ふうかのボードゲーム日記

タグ:Ravensburger

3

・悪魔の針
 Stichling(Ravensburger:2015)


悪魔の針

4トリック同時進行で、自分で取る数を調整しながら得点を獲得していくカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

トリックテイクですが、あくまで自分が決めた目標の数のトリックを取っていくのが目的です。
最初に3セットの得点カードを受け取ります。
3枚1組になっていて、任意の順番で裏向きに自分の前に並べます。
1トリック取ったら左側の得点カードをオープンにし、もう1トリック取ったら中央の得点カードをオープンにして左は裏向きに戻すという感じです。
カードを出していく場は4カ所まで。
通常のマストフォローと違うのは、手札に同じ色があったとしても、出すのは強制ではありません。
ただし出すと決めたカードがすでに出ていて、さらに4カ所とも埋まっていたら、色をフォローする形で同じ色の山にのせます。
この時、その山で自分が一番強いカードを出していたら、自分のマーカーを置きます。
1つの山にカードが4枚出たら判定し、マーカー主がトリックを取って得点します。
手札12枚を使いきったら、1セット終了。
得点カードを次のセット用に入れ替えます。
3セット終わったらゲーム終了で、表を向いている得点カードの数字を足し、得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ドラゴンの宝石
 Drachenhort(Ravensburger:2015)


ドラゴンの宝石

自分がどの冒険者を応援しているか秘密にし、ドラゴンの宝物庫にいる冒険者たちを脱出させるゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

大きなボードはドラゴンの宝物庫。
両面仕様になっていて、まずは表面で脱出を競い、次に裏面で脱出を競い、両方で獲得した得点が応援しているプレイヤーの得点として入ってきます。
手番がきたらダイスを振り、明るい部屋にいる冒険者を移動させます。
移動が終わったら、冒険者は部屋の暗いところへ入ります。
ダイス目の2だけは、どの冒険者を移動させても構いません。
逆に言えば、暗いところにいる冒険者は2じゃないと動けません。
冒険者すべてが暗いところへ入るとラウンド終了で、まずすべての冒険者を明るいほうに移動します。
そして、ドラゴンが動きます。
ドラゴンは常に5部屋分移動しますが、途中で冒険者を捕まえると、そこで止まります。
捕まった冒険者は脱落となり、捕まった順に1からチップを置いていきます。
冒険者1人が宝物庫から脱出するか、宝物庫に残っている冒険者が1人になったら終了。
ボードを裏返して、次の脱出を始めます。
2回の脱出が終わったらゲーム終了で、自分が応援していた冒険者に乗せられたチップの合計に持っている宝石の得点を加え、一番得点の高かった人が勝者になります。

続きを読む

3

・フィアスコ
 Fiasko(Ravensburger:1997)


フィアスコ

スーパーの商品を集めて得点計算をし、より高い得点を獲得していくカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

カードには、商品5種類と商品を崩してしまう「どんがらがっしゃん」、他の人が崩すのを喜ぶ「ざまみろ」があります。
手番がきたら、出来ることは2つのうち1つ。
カードを山札から引いて手札に加えるか、手札を使って得点計算をするか。
山札からカードを引いた時、それがどんがらがっしゃんだったら、手札はすべて捨て札になります。
ざまみろだったら、他のすべてのプレイヤーは手札を捨て札にします。
得点計算は、自分のタイミングで行います。
手札すべてを出し、得点計算する商品の名前を宣言して数字を合計します。
商品の数字の合計に手札すべての枚数を乗算したものが得点として計上されます。
1つの商品につき一度しか得点計算が出来ません。
これを繰り返し、誰かが5種類すべての得点計算をしたらゲーム終了。
ボーナス点を計算し、得点の一番高い人が勝者となります。

続きを読む

3

・ごきぶりループ
 Kakerlaloop(Ravensburger:2015)


ごきぶりループ

ごきぶりの縄張りである裏庭を横断して、自分のカブトムシ全てをゴールさせるゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

動くゴキブリと言えば「ごきぶりキッチン」。
今度のゴキブリは排気口ループを通って裏庭へ出てきて、カブトムシたちを邪魔してきます。
メインはあくまでカブトムシのレース。
手番になったらダイスを振って、出た目の数だけカブトムシを1匹進ませます。
途中で排気口からゴキブリが出てきたら、一旦停止。
ゴキブリは好き勝手に動き回って、排気口へ帰っていきます。
そしたら再開。
マスに接しているカブトムシはそのマスに、マスから出されてしまったカブトムシはスタートに戻します。
これを繰り返し、自分のカブトムシ3匹をゴールさせた人が勝者となります。

続きを読む

3

・オロンゴ
 Orongo(Ravensburger:2014)


オロンゴ

イースター島の海岸線に、いち早くモアイをたてるゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

広いボードはイースター島。
細かくマスが敷き詰められていて、資源やヤシの木が描かれています。
各プレイヤーは、衝立、貝殻、チップ、モアイを持ちます。
毎ラウンド、資源が描かれているマスを競りで入手し、自分のチップを置きます。
入札はお金ではなく貝殻。
一番高値で競り落としたら3枚のチップが置け、2番目なら2枚、0握りをした場合、使われてボード上に置かれた貝殻が手に入ります。
これを繰り返して、モアイ7体たてるのが目的。
たてるのに必要な資源は、衝立に描かれていて、さらに使う資源分の貝殻も必要とします。
モアイは海岸沿いのヤシの木マスにしかたてられません。
さらに、自分のチップが置かれた繋がっているグループ内に、資源と海岸のヤシの木がなければいけないのです。
自分が持っている6体のモアイをすべてたて、最後にボード上に置かれている「大モアイ」をたてた人が勝者になります。
また、配置する資源チップがなくなってもゲーム終了となり、その場合は持っている残りモアイが一番少ない人が勝者になります。

続きを読む

3

・スフィンクス
 Sphinx(Ravensburger:1999)


スフィンクス

財宝の部屋までたとりつき、3体のスフィンクスの獲得を目指すゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

基本的にはダイスを3個振り、出た目の数だけ自分のコマを進めていくゲームです。
中央には3体のスフィンクスが置かれていて、これを最初に獲得した人が勝者になります。
獲得するのに必要なものは、同じ色のスフィンクスカード。
ただし、何色のスフィンクスなのかわかりません。
ボード上を進んでいくと、スフィンクスの区画があり、そこを通過することで該当する色のカードがもらえます。
そしてミイラの区画。
ここを通過すると、1手番中に一度だけ、中央に置かれているスフィンクスが何色なのか確認出来ます。
自分だけこっそり見て、該当するカードを集めていくのです。
ただし、ダイス目の2匹のヘビが出た場合、中央のスフィンクス1体とボード横に置かれたスフィンクスを取り替えるので、覚えていた色とかわってしまう場合もあります。
秘密のドアの上で移動が終わると、ドアが回転して反対側へ行くことが出来るので、これも上手く活用していきます。

続きを読む

3

・メイクンブレイク サーカス
 Make 'n' Break Circus(Ravensburger:2014)


メイクンブレイクサーカス

ブロックと動物コマを使って、課題を成功させていくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

メイクンブレイクも色々種類があるけれど、今度はサーカスの猛獣使い。
木のコマの他に、トラとヒョウがいます。
4人まで遊べますが、基本的に対戦型なので、コマなどは2人分。
参加していない人は、カードをめくる係です。
ゲームは、まずカードがめくられます。
次に「はじめ!」という号令と共に、2人の猛獣使いがカード通りにコマや猛獣を積んでいきます。
出来上がったら、中央に置かれているエサコマを掴み取ります。
課題通りに出来ていれば、カードに書かれている数字が得点として入ります。
間違えていた場合は、相手の得点になります。
規定のラウンド数終了後、得点のより多い人が勝者になります。
今回は2人プレイなので、5ラウンド勝負です。

続きを読む

このページのトップヘ