・神秘の塔
 The Tower of Mystery(Ovation Productions:2009)


神秘の塔
神秘の塔の中を移動して、動楼のトークンを集めていくゲームです。
トド吉・COQさん・侍・私の4人でプレイ。

まず箱が大きい。無駄に横長。というのも、大きなボードが2つ折り。
これをもう1つ折れば半分の大きさだったのに・・・と思うと、日本の家庭事情に優しくないゲームですw
ボードはスタートとゴールになる庭園から、塔の内部に入れるようになっていて、塔の各階層は円状になっています。
ここをぐるぐると移動して、4ヶ所にある動楼のトークンを集めて、再び庭園に戻ってくることを目指します。
基本はダイスを2個振って出た目に従って移動します。
数字の目ならその数移動できるし、色のついた目でも同色だったら今いる階層のその色のマスへ移動。
2個とも違う色の目だった場合は、移動は出来ないけれど、今いるマスの効果を使うことが出来ます。
このマスの効果はアイコンで表示されていて、ちょっと遊べば覚える感じでわかりやすい。
そのほかに、スタート時、ミステリーカードを持っているんですが、この効果が面白くて、単純にお金をもらえるものから、他の人を邪魔したりといいアクセントになっています。
塔の階層とは別に、動楼のマスに入ったら、動楼トークンを手に入れます。
ただし、もらえるのは1枚だけ。なので、ちゃんと人数分あります。
そして、動楼カードを引いて、即実行です。
入った動楼マスから出なければ、振ったダイスの目と今いる動楼マスの色が合えば、ミステリーカードをもらえます。
これを繰り返していって、条件をクリアしていればゴールとなる庭園へ向けて出発なんですが、
その際、まず動楼のマスにいること、そしてミステリーカードで「TOWER」の文字が出来上がってること、この条件が揃えば「帰還宣言」をして庭園に向かいます。
他のプレイヤーはもちろんそれを阻止するために必死になるというw
今回ももちろんそういう展開になったわけで。

スタート時は仲良く庭園に並んでたはずなのに、あっという間にトド吉が違う階層へ移動。
そのうちCOQさんも移動していき、いつまでたっても次の階層に行けない私と侍w
そのうち侍に追い越される。
悔しいので、場所を入れ替えてもらうw
そして、今度は違う場所に飛ばされる。
もうこの繰り返し。
しかも、以外にTOWERが揃わない。
使っては引き、を繰り返しつつ、「こうなったらお金で動楼トークン買ってやる」と思い始めて貯金。
ここで勘違いしてたのが、最上階の動楼トークンはお金で買えないということ。
結局、最上階目指して移動することに。
みんなが動楼トークンを4個集める頃、私はまだ2つw
そんな中、COQさんがついに「帰還宣言」をする。
とりあえず邪魔をするw
でも自分が逆転するには、移動をしていかなきゃいけないので、本当にとりあえずな感じで。
そんな中、トド吉と侍が同じ階層でお互いに嫌がらせをしてるw
COQさんを何とか止めておいて、自分がゴールしてやろうというのが見え隠れ。
庭園を前にしたCOQさんが、2つ上の階層へ飛ばされたりしたものの、再び庭園まで戻ってきてゴール。

ゲーム開始時は、何となくもやっとしてて、単調で結構時間かかるんじゃ?という不安があったものの、
実際プレイしているとそんなことはなく、最後の攻防戦はかなり熱くなりました。


・ゲームストアバネスト:神秘の塔

SPONSORED LINK