・ペントス
 Pentos(Asyncron Games:2013)


ペントス

同じ色か同じ数字でカードを集めることで呪文を唱え、失点にならないようにするカードゲームです。
おのさん・トド吉・私の3人でプレイ。

最初は何をしたらいいのか、面白いのかよくわからないという感じ。
けれど、3ラウンド終わる頃には面白さがわかってきて、さらに他の人の状況を見ながら終わりにするタイミングを狙っていくという。
自分の手番がきたら、やれることは3つの中から1つ。
山札からカードを1枚ずつ場に加えるか・場に並んでるカードの中から条件に合うものを取るか・手札で呪文を唱えるか。
呪文を唱えることで、スペシャルカードが使えます。
このスペシャルカードの効果が本当に助かるというか、取り合いというかw
シンプルなのにルールミスをやらかし、3回目でちゃんとプレイできたのは内緒。

SPONSORED LINK

ここまですでに6ラウンド(つまり2ゲーム)やっていたので、準備運動はOK。
最初は取れるものもないので、山札から1枚ずつ引いてはAにBにCにと3枚追加。
カードを取ったりする列は3列あり、その中でも条件を達成している列からしか、カードを取ることが出来ません。
ちょうど色が揃っていたので、そっと1を取る。
というのも、トド吉とおのさんが6や8をごっそり集めていたので、1を集めて呪文を唱えてやろうと思っていたのです。
2人はツボに入ったらしく、あれやこれやとやり合いながらカードを集めている中、こっそりカードを追加しては1を1枚引き取るを繰り返す私。
そして山札が尽きるのをじっと待つ。
山札が尽きた瞬間、持っていた1を使って呪文を唱える。

めんとす!?
「いやいや。ペントス!

どうもこう・・・間違えてしまう(たぶん私だけw)。
なぜか覚えられない「ペントス」。
めんどくさいからメントスでいいやってことにw

「うん。そのペントス!」
「うあー・・・・・」

この呪文でおのさんまさかの失点54点www
そりゃそうだよね。必死に集めていたもんね。
失点は通常カードに書かれている数字だけれど、同じ色で数字が並んでいればそれは1枚1点ですみます。
でもペントスは同じ数字5枚の呪文なので、当然色もばらばら。
唱えることが出来ればいいけれど、失敗すると散々な失点にw

次のラウンドでは、さすがに警戒されすぎていたので、適当に色を合わせながらカードを取っていく。
小さくメガロスを唱えてスペシャルカードで手札を捨てたりして失点対策w
そんな中、おのさんがペントスを唱えて、スペシャルカードで手札をきれいに捨てて終了。
失点8点でセーフww
そして最終ラウンドは、トド吉が呪文を唱えるも、私は手に持っていたのが1枚でセーフ。
おのさん再び15点の失点で悲鳴www
結局私の失点が一番少なく、私の勝利で終了。

最強の呪文、即勝てる「メガロス」があるんですが、どう考えても無理w
どのカードを取るか、誰がどれを集めていそうかチェックしつつ集めて、呪文を唱えるタイミングも大切。
テーマが魔法使いのお祭りだったので、正直どうかな?と思っていたけれど、さくさく遊べて面白い。
とにかくトド吉とおのさんは大絶賛してました。
よほどツボに入ったんだなぁと・・・w

・ゲームストアバネスト:ペントス