・ジャックと豆の木
 Jack and the Beanstalk(DEINKO:2011)


ジャックと豆の木
ジャックと豆の木をテーマにしたカードゲーム。
豆の木をどんどん延ばして手札を使いきっていくカードゲームです。
トド吉・COQさん・侍・私の4人でプレイ。

まずゲームの作者の名前で盛り上がる。
「ソンミン・ソ」と日本語で書かれていて、下から読んでもそんみんそ。
まるで山○山のような響きに、ゲームと関係ないけどテンションがあがるw

手軽なカードゲームで、手番がきたら手札から1枚プレイして手番の終わりに山札から1枚補充するだけ。
出せるものがない時は、山札から1枚引いて終わる事実上のパス。
手札は最後に失点扱いになるので、出せないと相当苦しい展開に。

カードを出していくのは、場に並んだ3色の豆の木。
色が合うように、そして下から1本でもいいからつながるように置かなければなりません。
カードには豆の木だけじゃなく、特殊効果が発動できるマークが描かれているものも。
2枚出せたり、隣りのプレイヤーからランダムでカードを抜いたり。
次の人の手番を飛ばすスキップもあります。
妖精が一番きつくて、出されたら次の人は2枚プレイして2枚補充。
1枚しかプレイできなくても2枚補充なのです。
2枚を特殊効果があるカードで出したら、どちらかじゃなく2枚分の効果が適用されます。
豆の木が16枚に達成したらゲーム終了。
ちなみに、全員がパスしてもゲームは終わります。

序盤はみんな親切なので、5本描かれているカードを出したり、出来るだけつなげていきます。
ちょっとたつと、右端に1本しかないようなカードがおかれ、泣く泣くパス。
そして中盤あたりで出てきた黄金の雌鳥。
2枚セットになっていて、まず雌鳥が巣にいるカードが出されます。
これを捨てられるのは、飛び立つ雌鳥カードのみ。
斧で切ってしまえばいいだけとは思いますがw
魔法の豆効果でじりじりとカードを減らし、持っているのは黄金の雌鳥が飛び立つカード。
そんな時、隣りのCOQさんの手札から抜いたら黄金の雌鳥。
自分の手札で1セットできてる!ということで、まずは1枚出して黄色の豆の木をストップさせる。
みんなが出せなくて悶絶してるのを見ながら、違う色の豆の木をのばすw
そして、みんなの手札が増えた頃、雌鳥を飛び立たせる。
あとは残しておいた魔法の豆でぴったり2枚消費して、手札が空に。
ここで私が抜け。
残った人たちでゲームは続き、終了条件がくるまで続けます。
もちろん山札がなくなっても続きます。
残る全員がパスをいてゲーム終了。
もちろん手札をきれいになくした私の勝利でした。

軽い感じで遊べるし6人までなので、ちょっとした時間に遊ぶゲームとしていい感じ。
ただ、和訳ルールブックの終了条件で、
「いずれかの豆の木が16枚に達成したら」と書かれているのに、次のところでは「3色の豆の木が16枚に達成したら」と書かれています。
どっちが正しいんでしょうねぇ?

SPONSORED LINK