ふうかのボードゲーム日記

タグ:SpaceCowboys

4

・ヴィア・ネビュラ
 Via Nebula(Space Cowboys:2016)


ヴィア・ネビュラ

資源を活用して建物を建設したり、契約を達成して得点を獲得するゲームです。
翔さん・トド吉・私の3人でプレイ。

大きなボードは、ネビュラの谷と契約書カード置き場で両面仕様。
今回は何となく経験者ボードで。
各プレイヤーは、自分用のボード、自分色の建物コマと個人契約書カード、そして労働者コマと草原タイルを受け取ります。
手番がきたら、6つのアクションから選んで2つ実行します。
出来るアクションは、職人の配置・建設地の配置・霧マスの探索・自分の契約地に資源1つを運ぶ・建物の建設、その他に2つ分消費する化石の森の探検があります。
同じアクションを実行することも可能です。
2つアクションを実行したら、次の人の手番に。
これを繰り返し、誰かが建物を5つ建設したら、他のプレイヤーたちが手番を1回ずつやりゲーム終了。
最後に得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者となります。

続きを読む

3

・ヒット・ザ・ロード
 Hit Z Road(Space Cowboys:2016)


Hit Z Road

ゾンビが蔓延る世界で、なぜかルート66を走り抜け西海岸を目指すゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

競りでカードを手に入れながら、時にはゾンビと戦っていきます。
各プレイヤーは自分のファミリーとなるコマを持ちます。
このコマがなくなると脱落です。
ゲームはまず競りからラウンドがはじまります。
場に並ぶカードを見て値段をつけていきます。
競りはソフトパスで、全員がパスをしたら高値をつけた人からカードを選んでいきます。
カードに描かれているアイテムを入手し、ゾンビマークが描かれていればゾンビとダイス勝負。
ゾンビはすべて倒すまで戦いをやめることは出来ません。
全員が解決したら次ラウンドですが、1人しか残っていなかった場合、その人の勝利でゲーム終了です。
複数人残っていても8ラウンドでゲームは終わり、得点の高い人が勝者になります。

詳しい説明はこちらを参照→ひだりの灰色:ヒット・ザ・ロード/Hit Z Road

続きを読む

・タイムストーリーズ
 T.I.M.E Stories(Space Cowboys:2015)


タイムストーリーズ

協力して、限られた時間内にミッションを達成するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

現代・過去・未来を行き来して、歪みを正すというのがテーマ。
明日発表のドイツ年間ゲーム大賞のエキスパートにノミネートしていて、BGGで8点台ということで気にはなっていました。
プレイヤーはその時間にいる人を借りて謎を解いていく形。
ロケーション別にカードセットがあるので、移動するたびにカードセットを入れ替えていく形。
基本的にはロケーションの調査を繰り返していきます。
見たいカードのスペースに自分のコマを移動させ、カードを見て処理する形。
所謂ゴールへ向かって、時にちょっとひねくれたヒントを集めて進み、制限時間内に機関へ戻ります。
続きを読む

3

・ブラック・フリート
 Black Fleet(Space Cowboys:2014)


ブラックフリート

自分の商船と海賊船を使ってお金を集め、勝利カードを購入するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

広いボードは海と島。
軍艦2隻の他に、各プレイヤーの商船と海賊船が置かれています。
ゲームは、自分の商船で品物を運んでダブロンを得たり、海賊船で他の船を襲って島に品物を埋めてダブロンを集めていきます。
集めたダブロンで改良カードを順番に表向きにしていき、カードの効果を上手く使いながら、最終的には勝利カードを購入するのが目的。
今回は長いゲームを楽しむ選択ルールで、最終的に20の勝利カードを購入するのが目的です。
手番がきたら、航海カードを1枚プレイ。
各船をカードに従って移動させたら、手番の終了処理をして、手番終了。
この他に運命カードがあり、手番中何枚でも使用可。
ルールはシンプルでわかりやすい分、細かい効果はカードに書かれています。
海賊がテーマだと直接攻撃が多いので、どうかな?程度の期待でゲームスタート。

続きを読む

4

・宝石の煌き
 Splendor(Space Cowboys:2014)


宝石の煌き

宝石を集めて威信ポイントを集めるゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

宝石トークンがポーカーチップっぽくて、ずしっときます。
この宝石トークンを入手して、場に並んでいる発展カードを購入していきます。
発展カードにはランクが3つあり、上位にいくほど必要とする宝石の数が多くなります。
もちろん、手持ちの宝石では絶対に足りないのです。
そのかわり、発展カードには宝石が描かれていて、入手するときにその分値引きされる形で入手可能に。
上位の発展カードになると威信点が書かれていて、これを15点集めるのが目的です。
人数別に使う宝石チップの数が違い、今回は2人プレイなので各色4枚ずつ。
手番で出来ることは、違う色1枚ずつの宝石トークンを3つ入手する、同じ色の宝石トークンを2つ入手する、発展カードを確保してオールマイティの宝石トークンを入手する、場に並んでいる発展カードか確保した発展カードを購入するの4種類。
この中から1つだけを実行します。
スタートプレイヤーを決めたら、早速ゲームスタートです。

続きを読む

このページのトップヘ