・サーカス・グランディオーゾ
 Circus Grandioso(Racky Spiele:2012)


サーカス・グランディオーゾ

動物たちをピラミッド型に並べて、ショーマスターになるか最上段のアザラシを出すことを目指すゲームです。
トド吉・COQさん・侍・私の4人でプレイ。

ピラミッド型に並べていくので、常にピラミッド型を保ちながら並べていきます。
手番がきたらカードを1枚出すか、手札を交換するかのどちらか。
これを繰り返していって、ピラミッドの最上位のカードを置けばショーマスタートークンを獲得します。
持ったまま手札を全部無くせば勝者になれるし、他の人が手札を空にしても自分がトークンを持っていれば自分が勝利します。
ただ手札を無くせばいいというわけではないという。

SPONSORED LINK

最下層はゾウ。
ゾウを持っていれば出せるし、誰かがゾウを出してくれて自分の手番までに2枚並んでいればその上のサイ(?)が出せる。
どちらもダメならカード交換しかないわけで。
カード交換は、手札から1枚を伏せてテーブルの上に置き、山札から1枚引くだけ。
伏せたカードはカードを出す時に使えるので、出来れば中身を覚えておきたいところ。
ピエロはオールマイティだけど、1列に1枚しか出せないし、そもそもアザラシのかわりには使えない。
ただカードを並べていくだけかと思ったら、常にピラミッド型を意識しなきゃいけないので意外にカードを出せない。
まだ必要のないワニやライオンはどうしても交換対象になりやすいし、きれいなピラミッド型になってしまうと最下段のゾウからまた積み上げなきゃいけないわけで、制約が厳しい。

出せるカード・出したくないカードばかりになると、ひたすらカード交換。
タイミングを狙って最上位を出してトークンを取りたい。
でもそう上手くはいかない。

そして何度かめのトークン取り合いでトド吉がトークンを抱えると、手札を無くせるCOQさんが躊躇。
そりゃそうだ。
手札無くしても自分が勝者になるわけじゃないからねぇ。
そんな中、トド吉がトークンを抱えながら手札を無くして終了。
トド吉の勝利。

序盤はとりあえずゾウ。
ゲーム開始時に1枚出てるので、誰かが1枚ゾウを出せば次はサイ。
自分のところに回ってきた頃にはきれいなピラミッド型になってれば、再びゾウ。
1列を好き勝手に横へは並べられないのが意外につらい。
手札を無くすタイミングも重要。
最上段のアザラシまでは到達しないので、トークンを取ってないと手札を無くしても勝てないわけで。
シンプルなルール、やることニ択、動物のイラストがいまいち可愛くないw
ゲームも可愛らしさがないというか、厳しいゲームでした。
どうやったら勝てるんだろう?