・螢乾屮螢鵐
 Goblins, Inc.(Czech Games Edition:2012)


螢乾屮螢鵐
ロボット工場の社長になるため、ロボット競技会で優勝を目指すゲームです。
moonさん・トド吉・侍・私の4人でプレイ。

このゲームは2対2で競うチーム戦。
moonさんと侍vsトド吉と私に分かれて、ロボットをつくり、出来上がったロボットで戦います。

まずはチーム編成。
チームカードを表向きにしたら、設計図通りに自分たちのコマを配置。
そして秘密の目的を決めます。
この目的が達成されれば、ゲーム終了時に自分だけ得点を獲得できるのです。

そしてロボットの建造。
まずはスタートプレイヤーとその対面に座ってる人がタイル選び。
5枚引いて2枚を対面の敵にわたし、自分も敵から2枚受け取ります。
その間、パートナーは5枚のタイルをせっせとボードに配置しているわけです。
そして、タイル配置とタイル選びの間、話をしちゃいけないというw
タイルはパーツになっていて、攻撃する武器はもちろん、エンジンや装甲など様々。
これを相談なしに配置するというんだから、なかなか上手くいかない。
スペースアラートをちょっとだけ思い出すw
もちろん、つながるように配置しなきゃいけないわけで・・・こういうの苦手なのよね。
「つなげるってこんな感じ?」
「あ、違う。ここがつながるように」
なんてついつい会話をしてしまい、moonさんに指摘されたりw
だってよくわからんのだもの。

そうこうしてるうちに、おれたちの最強のロボットが完成。
早速戦闘!
その前に、まずは繋がっているかロボットチェック。
つながってない部品は脱落で取り除きます。
そのロボットを眺めながら、秘密の目的カードの最終決定。
ここで4枚を選び、3枚は捨て札に。
自分のコマをロボットの操縦席に移動させたら、いざ戦闘!
戦闘はダイス判定なのです。
まずは場に並べられた戦術カードを眺めて、戦術士なら使いたいのをこっそり選ぶ。
操縦士ならロボットのどの面を攻撃するのか、こっそり決める。
そして全員オープン。
操縦士はエンジンと選んだアクションの整合性を確認。
戦術士は選んだカードの取り合いに。
そして、ようやくダイス判定の時。
自分のロボットの前面を向いている武器だけを使い攻撃。
武器の数だけダイスを振れるけれど最大5個。
ダイスを振り、出た目と同じ場所に攻撃が当たったことになるので、攻撃が当たった場所のタイルか装甲タイルを取り除く。
これを4回。
3回目の攻撃で操縦席に攻撃が当たり私のコマが1体脱落したものの、敵のロボットは壊滅寸前。
次の戦闘で沈めてやる!ち意気揚々な私とトド吉。
そして、運命のダイスロール。
まさかの5ゾロ
出たのは何と・・・オール5。

「うわー5だけはだめなのに!」
「まさかの全部はずれ!」
「助かったー」

何ていう見所。こんな見所いらないw
お互いロボットが破壊されなかったけれど、4回戦闘したので終了。
そして同点判定開始。
落としたタイルの数とコマの数で、圧倒的にこちら側が勝っていたので、私とトド吉の勝ち。
その瞬間、負けたはずのmoonさんが

「よし!」

とガッツポーズ。
どうやら、秘密の目的で「自分たちが負ける」を選んでいたらしいw
そして、それぞれ秘密の目的をチェックし、得点を加算していく。
勝ったのはトド吉。

本来は2ラウンドやるんですが、1ラウンドでおなかいっぱいという全員一致の意見で、1ラウンドで終了となりました。
こういうテーマも内容もばかばかしいゲームは楽しくていいねw

SPONSORED LINK