・シムサラホップ
 Simsala Hopp(Kosmos:2013)


シムサラホップ

城の床を棒で叩いて、タイルを裏返すゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

プレイヤーは順番に魔法使いとなり、カエルになった白いウサギと自分色のウサギを探します。
ゲームを始めるときの掛け声は「シムサラホップ!」。
手番は砂時計で制限されていて、砂が落ちきった時の掛け声は「シムサラストップ!」
シムサラって意外と言い難くて、最後は普通に「ストップ!」でした。
スタートと同時に城の床のようなところを下から棒で叩きます。
すると、タイルが宙を舞って、くるりと回って裏側が見えるようになります。
自分色と白いウサギは得点になりますが、今回はヴァリエーションルールを入れたので、ネコを出たままにしておくとマイナス点。
うまく城からネコを追い出せたらプラス点です。
早速ゲームスタート。

SPONSORED LINK

まずは私の先行。

「シムサラホップ!」

同時にトド吉が砂時計を逆さまにしてスタート。
横目でちらちらと砂時計を気にしながら、自分色のウサギを探します。
白いウサギならいいけど、紫のウサギだけは出しちゃいけない。
そしてネコ。
ネコが出てなかなか裏向きに戻ってくれないので、このまま城から追い出そうと思ったら、その反動でタイルが全部カエルに戻ってしまったりw
コツをつかむまでが大変。
でもコツをつかんだと思ったら、タイルが端に寄ってしまって大渋滞とか。
あっという間に時間終了。
そして、砂時計の番をしていたトド吉に得点チャンス。
カエルの面が見えているタイルの中から、自分色のカエルを当てることが出来れば得点に。
そしてトド吉の手番になり、2人とも手番が終わったところで得点比べ。
一番高い得点の人がトロフィーをもらえ、最終的にこれを3つ集めれば勝者なのです。

序盤は私がリード。
トロフィーを2個取ったところで、なぜか上手くいかなくなり、その間にトド吉もトロフィーを獲得。
接戦になるも、最後は私が3個目のトロフィーを獲得して勝者になりました。

最近子供向けのゲームは磁石を使ったものが多かったこともあり、床を棒で叩いてタイルを弾ませるというシンプルさが逆に面白かったです。
しかも意外に力加減が難しいしw