ふうかのボードゲーム日記

タグ:alea

3

・ベガス・カードゲーム
 Las Vegas: The Card Game(alea:2016)


ベガス・カードゲーム

6ヶ所のカジノを舞台に、お金を稼いでいくカードゲームです。
翔さん・トド吉・私の3人でプレイ。

ベガスがカードゲームになりました。
基本的な事柄はダイスゲームと変わりません。
場にはダイス目が描かれたカジノ6つを並べて置きます。
プレイヤーはそれぞれ、同じ内容のカードセットを持ち、裏向きでよくシャッフルして山にして自分の前に置きます。
ゲームは4ステージ、各ステージは6ラウンドです。
各ラウンド、まずは自分の山札から5枚引き、そのうち1枚以上を選び、裏向きで出して一斉にオープン。
対応するカジノへ置きます。
カジノの横には、そのステージで分配するお金が置かれています。
使わなかった3枚は、自分のカクテルグラスの下へ置きます。
カードは必ず1〜2枚出しますが、同じ数字なら2枚以上出すことが出来ます。
再び自分の山札から5枚を引いて、カードを選んで出します。
これを繰り返し、すべてのプレイヤーがカジノに8枚以上のカードを置くか、6ラウンド終了したらステージ終了。
カジノの得点計算をし、お金を分配します。
自分のカードをすべて回収してシャッフルし、自分の山札をつくったら次ステージへ。
これを4ステージやり、最終的に最もお金を持っているプレイヤーが勝者になります。

続きを読む

3

・ブルームサービスカードゲーム
 Broom Service: The Card Game(alea:2016)


ブルームサービスカードゲーム

安全に薬を運ぶか、勇敢に薬を運ぶか。
他の魔女を上手く出し抜いて、薬を集めるカードゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

エキスパート大賞を受賞した「ブルームサービス」のカードゲーム版。
まずは目的カードをシャッフルし、3枚並べます。
これは各ラウンド終了時に達成していれば、得点として獲得出来るカードです。
次に魔女カードをよくシャッフルして、裏向きのカード山をつくります。
カード山からプレイヤー人数分をオープンにし、スタートプレイヤーから順に、最初に持っている薬1枚を選びます。
プレイヤーは、配られたカードの中から異なる魔女カードを1枚ずつ3枚選び、残りは裏向きで置きます。
スタートプレイヤーが3枚のうち1枚をプレイし、「どん欲」か「控えめ」を選びます。
次の人が同じカードを持っているなら出さなければならず、なければ「次」と宣言します。
すべてのプレイヤーが宣言したらフェイズ終了で、カードの獲得判定です。
「どん欲」な魔女は後から出された方が有効で、先に出していた人はキャンセルされ裏向きに。
「控えめ」な魔女は常に安全なので、そのまま自分の前に並べます。
「どん欲」な魔女を最後にプレイした人が次のスタートプレイヤーになり、ゲームを続けます。
全員が手札を使いきったらラウンド終了。
キャンセルされたカードと新しく山札から引いた3枚を自分のカード山に加え、使うカードを3種類1枚ずつ選んで次のラウンドへ。
これを繰り返し、4ラウンド終わればゲーム終了。
集めた薬の得点、目的カードの得点を計算し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ブルゴーニュカードゲーム
 Die Burgen von Burgund: Das Kartenspiel(alea:2016)


ブルゴーニュカードゲーム

カードに描かれたダイス目を元に、計画を立てて資産を増やし、得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ブルゴーニュというボードゲームのカードゲーム版。
ただしダイスは振りません。
場には1から6までの表示カードが並びます。
ここに毎ラウンド、プレイヤーが入手出来るアクションカードが並びます。
各プレイヤーは、計画・資産・倉庫のカードを1枚ずつ持ち、さらに商品・動物・銀を1枚ずつ、アクションカード6枚を裏向きの山にして持ったらゲームスタートです。
ゲームは5ラウンド。
ターン開始時に、自分の山札からアクションカードを2枚引いて手札にします。
手番がきたら、手札からカードを1枚表向きで出し、6つのアクションから1つを実行します。
場からカードを取る、計画を資産に移す、商品を売る、労働者を2枚に補充する、銀を獲得する、労働者や銀を勝利点に変換するの6つ。
これを6ターン繰り返すとラウンド終了。
次ラウンドの準備をして、次ラウンドへ。
これを5ラウンドやるとゲーム終了。
獲得した勝利点を計算し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

4

・ブルームサービス 
 Broom Service(alea:2015)


ブルームサービス

薬を調合して届けることで、得点を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ボードには、薬を配達する塔と土地が描かれています。
各プレイヤーは、自分用のカードセットを持ちます。
カードには、薬や杖を作りだしたり、移動して薬を配達したり、同じ場所で配達だけ行うがあります。
各ラウンドではまず使うカードを4枚選ぶところから始まります。
全員が選び終わったら、早速カード効果を適用していきます。
まずスタートプレイヤーがカードを出し、上か下のどちらを使うか宣言します。
この時、出されたカードを他の人も持っていれば、必ず出します。
宣言したのが上だった場合、後から出した人に権利を奪われる可能性があります。
下を宣言した場合、後から出した人が上を宣言するかも知れませんが、アクションは実行出来ます。
全員の手札がなくなったらラウンド終了で、イベント処理をします。
そして、最後に上のアクションを実行した人が、次のスタートプレイヤーになります。
これを7ラウンドやり、得点の一番高かった人が勝者となります。

続きを読む

3

・貴族のつとめ 1990年年間ゲーム大賞受賞
 Adel verpflichtet(F.X. Schmid:1990)


貴族のつとめ

自分のコレクションをつくり、お城で自慢して得点を獲得するゲームです。
5人でプレイ。

各自、自分用の行動カードとお金を持ちます。
選ぶ色によって、金額の内訳が違いますが、合計額は変わりません。
ゲームはまず行動選択。
お城へ行くか、オークションハウスへ行くか秘密裏に決めて、行き先のカードをクローズで出します。
そして一斉にオープン。
お城を選んだ人は、その後泥棒、探偵、コレクション自慢の中から1つを選びます。
オークションハウスを選んだ人は、泥棒かお金を選択します。
お城では、コレクション自慢で得点を獲得し、泥棒を出していたら自慢しているコレクションから1つを盗め、探偵は泥棒を捕まえて牢屋に入れます。
オークションハウスでは、一番高い値付けをした人が2つの山の片方からコレクションを購入し、支払った金額を泥棒が盗んでいきます。
これを繰り返し、誰かの得点がディナーテールへ到達したらゲーム終了。
最後に全員でコレクションの枚数自慢をして、得点を加算し、最終的に一番得点の高い人が勝者となります。

続きを読む

3

・ライスラ
 La Isla(alea:2014)


ライスラ

島を探検し、動物を集めたり、価値を高くしたりして得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

島は中央の10角形を中心に周辺部でつくります。
その他に動物の価値を表すボード、各プレイヤーはカードホルダーを持ちます。
基本的には、自分の探検家を島に配置し、動物を挟むように配置出来れば、動物チップを獲得出来ます。
ゲームはラウンド制で、1ラウンドにはカードフェイズと4つのアクションフェイズがあります。
まずはカードフェイズ。
山札から3枚ずつカードを引き、自分のカードホルダーにプロットします。
Aはカードをホルダーに挿し込み、以後見えている特殊アクションを使うことが出来るようになります。
Bはカードに描かれている資源を獲得。
Cはメインアクションで、自分の探検家を1つ島に配置します。
Dはカードに描かれている動物の価値が1上がります。
アクションはAから順に実行していき、Dが終わればラウンド終了。
この時点で動物の価値が規定値になっていたらゲーム終了です。
持っている動物は、5種類持っていたら10点、それぞれの動物の得点、残った資源などを合計し、一番得点の高い人が勝者となります。

続きを読む

3

・アーサー王
 Artus(alea:2011)


アーサー王

アーサー王の円卓を舞台に、時には王に近づいたり、時には離れたりしながら、得点を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

組み立て式のボードは円卓。
円卓にはマイナスとプラス、0などの数字が書かれています。
初期配置で、アーサー王と王子たちが席にいます。
プレイヤーの初期配置が終わったらゲーム開始。
各自持っているカードセットを使って、対象となるコマを動かすことで得点がはいります。
今回は上級ルールなので、決算カード入り。
カードは種類別に3つの山になっていて、最初に持つカードは国王カードと騎士カードを3枚ずつ。
以降は2枚使って好きな山から2枚を補充していきます。
カードを使うことで、自分や王を動かしていきますが、その時、動かしたコマが座っていた場所の数字が得点になります。
マイナスなら、もちろん得点が減ります。
これを繰り返していき、すべてのカードがプレイされたらゲーム終了。
一番得点の高かった人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ