・ドゥーム博士のイカレたクリーチャーども
 Crazy Creatures of Dr. Doom(White Goblin Games:2012)


ドゥーム博士のイカレたクリーチャーども
手札のカードを出来るだけ早くなくすゲームです。
トド吉・COQさん・侍・私の4人でプレイ。

ドゥーム博士の屋敷の煙突から怪しい煙が出ていたり、周辺の森で謎の生物を見かけたので、実験を止めさせようというテーマがあるらしい。
場には4色の装置カード。ここに手札を出していきます。
装置は表裏でプラスとマイナスになっています。
わかりやすいのが、プラスなら昇順マイナスなら降順でカードを出していきます。
すでに出されているカードと同数字はOK。
同じカードを出した場合は、場の装置を裏返す(プラスからマイナスとか)か、誰か1人を指名して山札からカードを1枚引かせるか選んで実行。
山札がなかったら、自動的に装置の裏返しのみですが。

カードには数字以外にシンボルが描かれていて、誰かの手札がなくなって終了フラグが立ち、その後1回ずつカードを出して終わった時、マイナス点になるのがシンボルの数。
数字は一切関係なしです。
ルールがシンプルなので、早速手札を配ってゲームスタート。

SPONSORED LINK

最初はどこにもカードが置かれてないので、好きなカードを手札から。
そこからが問題で、どこの色を先に出しておくべきか、どれを後まで残すか考えながらカードを出す。
素直に昇順なうちはまだ良くて、最大数の6へいってしまうと場が一瞬止まる。
というのも、6の上に出せるのは1だけ。
数字はつながってないので出せるのはシンボル繋がりだけ。
6と1は突然変異のシンボルになっていて、突然変異だけは数字関係なくシンボルでカードが出せるのです。
でもまぁ、色は守らなきゃいけないですがw

でも、ここで1を出したら昇順で出せずにパスしてる人が喜ぶだけ。
しかも次に自分の番が来る頃には4とかまで進んでいたら、この3は死ぬんだよなぁ・・・

そんな心の葛藤をしながら、様子を見ながらカードを出す。
最初は慣れるまで素直に動いてたりするんですが、これを繰り返し遊んでると慣れてきて、場が進まなくなる。
そりゃ、他に出せるカードがあればすぐに出さなくてもね?w
そんな状況を一転させてくれるのが同じカード出し。
さっきまで昇順だったのに、突然降順。降順だと思っていたら、いつの間にか昇順。
そのたび

「なにしてくれるんだー」
「ちょっ!それ余計だから」

自分が出せる状況は作らなきゃいけないし、それぞれの思惑が出てて面白い。
そして、装置を裏返さない場合は誰かを指名。

「残り手札が少ない・・・karokuさん、1枚引いてください」
「なにー!」

あっという間に1回目終了。
誰かの手札が0になってから1手番あるのがありがたくて、そこで自分も失点なしに出来たりします。
マイナスになるのはシンボルなので、6と1は残しておいても失点にならないから。
ただし、手札を0にすることが出来ると、それまでに獲得したマイナス点を3点消せるのです。
3回目までに取った失点を0で消したりしつつ拮抗。
ただし私の失点が4ポイントあったので1点残る。
最後の4回目。
侍だけが2失点。私は手札0で上がりきったので失点0になり、侍だけがマイナスポイントで敗北。

「誰かを指名してカードを引かせるところがシャハトっぽくない」という意見に、「きっと白ゴブ補正が入ったんだよ」と。
手軽に遊べるし、正直テーマはほとんど関係ない気がしましたw