・日本庭園
 BRAINS: Japanischer Garten(Pegasus Spiele:2015)


日本庭園

タイルを配置して日本庭園を完成させる1人用のゲームです。

使うタイルは7枚。
これにボードが25枚の両面で50種類。
1から昇順で難易度が上がっていく仕組み。
ボードには使うタイル枚数と条件が書かれていて、その条件を達成出来るよう配置するのが目的。
マーク同士をつないだり、橋を通過したり、通過するタイル枚数など。
どうしても完成しない場合、ちょっとしたヒントが書かれているヒント集がついています。
番号と鳥居の色で難易度が違い、5段階に分かれています。
普段、ソロプレイゲームは遊ばないんですが、せっかくなので遊んでみました。

SPONSORED LINK

まずは1番からスタート。
最初の一手だし、これなら簡単!
が、2ですでに悩む。
たった2枚のタイルなのに、考えてる時間は長く感じる。
体感時間ってあてにならないなーと思いながら、できた!

調子にのって3を飛ばして4へいくぞ!と、4のボードを出してはじめるも・・・
なにこれ・・・難しい。
そもそもウボンゴだって、エクストリームになると難しくて悲鳴あげるんだから、パズルは苦手。
関係ないけれど、ボードゲーム棚のすき間を埋めるのは得意(ぉぃ

結局、あーでもこーでもとタイルを並べては入れ替えて、ようやく完成。
自分の中では、20分くらい格闘していた感覚。

む・・・むずかしい。
私があまりに必死でやっているのを見て、向かい側でトド吉が42番を成功させるという・・・悔しいw

考えて入れ替えてやっとのことで完成するので、まだまだ「まずはお試し」から出れそうもありません。
こういうパズルなら、1人で遊んでいても夢中になれていいですね。
大人になると脳トレ必須だけど、これなら楽しく遊べそうです。