ふうかのボードゲーム日記

タグ:WhiteGoblinGames

3

・パケット・ロー
 Packet Row(White Goblin Games:2013)


パケット・ロー

契約を達成することでお金を稼ぎ、そのお金を元手に勝利点を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

場に並ぶのは4枚のボード。
それぞれ、集会所・波止場・市場・銀行になっていて、並ぶ商品が違います。
市場では商品を購入し、さらに集会所では契約書、波止場では船を手に入れ目的地へ指定の商品を運ぶことで収入が得られます。
銀行ではお金で勝利点を購入することができ、最終的には勝利点を集めていくゲームです。
各ボードには、現在並んでいる商品の上に将来の場札として、次ラウンドで出てくる商品が並んでいるので良く吟味しておくことが大切。
初期資金と初期契約カードを手にしたらゲームスタートです。

続きを読む

3

・パシャ:ダイスゲーム
 Pasha(White Goblin Games:2013)


パシャ:ダイスゲーム

ダイスの役をつくって得点を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

基本的には5つのダイスを振り、出目で役をつくっていきます。
役の強さで得られるもの、それは各プレイヤーが手番時に出したカード。
一番低い役をつくれば一番低いカードを受け取ることになり、逆に一番高い役だと一番高いカードをもらいます。
まずは自分のカードセットをシャッフルして3つの山をつくります。
1つ目の山を取り、3枚の中からカードを選んで出してダイスを振ります。
毎ラウンドめくられるボーナスタイルは、ダイス目と連動していて、その目で勝つことが出来れば受け取ります。
また、持っているキューブを使うことでダイス目調整が出来ますが、使わなければキューブ1個1点になるので、使うタイミング重要。
9ラウンドやり、一番得点の高い人が勝者です。
早速ゲームスタート。

続きを読む

3

・ラッタス:カードゲーム
 Rattus Cartus(White Goblin Games:2010)


ラッタスカードゲーム

伝染病で倒れた支配者のかわりになるために、様々な分野の支持者を集めるカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ラッタスのボードゲームはかなり前に遊んだことがあるんですが、すでにイメージ的なものしか覚えていません。
ネズミから逃げ回っていたような覚えが。
場にはスコアボード。
カードを建物に対して使うことで、影響力が増していきます。
最終的にはこの影響ポイントの順位で得点が入ってくるので、軽視できません。
プレイヤーのプレイは、手札を建物に対して使うことで、使った枚数に応じてアクションが選べます。
一番多く使った人は上級のアクション、その他は全員通常アクションです。
使うカードは建物に合っていればいいわけですが、時には影響力を取るために違うカードを使うことも。
そういった場合、使った違うカードにつきネズミが手元にやってきます。
ゲーム開始時、住民カード6枚が共通で場に6枚並んでいますが、ここに描かれているポーンの数と持っているネズミの数を比べて、脱落もありえます。
そうならないように、どの程度ポーンの数があるのか覗けるアクションも。
そして、他のプレイヤーからカードを奪うアクションもあるし、かなり攻撃的な場面もあります。
毎ラウンド5種類のフェイズを順番にやっていき、2人プレイなら10ラウンドでゲームが終わります。
最終的な得点を計算し、一番得点の高かった人が勝者です。

続きを読む

2

・コンゴ川の探検
 Expedition Congo River 1884(White Goblin Games:2012)


コンゴ川の探検

アフリカ最深部キンドゥを目指してコンゴ川をさかのぼり、各拠点を自分の支配下にしていくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ボードにはコンゴ川。
川岸にはいくつかの拠点となる村が描かれています。
各拠点は国籍が決まっていて、それに対してプレイヤーはキャラクターカードなどを出して数字を競います。
一番高い数字のカードを出したプレイヤーが拠点を支配し、得点を獲得します。
これを繰り返していき、船が最後の村キンドゥを離れた時点でゲーム終了。
一番得点を獲得していた人が勝者になります。

続きを読む

4

・ヴァンパイア・エンパイア
 Vampire Empire(White Goblin Games:2012)


ヴァンパイア・エンパイア

住人対吸血鬼に分かれ、それぞれ自分の勝利条件を目指すゲームです。
トド吉とプレイ。

今回、住人側をトド吉が吸血鬼側を私が担当。
住人の目的は「9人いる住人の中にまぎれている吸血鬼3匹を見つけること」。
対する吸血鬼の目的は「住人をすべて殺すか場に出ている3人の人間が吸血鬼で正体を現していること」。
ちなみに、どちらの条件も達成しなかった場合は引き分けで、単純に残っている人間や吸血鬼をポイント換算してポイント勝負になります。
正体隠匿は苦手なんだけど、カードのイラストがきれいだったり付属のスリーブが雰囲気良かったのもあり、早速プレイ。

続きを読む

3

・リボルバー
 Revolver(White Goblin Games:2011)


リボルバー

マクレディ側とコルティ側に分かれて、それぞれの勝利条件を目指すゲームです。
トド吉とプレイ。

ゲームの流れとしては、お互いにカードを出して相手を攻撃したりかわしたりしていくだけ。
自分用のデッキとしてカード山があるので、そこから2枚引いてカードをプレイします。
今回私がマクレディ側、トド吉がコルティ側。
私は銀行強盗をしながらメキシコ国境を目指すコルティ団を殲滅するためにがんばるわけです。
どう考えてもネタゲームなんじゃないの?というカード内容の割には、終わってみると面白かったです。

コルティ側が常に先手番なので、トド吉からスタート。

続きを読む

3

・ピラミディオン
 Pyramidion(White Goblin Games:2012)


ピラミディオン

ピラミッドをつくるための資材を建築現場に供給するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

箱絵にピラミッドが描かれているので、てっきりピラミッドを建てるのかと思ったら、ピラミッド建てるから資材を船にのせて供給してくれ!というのを達成していくゲームでした。
場には各資材を手に入れる現場が並びます。
ここで資材を手に入れたりするのに使うのがカード。
キャラクターになっていて、決められた数字をこえるように出していき資材を手に入れます。
出したカードの合計で一番高い数字を出したプレイヤーは監督団や交渉団のトークンを置くことができます。
船は積み込む資材が決まっているので、効率的に集めて船を出して得点を獲得していきます。

各自カードを持ったら、早速ゲーム開始。

続きを読む

このページのトップヘ