・鏡よ鏡
 Mirror, Mirror(Gryphon Games:2011)


鏡よ鏡
王女にラブレターを届けるため、急使にラブレターをもたせたけれど、恋敵も同じことをしているので、恋敵の急使たちが持っているラブレターを取り上げて、自分のだけを王女に渡そうというゲーム。
トド吉とプレイ。

急使は3種類。
マスター、ナイト、レディで、それぞれ動き方が違います。
そして後ろに持っているラブレターは9通のうち8通がダミーで、残る赤い1通が本物です。
相手も同じ条件なので、3種類の急使を動かし、相手の急使が何色のラブレターを持っているのか当てて取り除いていきます。
相手の急使がいるマスに着地することで取り除くことが出来るんですが、急使を捕まえる時は必ず「○色のラブレターを持っている!」と宣言しなければならないのです。
当たっていれば相手の急使をゲームから取り除けるし、赤いラブレターを持っている急使だったら即勝利なんですが、間違えると自分の急使をゲームから除外することに。
そんな間違いをしないためにも背面についている鏡。
相手の急使を飛び越して、背面の鏡で何色のラブレターを持っているのか覗くことができるのです。
この手のゲームでよくあるのが飛び方。
チェスや将棋を知っている人ならすぐ理解できます。
私はどう動くのかルールを手元に置いて見ながらでしたがw
せっかく鏡があるんだし確認しないと!ということで、ジャンプ。
トド吉の急使が持っているラブレターを確認。
にやにやしていたら、横からトド吉のキングが飛んできて、私の急使はゲームから除外。
そう・・・自分が確認できているということは、相手もこっちのラブレターが見えてしまっているのです。
諸刃の剣だwww
密集しているとこにジャンプしていくのは危険すぎる!ということで、ぼちぼちとばらしていく。
が、トド吉の離れた急使にキングが張り付いているので、どうしても手薄。
しかも、そこには私の本物のラブレターを持った急使が。
見られちゃ困る!ということで、必死に防衛線をはってトド吉の急使を取り除いていくも、ついに赤いラブレターだとばれていまう。
とにかく逃がすしかないので考えるも、どうにもならないことに気付き(あちらがレディだったから)、意気消沈。
私の本物のラブレターは姫に届きませんでしたw

さくさく遊べて面白いです。
でも鏡の使い方が諸刃の剣というところが何とも・・・w
離れた場所で対峙してれば使えるんですが、もっと対峙させる急使の種類を選らばなければダメでした。
プレイ時間も短いので「もう1回!」と言えるゲームです。

SPONSORED LINK