ふうかのボードゲーム日記

タグ:Z-man

3

・ニットウィット
 Knit Wit(Z-Man:2016)


ニットウィット

タグをつけられた糸巻きを使って、言葉を考えるゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ゲーム開始時に、人数に応じた糸巻きと紐を準備します。
ゲームは「編む」ところからはじまります。
手番がきたら、持っている紐1つを置きます。
この時、紐についた洗濯ばさみにタグをつけます。
最後に、紐でつくられた輪の中に、糸巻きを置きます。
すべてのプレイヤーが配置したら、次に回答。
合図と共に、回答を用紙に記入していきます。
1つの糸巻きには1つの回答を、囲っているすべてのタグの特徴を含めて書き込みます。
一番早く回答を終えた人はボタンを取り、最後のボタンが取られたら回答終了。
最後に糸巻きの番号ごとに、回答していきます。
この時、納得出来ない回答だったら、「ニットウィット!」と意義を唱えることが出来ます。
抗議されたら制限時間に説明し、投票で可否を決めます。
各自得点を合計し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ケンブルカスケード
 The Battle at Kemble's Cascade(Z-Man Games:2014)


ケンブルカスケード

戦闘機を操って宇宙を駆け、異性生物やボスを倒し、栄誉を手に入れていくゲームです。
おのさん・トド吉・私の3人でプレイ。

詳しくは→ ホビージャパンゲームブログ 逃げる敵 逃がすなよ 連射して倒せ『ケンブルカスケード』

「幻」の縦スクロールシューティングゲームをボードゲーム化ということで、宇宙空間はちゃんとスクロールしていきます。
ゲームはラウンド制で、まずはセンサーカードの数値でプレイ順を決めます。
手番になったら、移動して射撃をするバトルか、休憩してリチャージするパワーダウンを選択して実行します。
射撃できるのは異性生物だけでなく、他のプレイヤーも可。
ワープゲートを使ったりしつつ、どんどん先へ進んでいきます。
持っているミッションカードを達成することでも栄誉が手に入り、敵も種類によって栄誉が手に入ります。
終了条件は2つ。
最後の列が取り除かれて、プレイヤーすべてが強制スクロールされてしまうか、ボスのすべての栄誉が無くなった時。
最も栄誉の高いプレイヤーが勝者となります。

続きを読む

4

・パンデミック:完全治療
 Pandemic: The Cure(Z-Man Games:2014)


パンデミック:完全治療

4種類の病原体から世界を守るため、協力して治療薬の完成を目指すゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

パンデミックがダイスゲームになりました。
大きなボードを広げることもなく、中央のリングを中心に、外周には各都市タイル。
各プレイヤーは、自分が担当するキャラクターとその色のダイスを持ちます。
手番ではダイスを振って治療薬の完成を目標とします。

ゲームの詳しい内容はこちらの記事を参照→お注射しちゃうわよ!!『パンデミック:完全治療』

感染を止めながら、サンプルを採取して治療薬をつくる。
これは簡単なんじゃ?という甘い考えで、早速ゲームスタート。

続きを読む

3

・パンデミック:接触感染
 Pandemic - Contagion(Z-man:2014)


パンデミックカードゲーム

プレイヤーは病原菌となり、世界中を感染させていくことで得点を獲得するカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

「パンデミック」は、4つの病原体から世界を救うのが目的でしたが、このゲームは逆。
私たちは菌で、世界の都市に自分の病原体を撒き散らして感染させていきます。
プレイヤーは各自、自分のレベルを表示出来るボードとペトリ皿を持ちます。
ゲームはいたって簡単で、まずはイベントカードをめくり処理をします。
次に手番がきたら、3つのアクションから2つを実行するだけ。
得点計算は、イベントカードのドクロマーク2個、都市の絶滅、ゲーム終了のタイミングで発生します。
最後のWHOカードがめくられるか、残っている都市が2つになったらゲーム終了。
得点の一番高い人が勝者となります。

続きを読む

3

・ミドルキングダム〜中国〜
 Middle Kingdom(Z-Man:2008)


ミドルキングダム

王朝カードを入札で手に入れ、勝利点を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

王朝カードは6種類。
役人・農民・商人・貴族・武将と1枚しかない思想家。
毎ラウンド、ランダムで出てくる王朝カードを取り合います。
プレイヤーは同じ内容のカードセットを持ち、これを使って入札していきます。
カードに書かれた数字は0から7で、0は使ったカードを手札に戻すためのリセットカードです。
ラウンドは、まず手札から今回使うカードを1枚選び、裏向きで自分の前に出し、全員一斉にオープン。
数字の大きい順に、場に並んでいる王朝カードを取っていき、使った入札カードは表向きのまま脇に置きます。
王朝カードは、種類別で自分の前に並べます。
同じ数字を出していた人がいたら、何ももらえませんが、出した入札カードはそのまま置かれ、次のラウンドで合算値となります。
獲得した同種の王朝カードが2枚以上になると、特殊効果のあるゴールカードを入手出来ます。
ゴールカードは、常にその種類が最多の人のところへ行くので、ゲーム中プレイヤー間を移動します。
誰にも取られず残った王朝カードは捨て、次のラウンドで取り合う王朝カードを場に並べたらラウンド終了。
これを繰り返し、王朝カードの山札が足りなくなるとゲーム終了です。
持っている得点を計算し、一番得点の高い人が勝者となります。

続きを読む

3

・アーボレータム
 Arboretum(Z-man:2015)


アーボレータム

カードを並べて樹木園(アーボレータム)をつくり、得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

10種類の木々には、それぞれ1から8までの数字が書かれています。
今回は2人プレイなので、使う木は6種類。
種類によって色分けされているので、見やすい木を選択。
ゲームの目的は、自分の樹木園にカードを並べて、木の小径をつくって得点を獲得するだけ。
ルールはとてもシンプルで、カードを2枚引き、手札から自分の樹木園にカードを1枚出して、最後に1枚捨てます。
常に手札は7枚です。
ただし、小径には決まりがあり、必ず昇順になること。
そして、始まりと終わりが同じ種類の木であることです。
逆に言えば、中間は色関係なく、数字のみを気にします。
さらに、きれいに並べたからといって、必ずしも得点に結びつくとは限りません。
カード山が尽きたら終了で、得点に出来るかどうかはここからです。
手札から得点にしたい小径と同じ種類の木を出し、数字が一番高い人のみ得点を獲得します。
最大数字は8ですが、他の人に1を出されてしまうと0になってしまいます。
昇順で出来るだけ多くカードを並べつつ、手札に勝てる数字を残して置かなければいけないのです。
すべての小径を計算したら、得点の一番高い人が勝者となります。

続きを読む

2

・女王の身代金
 Queen's Ransom(Z-man:2010)


女王の身代金

女王が誘拐され身代金要求がきたのに、支払うお金がない王様が、犯人と監禁場所を探し出すというテーマのカードゲーム。
トド吉と2人でプレイ。

場には容疑者3人と場所カード3枚が並び、上下に証拠カードが置きます。
この証拠カードを使って、犯人と監禁場所の両方を当てることが目的。
手番がきたら、情報を買う・特別カードを使う・パスするから1つを実行し、最後にカードを1枚補充します。
情報は道化が求めている金額を払うことで、証拠カードを1枚見ることが出来ます。
支払いはおつりが出ませんし、金額は毎ラウンドかわります。
特別カードは捨て札にすることで、効果を適用出来ます。
支払うお金もなく、特別カードが手札にない場合はパスできます。
犯人と場所を特定出来たら、自分の手番の最後に宣言することが出来ます。
宣言したら自分だけ証拠カードを見て確認し、見事当たれば、その人の勝利でゲームが終わります。
とても簡単なルールだったので、早速ゲームスタート。

続きを読む

このページのトップヘ