ふうかのボードゲーム日記

タグ:dlp

3

・モーレア
 Moorea(dlp:2018)


モーレア

資源を集めて生産し、得点を獲得するカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

使うカードは3種類で、資源と道具、そして生産物です。
各プレイヤーは、6枚の資源カードを手札として受け取ります。
資源と生産物は山にしておき、道具は道具ごとに分けておきます。
手番がきたら、まず資源カードを1枚引き、次にアクションかパスをします。
最後に手札上限を確認したら、手番終了。
これを繰り返し、生産物カードの山がなくなったら、最後に1手番ずつやってゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・アルティプラーノ
 Altiplano(dlp:2017)


アルティプラーノ

南アフリカの高地を舞台に、商品を交易して得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

テーブルには7ヵ所の場所ボードが並びます。
各プレイヤーは、自分用のボードと倉庫、コマ、マーカー、袋、荷車を持ちます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドには4つのフェイズがあります。
自分の袋からタイルを引き、自分のボードに置きます。
そして、全員一斉に自分のアクションを計画。
スタートプレイヤーから順に1アクションずつ実行していき、全員がパスするまで続けます。
最後に、次ラウンドの準備をしたらラウンド終了。
これを繰り返し、1つの場所にあるカードとタイルがすべてなくなるか、拡張列に補充することが出来なくなったら、最後にもう1ラウンド
やってゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ボヘミアの村
 Bohemian Villages(dlp games:2016)


ボヘミアの村

ダイスの出目を組み合わせて自分のコマを置き、お金を集めていくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

場にはプレイ人数に合わせた枚数のボード。
これが村で、それぞれ数字と建物が描かれています。
手番がきたらダイスを4個振り、出目を組み合わせて数字をつくり、対象の建物に自分のコマを置きます。
組み合わせは自由だけど、1つの組に最低2個のダイスを使います。
農場・市庁舎・宿屋・教会は、置こうとして空いていなかった場合、他のコマを蹴り出して置くことが出来ます。
建物にはそれぞれ効果があり、定期収入になるものや直ちに収入が入ってくるものまであります。
これを繰り返し、誰かの手番開始時、手番プレイヤーのコマが1個も残っていなかったらゲーム終了。
最終得点決算をし、最もコインを多く持っていた人が勝者となります。

続きを読む

4

・オルレアン
 Orleans(dlp games:2014)


オルレアン

中世フランスを舞台に、各人物を使ってアクションを実行し、得点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

大きいボードは、人物のレベルとオルレアンをスタートとした商館を建てるための地図。
小さいボードは慈善事業。
さらに、人物を配置する自分用のボードがあります。
ゲーム開始時に持っている人物チップは全員同じですが、アクションを実行することで増やしていくことが出来ます。
各ラウンドは、まずイベントのチェックから。
次に国勢調査があり、やっとメインアクションに入ります。
まずは自分の袋から人物チップを引いて、自分ボードに並べます。
そして、その人物チップでアクションの計画をやり、スタートプレイヤーから順番にアクション処理。
全員がパスしたら、イベント処理をしてラウンド終了。
これを18ラウンドやり、最終的に得点の高い人が勝者となります。

続きを読む

3

・シェッフェルン
 Scheffeln(dlp:2014)


シェッフェルン

リムジンを移動させてショップに停め、お金を集めていくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

このゲームには、2人から4人用の基本ルールと、3人から8人用のスピードシェッフェルンがあります。
今回は2人なので基本ルールで。
場にはAからHまでの8軒のショップが円型に並んでいます。
ゲーム開始時、各ショップ前には、ランダムで1台ずつ車が停まっています。
ショップの横には人物カードが並んでいて、ゲーム開始時、自分のキャラクターを1人選びますが、このキャラクターはリムジンの色と連動しています。
手番がきたら、手札から1枚プレイし対象のリムジンを動かすか、1枚捨ててキャラクターを取り替えることが出来ます。
手札4枚使い切ったらラウンド終了。
自分のキャラクターと同じ色のリムジンが停まっているショップから、お金チップを獲得出来ます。
これを繰り返していき、最終的にお金チップの合計が一番高い人が勝者となります。
とても簡単なルールだったので、早速ゲームスタート。

続きを読む

3

・シトラス
 Citrus(dlp games:2013)


シトラス

農園を広げて得点を獲得していくゲームです。
トド吉・COQさん・侍・私の4人でプレイ。

大きなボードにはフィンカ予定地。
すでにあるフィンカの周りを囲むように、各種農園タイルを配置し、自分の労働者を置いていきます。
フィンカの周りがタイルで囲まれたら得点計算。
これを繰り返していき、すべての農園タイルが置かれたらゲーム終了です。
最後まで囲うことが出来なかったフィンカも得点が加算され、一番得点の多かった人が勝者になります。

手番で出来ることは、配置した労働者を回収して収入を得るか、農場から農園タイルを購入してすぐに配置するかの2つ。
パスは出来ないので、必ずどちらかは実行します。
農園タイルを置くにはルールがあり、同じ農園同士で隣接するようには配置出来ません。
自分の農園を増設することは出来ます。
収入は自分のボード上に残っている労働者の数によって違ってくるので、必要な金額・手にすることが出来る金額を考慮して、計画的に農園を拡大していきます。

続きを読む

3

・シベリア・カードゲーム
 Siberia : The Card Game(dlp games:2012)


シベリアカードゲーム
資源を採掘していくことで得点を獲得するカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

シベリアがカードゲームになったということで、早速プレイ。
基本的な労働者を雇って資源を採掘していくという流れは同じです。
ボードがないので、労働者が歩き回ることはなく、場に並べられた資源カードを表にして取得することで採掘するということになっています。
雇っている労働者の数で、採掘場から取れる資源の数が決まり、さらに各資源の値段を販売員を雇うことで上げることができます。
販売員がいなくても、各資源カードには値段が描かれているので、最終的にはその値段で得点計算ができます。

テーブルの中央には資源が並び、手番がきたらまず1枚めくります。
ただし、裏向きになっているものが1、2枚ならめくらなくてもOK。
そして手札からカードを出し、アクションを実行していきます。
カードは2種類のイラストになっていて、人と資源。
同じのを2枚出すことで、該当するアクションを実行できるわけです。
投資家を獲得すれば、それ以降該当する資源カードを1枚出すだけで済むというのも、ボード版のほうと共通しています。
アクションを何もせずに、カードを2枚取得することもできます(通常は手番の終わりに1枚)。
でも手札上限は8枚。
最後の資源カードが表になったらゲーム終了フラグ。
全員1手番ずつやり、持っている金額の一番大きい人が勝者になります。

雰囲気などはボードゲームそのまま。
ということで早速プレイ開始。
序盤は並んでいる資源がほとんど裏向きなので、まず1枚オープン。
出てきた資源と手札を眺めて、資源を採取するか人を雇うか。
まだ安価な石炭しか出ていなかったので、とりあえず労働者を雇用。
労働者が増えればその分資源を獲得することができるようになるのです。
もちろんトド吉も労働者を雇用。
掘っても資源は石炭やガスばかり。やっと出てきた金を喜んでもらう。
金はそのままでも高いけれど、ここは投資家の金担当を手に入れて、さらに値段を上げたい。
悩むのが、投資家を先にするか販売員を先にするか。
そんなに枚数はないということで、先に販売員を獲得。
そうこうしてるうちに、トド吉が安い石油の販売員と投資家を獲得していく。
ダイヤモンドを全部あげるわけにはいかないので、アクションを実行せずにカード獲得。
運良くダイヤモンドのカードが2枚になったので、ダイヤモンドを獲得して邪魔をするw
そして、労働者を値上げする投資家を獲得。
2人プレイなので、あれもこれも選択できるのです。

石炭はそこそこいいお値段なので石炭を集めながら金は全部頂くw
資源カードの裏向きが残り1枚になってからが勝負。
出来るだけ資源を回収したいけど、残るは1枚だからいつ終わるのか、終わらせるのか悩む。
結局、トド吉が最後の1枚を表にしたところで終了フラグ。
トド吉は出来るアクションがなくて終了。私は最後の石炭を採取して終了。
勝ったのは、安価な資源を集めまくって投資家で金額を上げていたトド吉。その差は10k。
惜しいw

ボードゲームの内容をきれいに簡略化してありました。
トド吉なんて「これあったら大箱いらないね。これでいいじゃん」と言ったほど。
でも私はボードがあって、資源を求めてコマが歩き回ったほうが好きです。

このページのトップヘ