがHABA群。
子供向けおもちゃだけかと思ったら、縦長の店内だったというか。
奥へ入ればおなじみのゲームが並び、そのまた奥にはゲームが並んでいる感じでした。
もっとじっくり見ていたいのに・・・想像以上に奥があったので閉店時間になり、次のショップを目指すのでした。
ちなみに、その場で遊べるゲームもひっそり山積みになっていました。
THE GAMEKEEPER THE GAMEKEEPER
THE GAMEKEEPER THE GAMEKEEPER

ここで18時を過ぎたので、3軒目は20時まで開いている本屋へ。
The American Book Center The American Book Center
ここは名前の通りアメリカ系が少しだけ。
The American Book Centerむしろ気になったのは、同じ並びにある棚。
これ全部日本の漫画でした。
私でも知っているものから、正直まったく知らないものまで、色々と並んでいます。
タイトルも日本語そのまま使ってるのから、訳されてるものまで。
おかげで、私がボードゲーム棚をチェックしている間、トド吉は漫画棚見てました。
横を見たら姿が消えているという感じでw

残り1軒は明日行くことに。
何か食べようかということで、観光がてら街中をぶらぶらするものの、どれもなんかいまいち。
結局、ピザを購入して食べ歩き。チーズうまい。
最近勢力を伸ばしているのか、盛況だったアジアンヌードルのお店でトド吉が「TERIYAKI」。
他にも「YAKIUDON」がありましたよw
広場 TERIYAKI
スーパーで飲み物を買い、ホテルに戻って横になったら時間が過ぎていました。
ということで、明日は残っているショップ散策を兼ねて、ぶらぶらと歩く予定です。
中央駅
眠らない街、アムステルダム。
写真が曲がってるのは、橋の欄干がドーム型だったからw