・ウィンド・ランナー
 Wind Runner(DEINKO:2012)


ウィンド・ランナー
痩せっぽちのための風に押されるレースゲームです。
トド吉・侍・私の3人でプレイ。

全員スタート位置に並んだらゲームスタート。
スタートプレイヤーがダイスを2個振り、風向きと風力が決定します。
それぞれ同じ内容のカードセットを持ち、ここから使うカードを選んで伏せて出します。
一斉にオープン。
順番に効果を適用していくだけの手軽なゲームです。
次の人にスタートプレイヤーを渡して続け、全員手札が残り1枚になったら全回収して続けます。

ダイスが振られ「今回はN方向に2!」という風向きと風力が決定。
これを基本にして、まっすぐ進むか、障害物を置くか、それとも風向きを変えてしまうか。
カードを選んで全員が伏せて出したら「せーの!」でカードオープン。
スタートプレイヤーから順番に処理していきます。
「1歩前進」
「一歩斜めに移動」
「障害物おくー」
カードの処理が終わったら、N方向に2歩全員が移動して終了。
最初は素直に進んでいても、誰かが飛び出した頃妨害合戦になります。
それをうまく避けるカードを出せると楽しいw
自分だけ後ろに障害物がある時に風向きを変えられた時とか、みんなが

「えぇっぇぇ!?」

と悲鳴あげる姿を見るのも楽しみの1つです。
カードが残り1枚になったところで全回収。
ゴールまであと少しなので、慎重にみんなの妨害をかわしていかねば。
そして、残りあと1歩。
といっても、だいたい団子状態なので、油断してると追い抜かれます。
他の人を進めなくして自分だけゴールを踏んだ喜びをかみしめながら、私がゴールして終了。
誰もゴールできないとしても、5ラウンドやればゲームは終わります。

途中停滞するほど強力なカードもないので、ほどほどな感じで遊びました。
そもそも、痩せてるから風に押されてレースするっていうテーマが、何ともばかばかしくて面白いw

SPONSORED LINK