・ドワーフの王様
 The Dwarf King(iello/Hobby Japan:2011)


ドワーフの王様
毎ラウンド違った条件に従ってトリックをとっていくカードゲームです。
おのさん・トド吉・私の3人でプレイ。

カードが細長いとか、箱がいい感じの作りになってるとか、ゲームがはじまる前から気になるところは色々。
海外版が輸入されてくるのではなくて、いきなり日本語版だと違ったどきどき感があります。
切り札なし、マストフォローのトリックテイクです。
スタートプレイヤーが出した色と同じ色のカードを出して、その中でも数字の一番大きい人がとっていくという。
ただし、得点になるのは、そのラウンドで指定されたカードのみ。
それ以外はどんなにトリックを取っても0点で、7ゲームプレイします。

前のラウンドでドワーフの5を持っていた人がディーラーとなって、今回入れる特別カードをみんなに説明してからシャッフルして手札を配ります。
特別カードはそのラウンドが終わったら破棄して、次のラウンドではまた違うカードを入れます。
手札は配りきりで、3人だったので10枚。1ラウンド10ゲームって結構長いです。
配られた手札の中にナイト(騎士)の5がある人が、今回の条件を決めます。
条件タイルは2種類書かれていて、どちらか1つを選びます。
手札にゴブリンの5を持っている人がスタートプレイヤーで、以降は普通にトリックテイクをやっていきます。

「ナイトの5もってるひとー」
「はーい」
「じゃ条件きめてー」
「はーい。今回はこっち」
全員で今回の条件を確認しつつ、手札を再確認。
「ゴブリンの5もってるひとー」
「はーい」
「じゃそこからスタートねー」
「はーい。じゃはじめるー」

かなりゆるい感じです。
というより、条件が指定された時点で手札に大きい数字がないがっかり感がw
しかもなんか手札が偏ってる。
たまに均等に3色あるなぁと思えば、小さい数字だらけ。
トリックを取ったらマイナス点という条件の時はいいんですが、それ以外だとそもそもトリックが取れない。
切り札がないので単純に数字順。
そして・・・プレイ時間が長い。
もっと手札が多いゲームはあったと思うんですが、とにかく長く感じる。
うまく逃げられた時とかは(・∀・)ニヤニヤできるんですが、段々と機械的にカードを出してる感が出てきてつらい。
毎ラウンド入れる特殊カードも存在感が薄いというか。
塩入れたけど胡椒が足りなくていまいちな味になっちゃった炒め物?
そんな感じで・・・
5ゲーム終わる頃「あと2回もあるのか」と思い、残念ながら楽しめませんでした。
条件も20個あるうちの7個しか使わないので、単純におもしろそうな条件が出てこなかっただけかな?とも考えたんですが、取ったらマイナスという条件も出てきてたので、結局何か足りない残念な感じという結論。
Geekでは高評価みたいなので、単純に私には合わなかったんだろうなぁ。

SPONSORED LINK