ふうかのボードゲーム日記

3

・アクシオロータ
 Axio Rota(Pegasus Spiele:2019)


アクシオロータ

タイルをディスプレイに配置して黒い円をつくり、カラーシンボルで得点を獲得していくゲームです。
4人でプレイ。

テーブル中央には4枚を正方形に並べたタイル。
各プレイヤーは、自分用の得点ボードと各色のスコアマーカー、裏向きでよく混ぜたタイルを受け取ります。
受け取ったタイルは裏向きのまま山にし、自分の前に置きます。
スタートプレイヤーから順に手番を実行していきます。
手番では、タイルを1枚ディスプレイに配置し、配置したタイルで得点計算、最後に自分のタイル山から1枚引きます。
各色は12点で「アクシオ」宣言をし、続けて手番をもう1回やります。
全員が持っているタイルをすべて使い切ったらゲーム終了。
各プレイヤーの得点がもっとも低い色を比べ、その中でもっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

3

・パニックアイランド
 Panic Island!(Zoch:2017)


パニックアイランド

限られた時間内で、全員で協力し島の住民を助けていくゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

裏向きで並べたカードは、テーブル中央には噴火した火山、周りには島の住民やドードーたち。
決められた時間は2分間で、より多くの島民たちを救出していきます。
スタートプレイヤーから順に手番をおこないます。
手番では、カードを2枚めくります。
住民はドードーを救い、ドードーは卵を救うので、この組み合わせをめくったら、表向きで島の脇に置きます。
ゲーム中、1回だけ全員で守り神を起こすことが出来ます。
障害物をめくったら効果を適用し、もし火山をめくってしまったら、直ちに終了で敗北。
時間切れになったらゲーム終了で、イカダとパドルを獲得していたら全員の勝利です。
救った島民を数えて得点を計算し、自分たちのレベルを確認します。



続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

3

・街のアライグマ
 Tatort Tonne(Amig:2019)


街のアライグマ

他のアライグマに気付かれることなく、ゴミ箱から『ごちそう』を得るカードゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

各プレイヤーは自分の色を選び、アライグマカードを受け取ります。
カードは、ゴミをあさる・他のアライグマがゴミを盗んだと告発する・何もしないの3枚。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドでは3枚のカードから1枚を選んで裏向きで出します。
その後、まずは告発カードをプレイした人だけがカードを公開。
そして合図と共に、誰かを指さすか、誰も指さずに叫びます。
指を指された人はカードを公開し、ゴミをあさっていれば脱落。
何もしないカードだったら、指を指した人が脱落します。
最後に、まだカードを公開していない人がカードの処理をして終了。
脱落していない人たちで次のラウンドをはじめ、最後に残った1人もしくはゴミを3枚集めた人が勝者になります。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

3

・ロボット工場
 Ausser Rand & Band(Zoch:2019)


ロボット工場

ロボットのパーツを手に入れて、ロボットをつくるゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

ベルトコンベアを組み立ててテーブル中央に置き、ランダムで選んだタイルを並べます。
残ったタイルは、よく混ぜて裏向きの山にしておきます。
各プレイヤーは自分の色を選び、ダイスを受け取ります。
ゲームはスタートプレイヤーから順に、手番を繰り返していきます。
手番がきたらまずダイスを2個振り、ベルトコンベアの出目と同じ数字に置きます。
次にもう1個ダイスを取ってベルト横の空いているマスに置き、可能ならアクションを行います。
最後に、ロボットタイル山の一番上をめくり、表向きのままベルトコンベアの後ろから差し込みます。
先頭のタイルが落ちた時、タイルに乗っていたダイスも一緒に落ち、出目を合計して一番大きい人がタイルを獲得。
そして次の人の手番へ。
これを繰り返し、ロボットタイル山がなくなり、終業タイルの処理が終わればゲーム終了。
得点を計算し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

今日はぶうねん会の日でした。
ぶうねん会とは?
ボードゲームブロガーの忘年会、略して『ぶうねん会』。
遊びたい人は持参したゲームで勝手に遊び、話したい人は勝手に雑談しているという、ゆるーい会です。
今年はなんと総勢33人。
北は北海道、南は沖縄まで、幅広い地域からの参加ですw
どんな感じになるんだろう?とドキドキで当日を迎えました。
ぶうねん会
いつもは貼り紙をしておくのですが、今回は諦めてマスキングテープ。
ちょうどJALのを持っていたので、フロア貸切だし『ぶ』の文字だけでw
設営を終え、みんなが揃うのを待ちます。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

3

・ブムントゥ
 Bumuntu(WizKids:2019)


ブムントゥ

コンゴ文化をモチーフに、動物タイルを集めて得点を獲得するボードゲームです。
マーサー氏・ごうき氏・私の3人でプレイ。

ボードを広げ、1マスに1個ずつランダムで動物タイルを並べます。
各プレイヤーは自分の色を選び、マーカーと族長コマを持ちます。
スタートプレイヤーから順に、族長コマを外周のいずれかのタイル上に置きます。
ゲームは、スタートプレイヤーから順に手番を繰り返していきます。
手番がきたら、任意で食料を支払い移動できます。
次に、2つの方法のいずれかで自分の族長コマを移動させます。
縦横斜めのいずれかに1マス移動させる、もしくは完遂出来るなら自分の族長コマが乗っている動物の能力を利用して移動し、移動後にその動物タイルを獲得します。
そして次の人の手番へ。
これを繰り返し、勢力変動アイコンを持つ最後の動物タイルを獲得したら、そのプレイヤーの手番終了時にゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ