ふうかのボードゲーム日記

タグ:Schmidt

4

・バンパイアクイーン
 Vampire Queen(Schmidt:2016)


バンパイアクイーン

手札を出来るだけ早くなくし、マイナス点を最小限にするゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

今回は3人プレイなので手札は13枚。
手番がきたら、カードを出すかパスをするか。
カードを出す時には決まりがあり、自分の前の人より大きい数字を同じ枚数出すか、パスをします。
もっとも高い数字のカードを出したプレイヤーが、次ラウンドのスタートプレイヤーになります。
全員が手番を終えたらラウンド終了。
このゲームの肝は、ゲーム開始時に配られている2枚のカードで、15と20のバンパイアハンターです。
この2枚は、自分がスタートプレイヤーの時にしか出せません。
誰かが13枚出しきったら1セット終了で、得点計算です。
手札に残ったカードの数字をすべて合計した数字をマイナス点としてメモします。
5セット終了後、ゲーム終了となり、もっともマイナス点の少ない人が勝者となります。

続きを読む

3

・ドリームアイランド
 Dream Islands(Schmidt:2016)


ドリームアイランド

旅行ガイドとなり、旅行者の目的を達成して得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

大きなボードはドリームアイランド(らしい)。
飛行機のイラストと小さな島々が描かれています。
各プレイヤーは、自分の色の目的カードセット、プレイヤーボード、旅行者と貝のコマを持ちます。
目的カードを裏向きでシャッフルして山にし、3枚引いて手札にします。
手番がきたら、プレイヤーボードの数字に貝を置いて移動歩数を決め、旅行者を移動させます。
次に目的カードを達成していれば、達成したカードを捨て札にします。
最後に手札が3枚になるように、自分のカード山から補充したら手番終了です。
これを繰り返していき、誰かがすべての目的カードを達成するか、中央の島に合計6個の旅行者が置かれたらゲーム終了。
達成したカードと中央の島に書かれている得点、ボーナスを合計し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ドッグカードゲーム
 DOG Cards(Schmidt:2014)


ドッグカードゲーム

カードを昇順になるよう並べていくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

4人だとチーム戦でも遊べるこのゲーム、2人だと個人戦のみ。
自分の前にカード列を2列つくるのが目的です。
ただしカードは左から右への昇順のみで置くことが出来て、スタートはスタートカードで始めます。
手番がきたら、手札からカードを自分の列に置く、場にあるカードを買う、特殊カードとしてカードをプレイする、ワイルドカードを数字に入れ替える、手札を捨てて山札から引く、の中から1つを実行するだけ。
列は2列同時進行でつくれます。
最後の14を置いたら列が完成し、14のカードだけ残して他は捨て札にします。
誰かが2列完成させたら、その人の勝利でゲーム終了です。

続きを読む

3

・コーンウォール
 Cornwall(Schmidt:2015)


コーンウォール

土地を確保して得点を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

中央に置くのはスタート地となるタイル。
各プレイヤーは、自分色のコマとコイン1枚を持ちます。
手番がきたら、まず裏向きで山になっているタイルを1枚めくり配置します。
3つの土地が1つになったタイルで、置くには条件があります。
タイルを配置したら、任意で自分のコマを今置いたタイルの上に置けます。
得点計算が発生した場合は、即座に得点を獲得して手番は終了です。
これを繰り返し、すべてのタイルが置かれたらゲーム終了。
得点計算されていない、すべてのエリアで得点を計算。
さらに残った手持ちコイン1枚につき1点を加算し、最も得点の高いプレイヤーが勝者となります。

続きを読む

3

・クラウン
 Crowns(Schmidt:2014)


クラウン

ダイスを振って、出た目に従い自分のボードをチップで埋め、得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各自持つのは数字と得点が描かれたボード。
1から6までとダイス目通りになっていて、ビンゴのように縦横斜めを揃えると得点になります。
6だけは特別で、個数を集めて自分のチップを置くだけで、直接得点になります。
手番がきたら、ダイス6個を振ります。
出た目以下の数字として使えるので、例えば6が出たら6以下の数字として使うことも可能。
複数個あったら、出た目のその個数のところにチップを置きます。
ダイスをすべて使う必要はありません。
これを繰り返し、ボード上にすべてのチップを置いた人がいたら、そのラウンドを最後までやりゲーム終了。
出来上がった縦横斜め、6での得点を加算し、得点の一番高い人が勝者となります。

続きを読む

3

・バッドバニー
 Bad Bunnies(Schmidt:2015)


バッドバニー

指定通りにカードを出していき、手札をなくして得点を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

最初に配られる手札は7枚。
手番がきたら、手札から1枚カードを出します。
この時、次の人がどんな数字のカードを出すのか、「大きい」「小さい」と言い指定します。
次の人は、今出ているカードより「大きい」か「小さい」カードを手札から出します。
指定のカードを出せない、もしくは出したくなかったら、即脱落。
残っている手札を裏向きにして、自分の前に置きます。
出ている数字と同じ数字を「ダブルジャンプ」と宣言して出すことも可能。
ダブルジャンプで回ってきた人は、同じ数字のカードを出さなければいけなくなります。
1と7はジョーカーで、どちらもどんな数字が場に出ていも出すことが出来ます。
ただし、1はダブルジャンプが出来るけれど7は出来ない。
1は「大きい」「小さい」の指定は出来ないけれど、7は指定することが出来ます。
1人を除き全員脱落したらラウンド終了。
出されたカード枚数が、最後に残っていた人の得点になります。
残った手札は持ち越し、再び7枚になるように補充したら次ラウンドへ。
これを繰り返し、誰かが60点に到達したら、その人の勝利でゲーム終了です。

続きを読む

3

・トゥラガックス
 TrakkX(Schmidt:2014)


トゥラガックス

タイルを決められた通りに並べ、手持ちのタイルをすべて置ききるのが目的のゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

カラフルなタイルには数字とマークが書かれています。
ゲームスタート時、各プレイヤーは15枚のタイルを持っています。
手番がきたら、手持ちタイルを場に出していくだけ。
場に出ているタイルは、自由に組み替えが出来ます。
出せないもしくは出したくない場合、場か袋からタイルを1枚引きます。
タイルを置くにはルールがあり、最低3枚からなるセットかシーケンスになることが基本です。
セットは同じ数字で違う色、シーケンスは同じ色で連続した数字です。
セットとシークエンスがつながったグループという概念があり、プレイ人数によってつくれるグループの数が決まっています。
今回は2人プレイなので3グループまでです。

続きを読む

このページのトップヘ