ふうかのボードゲーム日記

タグ:Schmidt

3

・ハリネズミのかけっこ
 Das kunterbunte Igelrennen(Schmidt:2017)


ハリネズミのかけっこ

木の実を集めてゴールへ運ぶレースゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

大きなボードにはマス目が描かれ、木には木の実を差し込みます。
各プレイヤーは自分のハリネズミを選び、スタートに置きます。
ゲームはとても簡単で、手番がきたらダイスを振り、出目に従ってハリネズミを動かします。
色の目はその色の木の実を背中に差し込み、その色の木の実を持っている数だけハリネズミを前進させます。
該当の色が木になければ、他のハリネズミから奪うことが出来ます。
花はこの手番が休みで、ハリネズミは1つ前のハリネズミと同じマスまで進みます。
これを繰り返していき、先にゴールした人が勝者になります。
上級ルールでは、花の目は任意の木の実を取れるようになります。

続きを読む

3

・ドッペルX
 Doppel X(Schmidt:2017)


ドッペルX

ダイスを箱に投げ込んで、得点を獲得していくゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

箱の底部をテーブル中央に置き、部品をセットします。
各プレイヤーは自分のダイスを1個選び、合図と共に全員一斉にダイスを箱の中に投げ入れてからゲームを始めます。
ダイスは立ち上がって投げ入れるのがルールで、ダイスの投げ方も決まっています。
ダイスが手元にあるプレイヤーは、手番プレイヤーがダイスを振り入れる前に賭けることが出来ます。
手番のプレイヤーは、自分のダイスと白ダイスを同時に、箱の中へ振り入れます。
ぶつかる等で穴に落ちたダイスは持ち主に戻し、そして得点計算をして得点チップを獲得。
この時、プレイエリア上にダイスが残っている持ち主は、全員得点を獲得します。
そして次のプレイヤーの手番に。
これを繰り返し、誰かが規定ポイントに到達したら、その人の勝利でゲームが終了します。

続きを読む

4

・ブードゥープリンス
 Voodoo Prince(Schmidt:2017)


ブードゥープリンス

タイミング良く決められた数のトリックを取り、得点を獲得していくカードゲームです。
5人でプレイ。

カードを裏向きでよく混ぜ、各プレイヤーにプレイ人数に応じた手札を配ります。
切り札用のカードをよく混ぜ、めくった1枚が今回の切り札になります。
ゲームは所謂トリックテイクで、スタートプレイヤーから順に手札から1枚出します。
マストフォローなので、最初に出された色と同じ色を出さなければなりませんが、出せない場合は任意の色を出すことが出来ます。
全員出したら、もっとも高い数字もしくは切り札を出した人が出されたカードをすべて獲得し、裏向きの山にして、自分の手元に置きます。
トリックを獲得した人が次のリードプレイヤーとなります。
これを繰り返し、規定のトリックを獲得したらラウンドから抜けますが、自分以外の人が獲得しているトリックの数が自分の得点になります。
残った人でゲームを続け、残っているのが1人になったらラウンド終了。
最後の人は、自分のトリック獲得数が得点になります。
再び手札を配り直し、次のラウンドへ。
5ラウンド終了時にゲームも終了し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ガンシュンクレバー
 Ganz schon clever(Schmidt:2018)


ガンシュンクレバー

ダイスを使って自分のシートにチェックを入れていき、得点を獲得するゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

各プレイヤーは、自分用のシートを受け取ります。
シートはダイスの色と連動していますが、白ダイスはオールマイティ。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドの始めに、全プレイヤーにボーナスが入ります。
手番がきたら、6個のダイスを振り、出目を1つ選ぶだけ。
選んだダイスは、自分のシートにあるダイス置き場に置き、該当する個所にチェックを入れます。
続いて、残りのダイスを振ります。
この時、選んだ数字より小さい数字のダイスは、すべてトレイに置きます。
他のプレイヤーは、トレイに置かれたダイスから1個を選び、それぞれのシートにチェックを入れます。
3つのダイスを選んでシートに記入したら、手番は終了で次の人の手番に。
プレイ人数に応じたラウンド終了後、ゲームも終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・畑に水
 Chill & Chili(Schmidt:2017)


畑に水

自分の畑に野菜を植えて、得点を獲得するゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

ゲームの下箱に池を置き、市場ボードの上に置きます。
市場ボードの横に野菜カードを並べて、市場をつくります。
各プレイヤーは、カードを5枚とコインを4枚受け取り、ゲームスタート。
手番がきたら、最初に水チップを池に1個入れます。
水チップは裏面がコインになっている両面仕様。
そして、アクションから1つ選んで実行します。
出来るアクションは、市場からカードを購入する・野菜を植えるか、設備を配置する・池からチップを取るの3種類。
また、手番中に1回だけ、コインを支払うことで市場のカードを1列入れ替えることが可能です。
これを繰り返し、最後のチップが池に入れられたら、その人の手番終了時にゲームも終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・111
 MyRummy 111(Schmidt Spiele:2017)


111

手札を昇順に並び替えるカードゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

ゲーム開始時、各プレイヤーには12枚のカードが配られます。
残ったカードは場に3枚を裏向きで並べ、残りは裏向きのまま山札にします。
受け取ったカードは並び替えず、そのまま扇状に広げて持ったらゲームスタート。
手番がきたら、場からカードを1枚取り、手札の任意の場所に入れます。
次に、今入れたカードの左右どちらかのカードを1枚、場のカードを引いた場所に表向きで出します。
これを繰り返し、誰かが持っているカードすべてが昇順、もしくは降順に並んだらラウンド終了。
カードに描かれれているジョーカーマークの数を得点としてメモします。
そして次のラウンドへ進み、誰かが60点に到達したらゲーム終了。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・アンコール
 Noch mal! (Schmidt:2016)


アンコール

ダイスを組み合わせて、出来るだけ早く自分のプレイシートにチェックをいれていくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、自分用のシートを受け取ります。
シートの横列にはアルファベットが書かれていて、各マスは5色のいずれかで塗られています。
スタートプレイヤーから順に、手番を繰り返していきます。
手番がきたら、カラーダイスと数字ダイスを振ります。
カラーダイスと数字ダイスを1個ずつ選び、すでにチェックがあるもしくはスタート列で該当するマスにチェックを入れます。
他のプレイヤーは、残りのカラーダイスと数字ダイスの中から1組選び、自分のチェックシートに記入することが出来ます。
いずれの場合もパスすることが出来ますが、手番の人がパスをしたら、他プレイヤーはダイス6個から組み合わせを選ぶことが出来ます。
縦列すべてを埋めたら、最初にその列を埋めたプレイヤーは上側の数字に丸をし、他の人は横線を入れます。
以降、後から列を完成させた人は、下側の数字に丸を入れます。
色についても同じ。
これを繰り返し、誰かが2つの色のボーナスにチェックがついたらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ