・ケルトダイス
 Keltis: Das Wurfelspiel (Kosmos:2012)


ケルトダイス
ケルトがダイスゲームになりました。
おのさん・トド吉・私の3人でプレイ。

小さなボードは直進あるのみ。
ケルトでおなじみのクローバーマスや願いの石もあり、もう1手番出来るコボルトマスがあります。
手番がきたらダイスを振り、出た目で進める列を決めてコマを動かすだけ。
もちろん最初のマスはマイナス点になっていて、ある程度進めないとプラスにはなりません。
出た目の数だけコマを進めることが出来るんですが、願いの石は願いの石の目が2個以上出ていれば1枚もらえます。
ダイスの振りなおしは1回だけ。
3人プレイだったので、7個のコマがゴール(6,7,8のマス)に入ったらゲーム終了。
見た目も雰囲気もそのまんまケルトです。

全員ケルトを知っているので、確認のようなルール説明を手短にしてゲームスタート。
さすがダイス。言うことをききませんw
願いの石は取らないとマイナス点になるけれど、それにこだわっているとコマを出すことが出来ず。
コマは4個なので、5列のうち4列しか得点のチャンスがないけれど、4個目のコマを出すことも悩むようなスピーディーさ。
どんどん進んでいくトド吉。それを追いかけるおのさんと私。
終わってみると僅差でトド吉の勝利。

プレイ時間が短かったし面白かったので、早速裏面でもう1勝負。
今度はマスに×が描かれている場所があり、特に黄色は最初にダイス目が3個出ないとスタートさせることができません。
この×が厄介。
スムーズにいっても途中で絶対止まってしまいます。
それを越えようとして振りなおしをしても、ダイス目はばらばらだったりして、どれも上手く進めなくなってしまいます。
でも、そのせいかダイスを振る手に熱がこもります。
さっきまでと気合が違うというかw
おのさんとトド吉がものすごい戦いをしている横で、完全にダイスの女神に見放されてしまった私。
終わってみると、私だけ1桁というすごい得点を記録した中、おのさんが1点差で勝利。

今年はダイスゲームになるゲームが多くて、正直どうかな?と思っていたけれど、これはケルトの雰囲気そのままな感じがします。
どうしてもダイスゲームになって、言葉は悪いけど劣化してしまうゲームが多いので。
そんな中でもこれはかなり面白かったし、ケルトシリーズの中では一番好きかも(ロストシティは2人用なので別枠)。

SPONSORED LINK