・洛陽の門にて
 At the Gates of Loyang(Hall Games:2009)


洛陽の門にて
ローゼンベルク収穫三部作最後のゲーム。
早々に日本語版が出ていたけれど、ようやくプレイ。
アグリコラやル・アーブルのようなプレイ時間になりそうで避けていたのかも。
例会にて、トド吉・侍・私の3人でプレイ。

ゲームはの流れとしては、畑に種をまいて野菜をお得意様に届けて代金を回収し、ラウンドの最後に勝利点にかえていきます。
野菜は毎ラウンド各畑から1個ずつの収穫。
序盤は同じような野菜になってしまうので、市場を使って野菜を交換したり、畑にまいたりします。
畑は蒔ける種の種類が決まっているので、序盤は高価な野菜の種をまけないのです。
お客さんも通行客とお得意様の2種類いて、カードの枚数で決まりごとがあったりします。
カードは中央の場に出ているカードを取って行くんですが、どれも取りたくない又は他の人が何か出すかもという時には、手札から1枚場に出して終わりにする、事実上の「パス」のような感じに出来ます。
どのタイミングでカードを取りにいくかは重要だったりします。
できる「こと」は少ないのですが、その1つ1つが悩むんです。
カードはどれを自分で取りたいか、畑には何を蒔くのが一番効果的か、お客さんはどれを選ぶか、助手で使えそうなのはどれか。
全員初プレイだったので、新しい助手が場に出るたびに効果を確認しつつのプレイ。
コンボが決まるように使えるカードもあったりするので、自分にとってどれが一番良いかを考えるのも大切だったりしました。

序盤から三者三様の動き方をしていて、トド吉は新しい畑に恵まれてどんどん農園が広がっていくけど、私と侍には畑が特別増えることもなく、その代わりいい顧客を取れたり、種を蒔いたりしていました。
逆にみんなが違う方向を向いていたので、さしてカードの取り合いにならず、平和的に進んでいったような気がします(笑

終盤で一気に所持金を使って勝利点を買い引き離してみると、2人とも必死に追ってくる。
さらに先へいくには野菜売りが大切なので、また黙々と畑に種を蒔いたり。
終わってみれば3人とも同点で所持金の差で判定。トド吉の勝利。
あれだけ違うプレイをしていたのに全員同じって・・・w

終わった後「ものすごく面白い!」とは思わなかったけれど、すぐもう1プレイしたくなってきました。
アグリコラも二度目からが面白くなってきたので、これもそうなのかなぁ。
プレイ時間は若干長めですが、プレイ中は時間を感じさせない内容でした。

早くもamazonでかなり安くなってますけど、そこまで悪いゲームじゃないのになぁと。

SPONSORED LINK