ふうかのボードゲーム日記

タグ:UniversityGames

3

・インタープレイ
 Interplay(University Games:1980)


インタープレイ

ペグをさして、指定の形をつくっていくゲームです。
トド吉とプレイ。

ボード(?)には、コマを差し込む穴が空いています。
自分のコマは、ペグとシリンダーが3種類18個。
ゲームは簡単。
手番では、自分のコマを1つ選んで配置するだけ。
すべてのコマが盤面に出ていたら、どれか1個を移動させることが出来ます。
パスは出来ず、必ずコマのいずれか1個を移動させなければなりません。
これを繰り返し、3種類の勝利条件のいずれかを達成したプレイヤーが勝利します。

続きを読む

2

・忍術
 Ninjutsu: Battle of the Ninjas(University Games:2011)


忍術

相手の宗家を見つけ、倒す対戦ゲームです。
トド吉とプレイ。

大きなボードは2色に分かれてマス目が描かれています。
境界には通常の移動で越えられない有刺鉄線。
各自、相手に見えないように自分の忍者たちを配置したらスタート。
ゲームは3つのフェイズからなり、まずは武器カードをめくります。
お互いに持っている自分のカード山から、順に3枚めくります。
手番プレイヤーが相手と比較して上回ったカードの枚数が移動歩数。
忍者は1歩だけ縦と斜めに移動出来ます。
最後に戦闘が発生したら、戦闘を行います。
対象の忍者を裏向きにして相手に見せ、忍者にあったダイスを道場に投げ込みます。
数字の大きいほうが勝者となり、負けた忍者はボードから取り除かれます。
この時、手裏剣を使うことで振り直しが可能。
手番ではアクションカードを1枚使うことが出来ます。
手番が対戦相手に移り、武器カードをめくるところからスタート。
これを繰り返し、先に相手の宗家を倒したプレイヤーが勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ