ふうかのボードゲーム日記

タグ:Zoch

3

・ガムッシュ
 Gamsh Alpin(Zoch:2016)


ガムッシュ

ペア戦で手札を同じ動物で揃えていくカードゲームです。
タロ吉さん・トド吉・侍・私の4人でプレイ。

このゲームは、4人または6人で遊ぶゲームです。
2人1組のペアになって、得点を獲得していきます。
ゲーム開始時、各自4枚の手札が配られます。
プレイは全員同時に。
手札から1枚出し、そのあと場のカードを取って手札に加える交換を繰り返します。
同じ動物で揃ったら、パートナーに秘密の合図を送ります。
パートナーが合図に気付いたら、それに沿った宣言をし、得点を獲得します。
また、相手チームの秘密の合図を見破っても、得点を獲得出来ます。
誰も場のカードを交換しなくなったら、捨て札にして新しいカードを並べます。
新しいラウンドは、いずれかのペアが得点を獲得したら。
それまで手札はそのまま使い続けます。
これを繰り返し、いずれかのチームが9点に到達したらゲーム終了。
より多く得点を獲得したチームが勝利します。

続きを読む

3

・牛とハエ
 Kuhno(Zoch:2016)


牛とハエ

ハエの位置に牛の柄を合わせてカードを出していき、誰よりも早く持っているカードをなくすゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ゲーム開始時、各プレイヤーは7枚ずつカードを持ちます。
残りのカードは裏向きの山でテーブル中央に置きます。
カードの表には、それぞれ柄が違うウシが描かれていますが、裏面にはう○こに止まっているハエが描かれています。
手番がきたら牛カードを出します。
ただし、牛を正しい場所に、頭を正しい方向に、模様が正しい位置にという制限付き。
牛を正しい場所にというのは、ハエを中心に4辺のいずれかであること。
模様の正しい方向は、ハエが止まっている位置に柄があること。
頭を正しい方向は、直前にプレイされた牛の方にお尻が向くようにプレイします。
牛カードの背景色によって特殊効果があります。
出せなければ、カード山から1枚引き、これによってハエの位置が変わる場合も。
手札が残り1枚になったら「モー」と言い、他のプレイヤーがミスをしたら「ブーン」と言います。
手札の最後の1枚を出したら「ハエ」と宣言し、それが正しかったらその人が勝者となります。

続きを読む

3

・ヘックメック拡張セット
 Heckmeck Extrawurm(Zoch:2015)


ヘックメック拡張

ダイスを振って数字が書かれたタイルを獲得していく「ヘックメック」。
本体に加えて使う拡張セットが発売されました。
トド吉と2人でプレイ。

タイルの並べ方は基本ルールと同じで、昇順で並べます。
基本的なルールはまったく同じ。
拡張セットで加わるのが、まず11と13のタイル。
この2つはダイス目がちょうどなら獲得出来ます。
さらにスタート時タイルの上に置き、タイルを獲得すると入手出来るのが5種類のコマ。
赤いイモムシは、ダイスを振ってイモムシの目がなかったらイモムシの目として使えます。
金のダイスは、手番でダイスが1個増えますが、イモムシと1しか目がありません。
イタチは、手番に1回だけダイスを振り直せます。
ニワトリは、自分が獲得したタイルを守ります。
カラスは、コマをプレイヤーが獲得することはなく、カラスがのっているタイルを獲得するとイモムシマーカーを1個獲得出来ます。
さらに、2個以上の1を確保したら、直ちにイモムシマーカーを受け取ります。

続きを読む

3

・アイスカルト
 Ice Cult(Zoch:2016)


アイスカルト

氷の通路を進み、自分のコマすべてを暖かいゴールへ到達させるゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

中央には基地を組み立てて置き、中に氷キューブを置きます。
そこから四方向に氷の通路がのびています。
この氷の通路を通り、その先の暖かいゴールまで、自分色のコマすべてを動かしていきます。
手番がきたら、まず隣り合う氷キューブを2つ選んで持ち上げ、90度傾けて基地に戻します。
さらにもう1回、隣り合う氷キューブ2つを持ち上げ、90度傾けて基地に戻します。
この時、同じ氷キューブ2つを2回傾けてもOKですが、元の状態に戻すことは出来ません。
次にコマの移動。
氷の道を矢印が指定する方向に、指定のコマを外側へ向かって移動させます。
すでに埋まっているコマがあれば、上に重なります。
重ねられているコマが移動する場合、上にあるコマも一緒に移動していきます。
コマが氷の道の最後のマスからもう一歩進んだらゴール。
誰かが自分のコマ5つすべてをゴールさせたら、その人の勝利でゲームが終了します。

続きを読む

3

・ニトログリセリン
 Nitro Glyxerol(Zoch:2015)


ニトログリセリン

フラスコの中の材料を指定通りに並べて、得点を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、フラスコと5色の材料を持ちます。
場には色別に重ねられた化学者カードの山と数字が書かれたストップカードが並びます。
ゲームはいたって簡単。
各カード山から1枚ずつカードを引いてよく混ぜ、表向きで1列に並べます。
これが今ラウンドのグリセリン製法。
材料をフラスコのスタートエリアに入れたら、スタートの合図と共に砂時計をひっくり返して合成開始。
ひたすらフラスコを動かして、カードの並びと同じように並べます。
混ぜることをやめた場合、もっとも低い数値のストップカードを取ります。
砂時計が落ちきったら、ストップカードを取らなければいけません。
次にちゃんと製法通りに出来ているか、ストップカードの低い数字の人からチェックをします。
出来ているところまで化学者カードを獲得し、次は2のカードを取った人と続いて正解チェックをします。
前のラウンドで1のストップカードを取った人には、次のラウンドでお邪魔なネズミのフンが材料に加わります。
これを繰り返し、7ラウンド終わったらゲーム終了。
獲得した化学者カードの数字を合計し、最も高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・8か28
 8*28(Zoch:2015)


8か28

手持ちのカードの合計を8もしくは28に出来るだけ近づけて、宝石を獲得するカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

毎ラウンド、まずディーラーが各プレイヤーに裏向きでカードを1枚ずつ配ります。
これはラウンドが終わるまで裏向きのままで持ち、自分だけが確認出来ます。
そして青い宝石を1個ストックから取り、場に置きます。
次にディーラーはカード山を手に持ち、順番にカード1枚欲しいか各プレイヤーに聞いていきます。
欲しいと答えた人にはカード山から1枚を配り、受け取ったプレイヤーは表向きで自分の前に置きます。
欲しくなければパスすることも出来て、一度パスしても次に配る時にはもらうことが出来ます。
1周したら左隣りのプレイヤーがカード山を受け取り、新たなディーラーになります。
青い宝石をストックから1個取って場に置き、カードが欲しいか聞いていきます。
これを全員が新たなカードを受け取らなくなるまで続け、ラウンド終了。
各自、裏向きのカードも合わせて数字の合計を見て、宝石の分配をします。
場の宝石を2つに分け、片方を8以下でもっとも8に近い人、もう片方を28以下でもっとも28に近い人に、それぞれ配ります。
残りの宝石は場に置いたままにし、次のディーラーはカードすべてをよく混ぜて、裏向きで配るところから始めます。
これを繰り返し、初めて赤い宝石が使われたラウンドを最後までプレイし、最終的に最も多く宝石の得点を獲得した人が勝者となります。

続きを読む

3

・ビースティーバー2
 Beasty Bar: New Beasts in Town(Zoch:2015)


ビースティーバー2

自分の動物を出来るだけバーへ送り込むゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

以前遊んだビースティーバーの続編というか動物違いバージョン。
違いは動物のみで、ルールに違いはありません。

各自持っている1から12のカードを使い、バーへ自分の動物を送り込みます。
場に5枚カードが並んだら、自動的に先頭2枚がバーへ。
最後尾に並んでいたカードは路地裏へ追い出されます。
カードには動物が描かれていて、それぞれ能力が違います。
手番がきたら、カードを1枚出すだけ。
全員の手札がなくなるまで続けてゲーム終了。
最も多く、自分の動物をバーへ送り込んだ人が勝者となります。

続きを読む

このページのトップヘ