ふうかのボードゲーム日記

タグ:Schmidt

3

・霧に隠れた島
 Die Inseln im Nebel(Schmidt:2019)


霧に隠れた島

風を使って島を探り、地形を並べて島の中央とつなぎ、得点を獲得するボードゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

複数のモジュールを加えることで、難易度調整が出来るゲーム。
まずはタイルを並べていくための自分用ボードを持ちます。
全員の手が届くところに並ぶ雲は、各ラウンドでタイルを置くもの。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドでは6つのことを順に解決していきます。
袋からタイルを引いて雲に並べ、ダイスを振って風向きやエネルギーの獲得を決定。
全員自分の気球を移動させ、スタートプレイヤーから順にタイルを選んで取ります。
取ったタイルを自分用ボードに配置したら、全員の気球の場所を確認し、次のスタートプレイヤーを決めます。
タイルを配置した時、終了条件を満たしているプレイヤーがいたらゲーム終了へ。
そのラウンドを最後までやり、得点計算をします。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ハイロー
 HiLo(Schmidt:2019)


ハイロー

自分のカードを列で色を揃えて、カードを減らしていくゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

すべてのカードを裏向きでよく混ぜて、各プレイヤーに9枚ずつ配り、残ったカードは裏向きのまま山札にしておきます。
配られたカードは裏返しのまま、自分の前に3x3に並べて好きな2枚をめくります。
手番で出来ることは2つのうち1つ。
捨て札から1枚取って自分の場のカードと交換する、もしくは山札からカードを取って、カードを見てから交換するか、引いたカードをそのまま捨て札にするか選びます。
これを繰り返していき、縦横斜めいずれかの列に同じ色が3枚揃ったら直ちに捨て札へ。
残ったカードを縦もしくは横にずらして、カードが隙間なく並ぶようにします。
誰かの手番で、場のカードがすべて表向きになっているか、場のカードがすべてなくなっていたら、他の人たちが1回ずつ手番をやってラウンド終了。
場の残ったカードの数字を合計してメモします。
そして次のラウンドへ。
誰かの合計が100ポイント以上になったらゲーム終了。
もっともポイントの少ない人が勝者になります。

続きを読む

3

・オーバーロード
 Overload(Schmidt:2019)


オーバーロード

自分のコマに出来るだけ多くのディスクを持たせ、ゴールすることで得点を獲得していくゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・怪獣くん・トド吉・私の5人でプレイ。

プレイ人数に合わせたボードをテーブル中央に置きます。
各プレイヤーは自分の色を選び、対応するコマをスタート位置に置きます。
スタートプレイヤーを決め、順番に手番を行っていきます。
手番がきたらダイスを振り、出た目の数だけコマを1個動かします。
スタート地点にコマがある場合、まずはそのコマを動かさなければならず、スタートの時にだけストックからディスクを取って差すことが出来ます。
他のコマを追い越したら、ストックからディスクを1つ取り、追い越されたコマに差します。
止まったマスに他のコマがいたら、ディスクのやりとりが出来ます。
各コマが持てるディスクは最大8つまでなので、超えた場合は過積載となり、ディスクをストックに戻し、コマをスタートに戻します。
ゴールに到達したら、持っているディスクの分だけ得点を獲得し、ディスクをストックに戻してコマをスタートに戻します。
そして次の人の手番へ。
これを繰り返し、誰かが規定得点に到達したら、その人が勝者となりゲーム終了です。

続きを読む

3

・禁断の空
 Forbidden Sky(Gamewright:2018)


禁断の空

全員で協力し、ロケットを打ち上げるボードゲーム『禁断の空』です。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

スタートグリッドを組み立て、テーブル中央に置きます。
ロケットの部品等は、テーブル上にまとめて置いておきます。
各プレイヤーは冒険者1人を受け取り、体力とロープのメーターにクリップをつけます。
基盤タイルを裏向きでよく混ぜて山札にし、各プレイヤーに最初のタイルを配ります。
スタートプレイヤーから順に、手番をおこなっていきます。
手番がきたら、4種類のアクションから任意の組み合わせで最大4回のアクションを行います。
次に嵐カードを引き、カードに従って嵐メーターを動かします。
そして次の人の手番へ。
これを繰り返し、設計図に描かれたすべての部品を回路中に組み込み、全員が発射台に揃っていたら勝利。
感電死・落下・吹き飛ばされる・置き去りの場合は敗北です。

続きを読む

3

・ブリックス
 Brikks(Schmidt)


ブリックス

落ちてくるブロックを紙に書きこんでいくゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

各プレイヤーは、シートを2枚とペン、チップを受け取ります。
1枚は表面にして、プレイヤーがブロックを書きこむ面。
もう1枚は裏面を向け、ブロックチャートとして使います。
手番がきたらダイス2個を振ります。
振り直しは1回だけ、両方のダイスを振り直すことが出来ます。
決定した色と数字でブロックが決定し、チップを置いてブロックチャートをマークします。
全員が同じブロックをシートに書きこみ、次の人の手番へ。
書きこみたくない場合は、爆弾を使うことでブロックを使用しないことが出来ます。
これを繰り返し、ブロックを書くことが出来なくなったら脱落。
全員が脱落したらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ビンゴリノ
 Bingolino(Schmidt:2018)


ビンゴリノ

ダイスを振って出目を選び、自分の数字タイルを裏返していくゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

各プレイヤーは、裏向きでよく混ぜたタイルから16枚選び、自分の前に4×4で並べます。
スタートプレイヤーから順に手番を行っていきます。
手番がきたら、ダイスを何個振るのか決めます。
決めたダイスすべてを振り、すべての出目を合計して宣言。
宣言した数字のタイルが表向きになっている人は、裏返します。
手番プレイヤーだけは、ダイスを1個減らした合計で裏返すことが出来ます。
ただし、手番プレイヤーだけは、裏返せなかった場合、すでに裏返したタイルを1枚選び表にします。
そして次のプレイヤーの手番へ。
縦横斜め1列が裏返しになったら「ビンゴリノ!」と宣言して、星チップを列の端に置きます。
誰かが星チップ4枚を置くことが出来たら、そのプレイヤーの勝利でゲーム終了です。

続きを読む

4

・クアックサルバー クアドリンブルクの治療師たち
 Die Quacksalber von Quedlinburg(Schmidt:2018)
2018年ドイツ年間エキスパート大賞


クアックサルバー

袋から薬材を引いて鍋に投入し、爆発しないようにより良い飲み薬をつくるゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは自分の鍋と袋を受け取り、最初の薬材を袋に入れます。
テーブル中央にボードを広げ、幸運カードをよく混ぜて裏向きの山にします。
ゲームは9ラウンド。
各ラウンドは、スタートプレイヤーが幸運カードを1枚表にするフェイズから始まります。
次に得点トップのプレイヤーとの差分で、薬材を置く位置が変わるネズミフェイズ。
そして、メインとなる袋から薬材を引いていくメインフェイズ。
最後にそれぞれの得点を計算する、得点フェイズがあります。
スタートプレイヤーを次の人に移し、幸運カードの山札を渡して次ラウンドへ。
9ラウンド終了後、もっとも得点の高いプレイヤーが勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ