ふうかのボードゲーム日記

タグ:Zoch

3

・ヤムヤム
 Yam Yam(Zoch:2017)


ヤムヤム

食料を集めて冬眠するカードゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

各プレイヤーは、自分のハリネズミカードを4枚持ちます。
食料カードと冬カードは、裏向きでよく混ぜて山にしておきます。
手番がきたら、カード山の一番上をめくります。
食料カードだったら、自分の起きているハリネズミの数が食料の数以上だったら、食料を獲得します。
起きているハリネズミが足りなかったら、食料を捨て札にします。
そして、ハリネズミを1枚だけ、冬眠させることが出来ます。
冬カードをめくったら、テーブル中央に表向きで置きます。
これを繰り返し、冬カードが4枚出てイラストがつながったらゲーム終了。
すべてのハリネズミを冬眠させることが出来た人が勝者となり、複数の人がすべてのハリネズミを冬眠させていたら、もっとも多く食料を集めた人が勝者になります。

続きを読む

3

・ターゲット
 Targets(Zoch:2017)


ターゲット

ダイスを指で弾いて、得点を獲得するゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

テーブルにはディスクを3枚並べ、各プレイヤーは自分色のダイス3個と土台を受け取ります。
ダイスは土台の上に積み上げておきます。
手番がきたら、自分の台の一番上のダイス1個をディスクめがけて弾きます。
全員が弾くダイスがなくなったら、ラウンド終了。
得点ディスクの分配を行い、自分のダイスを再び積み上げたら次のラウンドへ。
これを繰り返し、誰かが4勝利点獲得したら、その人の勝利でゲームが終了します。

続きを読む

3

・ライネンロス
 Leinen los!(HABA/Zoch:1997)


ライネンロス

自分のボートを操り、一番早くコースを回るゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

大きなボードはレースのコースで、所定の位置にブイを置きます。
各プレイヤーは自分の色を決めて、ボートをスタート位置に置きます。
このゲームの特徴は、手番でボートを動かすことと、1人がボラード役を全員の手番が終わるまでやることです。
手番がきたら、いずれかの指をボートのエンジンに置き、ボラード役はボラードを持ちます。
スタートの合図と共に、手番の人はボートを動かし、右隣りの人はボラードに糸を巻き付けます。
糸を巻き付け終えたら「ストップ!」と合図をし、手番プレイヤーはボートから指を離します。
そして次の人の手番になりますが、ボラード役は自分がボートを動かすまで同じ人が続けます。
これを繰り返し、最初にボートを最後まで進めてスタートに戻った人が勝者になります。

続きを読む

3

・おしりにノミ
 Floh am Po(Zoch:2017)


おしりにノミ

休暇を楽しもうとするノミたちが、犬の体にくっついてリゾート地を目指すゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

場に並ぶのはコースタイルで、スタートとゴールにもタイルが並びます。
犬コマをスタートに並べ、カラーダイスを2個準備します。
各プレイヤーは自分の犬を決め、ノミを1つ選んで犬の体にくっつけます。
手番がきたらカラーダイスを2個振ります。
出た目の色のノミを他の犬もしくはテーブルから取り、自分の犬にくっつけます。
自分がすでにくっつけているノミの色だった場合、ノミをはずして任意の犬にくっつけます。
自分の犬にくっついているノミの数だけ、タイルを進みます。
これを繰り返し、最初にゴールしたプレイヤーが勝者になります。

続きを読む

3

・ミッシュマッシュ
 Misch Masch(Zoch:2017)


ミッシュマッシュ

動物が半分ずつ描かれたカードを1体になるように出し、手札をなくすゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

各プレイヤーが持つ手札は7枚。
残りのカードは山にして置き、1枚めくって最初の1枚にします。
手番がきたら、適合するカードを1枚プレイします。
出せなければ、山札から1枚引いて手札に入れます。
引いたカードがすぐに出せる場合は、直ちにそのカードをプレイ出来ます。
手番以外でも、テーブルに出ているカードと手札が二重適合する場合は出すことが出来ます。
出した左隣りの人が次の手番になります。
これを繰り返し、手札をなくした人が勝者になり、直ちにゲームは終了します。

続きを読む

3

・ザップゼラップ
 Zapp Zerapp(Zoch:2000)


ザップゼラップ

魔法の樽を振って入っている石の数を予想し、目的の樽を見つけて自分の見習いを進ませていくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

大きなボードの中央には、1から13の魔法の石が入った樽が並びます。
各プレイヤーは自分の見習いを選び、それぞれのスタート位置に置きます。
ゲームの目的は、自分の見習いを3つゴール都市に入れること。
まずは任意のプレイヤーがダイスを2つ振り、合計数字を読み上げます。
次に、すべてのプレイヤーは一斉に、樽を振って合計数字以下の樽を見つけます。
樽の底を見ないように、1つずつ手に持って振ります。
見つけたと思ったら、その樽を自分の前に置きますが、一度取ったら戻すことは出来ません。
全員が樽を取ったら、樽の底に書かれている数字を確認します。
最後に、合計数字以下の中で、もっとも高い数字のプレイヤーから、見習いを移動させていきます。
見習いの移動歩数は、自分が取った樽に書かれている数字です。
再びダイスを振るところからはじめます。
誰かが自分の見習い3つをゴール都市に入れたら、そのプレイヤーの勝利でゲームが終了します。

続きを読む

3

・ハニーロード
 Schleck und weg!!(Zoch:2002)


ハニーロード

出来るだけ多く、ハチミツを集めるゲームです。
翔さん・トド吉・私の3人でプレイ。

円形の大きなボードは6区画に分かれていて、中央に大きな穴が開いています。
青いバーで区切られているので、プレイヤーのクマを1区域に1個置きます。
ゲームの目的は、ハチミツを集めること。
手番がきたら、まずダイスを振ります。
出た目と同じ場所へ自分のクマを移動させます。
ハチミツだけが穴に落ちた場合はそのままで、他のクマが落ちたら穴の中のハチミツを獲得します。
ただし、2つ以上のクマが穴の中に落ちた場合は、手番以外の人が自分の区域に置かれているハチミツを獲得します。
そして、自分の区域にあるハチミツを穴の中に落とします。
ストックからハチミツを取り、全員の区域に配置したらゲーム再開。
これを繰り返し、補充するハチミツが足りなくなったらゲーム終了間近。
残ったハチミツを穴の中にすべて落とし、誰かが獲得したらゲーム終了。
最もハチミツを獲得した人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ