・祈り、働け
 Ora et Labora(Lookout Games:2011)


祈り、働け
修道院の周りに建物をつくり、得点を獲得するゲームです。
おのさん・トド吉・私の3人でプレイ。

それぞれプレイヤーボードを持ちます。
最初からプリントされている建物を使って資源を獲得していき、空き地に建物を増やしていきます。
出てくる資源はプレイヤー全員が共有するルーレットっぽい場。
誰かが取れば生産数が0になり、逆に誰も取らないとどんどん増えていきます。
最初の建築に最低限必要な資源は、ボードにプリントされている建物で取得可能なので、どこで資源をもらいにいくか、どの建物を先に建てるかの読み合いが発生します。
持っている3つのコマ牧師たちで、大きいのが分院長、小さいのが修道士。
建物置くことで効力を発揮させるんですが、3つともすべて置ききらないと手元には戻ってきません。
建物には置ける場所が指定されているので、それに伴ってボードも拡張していきますが、もちろんお金がかかります。
先に拡張すれば安いけれど、後になれば値上がりしていきます。
カードイラストはアグリコラ風。すごいのはカードが小さいので、アグリコラほど場所を取りませんw
カードもほぼアイコン化されていて、建物の名前や物によってテキストが少し書かれている程度です。
取得する際に必要な資源と最終的に獲得できる得点、プレイ中に得られる効果などが描かれていますが、テキストが少ない分、かなり見やすかったです。
建物には左右上下に効果を与えるカードもあり、隣りに何を配置するかで得点がかわります。
もちろん、同じように影響を与えるカードを隣り同士に配置したほうが効果は絶大です。
そのあたりの配置の仕方はパズルっぽいかも。隣り同士で相乗効果を上手に狙います。

建物は一度に出てくるのではなく、ルーレットっぽいのが指定の場所へ来ると出てきます。
今回は3人プレイだったので、AからDまで。
でもまぁ、こういうゲームだとどれも良さそうに見えて、足りない資源で悩むんですが、まさにその通りでした。

序盤で羊が余っていたので、羊を手に入れ、さらに羊を持っているだけでお金にかえられる魅惑の建物で成金に。
でもお金だけでは手に入れられるカードに限りがあります。
出来るだけ他の人が狙ってないような資源を一度に大量取得して、建てられそうで良さそうな建物を建てる。
この繰り返しで食料には困らなくなりました(笑
建物はどんどんレベルの高い建物にしていかないと、必要とする資材も高価なものになっていきます。
建物カードで聖遺物にかえられて、さらにそれをセットで持っていると高得点にかえられる建物があり、おのさんがそれを取得して一気に30点を獲得するという。
しかもおのさんは、他の人のコマがのっている建物を使える建物を建てていたので、おのさんの欲しそうな資源を出す建物を簡単には使えず。
もっとも、それに気付いたのは石切場をつくった後でしたw
ちらっとトド吉のボードを見たら、どんどん拡張して、さらに石を手に入れてたので高得点の建物を建築。
だいぶ差がついてしまったかな?と思うも、海辺を拡張してつくれそうで得点の高い建物を配置。
そして、増え続ける羊。
そこで精肉所を手に入れ、羊を肉にすることで食料を確保。
あとは燃料。
初期配置と拡張したボードには、最初から泥と森林があるので、それを伐採したりすれば燃料となる木が出てきたりするんですが、ゲームが進めば足りるはずもなく。
燃料の確保がかなり大変な景色ができあがってしまいました。
Dになるころには、獲得できる得点も桁違いになっていて、何かを建てないと!と思いながら、必死に資源集め。
しかも、みんな狙っている建物が同じようなので、誰がどこで資源を取りにいって配置するかの勝負。
城壁を建てて悪あがきをするものの、聖遺物セットにはかなうはずもなくw
こういうコンボ系のゲームは、上手な人はほんと上手なんですよね。
私はいつも途中で息切れしてしまいます。

終了後、ボード上に配置されている建物の得点を計算していき、勝ったのはおのさん。
私はビリかと思ったら、2点差でトド吉に勝って2位。
矢印を上手につなげて配置したのが功を奏したみたいでした。
しかも、途中かなりの点差が開いていると思っていたけれど、終わってみると差が少なめ。
これはちょっと驚きました。
実質プレイ時間は2時間ちょっとくらいかな?プレイ感としては、そんなに重く感じませんでした。
もっとも、どの建物にして資源は何が必要かと常に考えていたからかもw
私はアグリコラよりこっちの方が好きかも。
慣れればもっと時間短縮はできそうだし、2人プレイも試してみたいと思っているので、早めの国内流通に期待したいところです。

SPONSORED LINK