・ラトリア
 Latria(DOMINA Games:2014)


ラトリア

4種類のカードを上手く出して宝石を集めていくカードゲームです。
いたるさん・トド吉・侍・私の4人でプレイ。

カードは、太陽・月・北極星・蝕の4種類があります。
それぞれ星と数字、そして宝石が描かれています。
ゲーム開始時、各プレイヤーに10枚ずつカードを配り、残ったカードは山札。
1枚ずつカードを取って左隣りに回していきます。
これを繰り返し、全員が手札を10枚ずつ持ったらゲームスタート。
まずは山札の一番上のカードをオープンで場に出します。
各プレイヤーは手札からカードを1枚選び、全員一斉にオープン。
出されたカードと場札を見て、各種類毎に数字を合計します。
合計が一番大きい種類が「勝利した種類」となり、その中で一番高い数字を出していた人が、自分が出したカードと場札すべてを受け取ります。
勝利した種類で数字が小さかった人は、自分が出したカードを受け取ります。
それ以外のカードは中央にまとめて置きます。
ただし、蝕だけは特殊で、場札、場札と同じ種類のカードを0にしてしまいます。
これを繰り返し、10回終わった時点で、一番宝石を集めたプレイヤーが勝者となります。

SPONSORED LINK

まずはドラフトから。
とりあえず欲しいカードを確保。
10枚あるので、4人なら2周ちょいするので、残ってたら次はこれを・・・とか決めておく。
蝕のカードは少ないので、回ってきたら絶対残そうと思うも、どうせなら21がいいわけで。
種類によって数字の幅が違うので、より大きい数字と小さい数字で種類をまんべんなく残して手札つくり完了。

場札と同じ種類を出しておけば、とりあえず自分が出したカードを得点に回せるので、そのあたりで悩む。
きっとみんな同じようなこと考えてくるだろうから、出来るだけ小さい数字で。
小さい数字のほうが、宝石の数が多いのです。
でもまぁ、そんなことはみんな考えるわけでw

そのうち、初めての蝕が侍の手の中から飛び出す。
が、場札と同じ種類を0にしたとしても、他の種類で蝕より大きな数字が出ていればカードは持っていかれてしまうわけで。
使いどころ難しい。
みんながみんな場札と同じ種類を出してると、場札の下にカードがたまらないのでおいしくないし。
とりあえず、持っている21の蝕は大切に保管w
10回しかないので、どこかでカードを取りにいかなきゃ宝石が集まらないわけで。
そのタイミング難しい。
ドラフトの時に見た中で、自分が一番大きい数字であろう種類を出すタイミングを待つ。
そして、ある程度場札がたまったところで、出てきた場札「月」。
これはいくしかない・・・w

私が一番高い数字なのは確定なので、カードをもらってにやにや。
内心「蝕が出てこなくてよかった・・・」と思いながら。

終わりが近づいた時に、ここで蝕を出すか悩む。
でも何となく・・・何となく・・・で、ちょっと悩んでやめる。
と思ったら、オープンにしたカードの中に、いたるさんの手の中から蝕がw
終盤でみんな取りにいってるので、根こそぎカードを奪っていく。
蝕のカードは宝石が多いので、ここで出しておけば私がもらえたのに・・・残念。
とはいえ、私もしっかり出してカードを獲得。
カード枚数より宝石の数なので、自分の蝕を手元に残せたので良し。

あっという間にゲーム終了。
勝ったのはいたるさんか私だと思うけれど、どっちだったか忘れました。
ゲーム中、トド吉が「宝石集まらないよー」と言い続けていたのは覚えていますw

バッティングゲームというだけで、遊びやすいし盛り上がりやすいわけで。
ルールも簡単で、プレイ時間のほとんどはドラフトじゃないの?という感じなので、軽めでちょっと遊ぶという時に重宝しそうです。
ただし、MAXの7人で遊んだら、すごくつまらないという話も聞きましたので、プレイ人数は重要かも。
今回は展開もすごくよく、プレイ人数も4人とちょうど良かったのも相まって、かなり盛り上がりました。
蝕がいいアクセントになっていて、使うタイミングも重要。
上手く使えた時の喜びはかなりのもの。
終盤は全員がカードを狙っているので、じりじりした展開になったりと、すべてがきれいに噛み合った展開でした。