ふうかのボードゲーム日記

タグ:Ravensburger

3

・クーハンデル
 Kuhhandel(Ravensburgr:1985)


クーハンデル

オークションと取引で、同種類の家畜を4枚集めるゲームです。
鬚さん・トド吉・侍・私の4人でプレイ。

家畜カードをすべて裏向きでよく混ぜ、山札にしておきます。
各プレイヤーは、マネーカードを受け取ります。
手番がきたら、オークションをするか、誰かと直接取引するか選びます。
オークションをする場合、山札から家畜カードを1枚めくってオークションをはじめます。
手番の人以外が上げ競りで行い、誰からも入札がなかったら締め切ります。
まずは手番プレイヤーに購入権利が発生します。
手番プレイヤーが購入しないなら、最高値をつけた人が手番プレイヤーに提示した金額を支払って入手します。
入手した家畜カードは、自分の前に表向きで並べておきます。
直接取引は、同じ家畜を持っている誰か1人を選んで指名し、買い取る金額を決めて裏向きでマネーカードを提示します。
指名された人は、受け入れてマネーカードを受け取るか、金額を裏向きで提示して逆にカードを買い取る反撃が選べます。
そして次の人の手番に。
これを繰り返し、山札がなくなると直接取引のみになり、すべての家畜カードが4枚組になったらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者となります。

続きを読む

3

・コロンブス
 Columbus(Ravensburger:1991)


コロンブス

自分の帆船で大西洋を横断し、アメリカ大陸を発見して戻ってくるゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

大きなボードは大西洋。
両端にはスタートとなるヨーロッパ大陸と反対側にはアメリカ大陸。
大西洋の中央付近には、コロンブスが通ったとされる航路が描かれています。
各プレイヤーは自分の色を決め、帆船をスタート位置に置き、タイルを10枚受け取ります。
手番がきたら、ボードにタイルを3枚置き、帆船を進め、最後に手持ちタイルが10枚になるように補充します。
タイルは置ける場所が決められています。
帆船は、置かれているタイルの上を進むことが出来るので、隣接にタイルがなければ進めません。
また、進める移動数は、今いるタイルによって決まっています。
沈没船に囲まれた帆船は全面封鎖となり、取り除けない場合は3回休みに。
アメリカ大陸に到着したら帆船の向きを変え、ヨーロッパを目指しますが、ルールが若干変わります。
誰かがヨーロッパに到着したら、その人の勝利。
残りのプレイヤーは、順位を決めるためにゲームを続けます。

続きを読む

3

・エルドラド
 Wettlauf nach El Dorado(Ravensburger:2017)


エルドラド

探検隊の一員となり、黄金の都市エルドラドを目指すゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

タイルを並べてコースをつくります。
各プレイヤーは自分の色を決め、コマと探検ボード、スタートカードセットを受け取ります。
このゲームは所謂デッキ構築型なので、まずはカードをシャッフルして裏向きの山をつくり、ボードの左端にセットします。
そこから4枚引き、最初の手札とします。
ゲームの目的は、ゴールであるエルドラドへ到着すること。
手番がきたら、まずはカードをプレイします。
自分の探検隊コマを進ませるには、対応した土地のカードが必要です。
新しいカードを1枚購入することも出来ます。
次は使ったカードをすべて、自分の探検ボードの右端に捨て札として置きます。
最後に、手札が4枚になるよう自分の山札から補充したら、手番終了で次の人の手番に。
これを繰り返し、誰かがエルドラドへ到着したら、そのラウンドが最終ラウンド。
まだ手番が残っている人が順に手番をやり、ラウンドが終わればゲーム終了。
エルドラドに到着したプレイヤーが勝者になります。

続きを読む

3

・クレージーレース
 Crazy Race(Ravensburger:2017)


クレージーレース

夜の動物園を舞台に、動物たちのレースで勝つのを目指すゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

大きなカラフルなボードはレースのコースで、各マスの色はダイスと連動しています。
ドライバーはライオンで、ステージごとに動物を使ってレースカーを進めていきます。
ゲームは5ステージで、各ステージはいくつかのラウンドからなります。
ゲーム開始時のステージでは、カートを引くのは全員ロバ。
先頭のプレイヤーがスタートプレイヤーになり、手番を開始します。
手番では、どこまで進むか宣言し、進もうとするマスすべてに対応するダイスを振ります。
ダイスの合計値が、自分の動物カードの上限を超えていなければレースカーを進めます。
もし上限を超えていたら失敗で、1マスだけ進めます。
全員が進んだらラウンド終了で、再びスタートプレイヤーの宣言からはじめます。
コース上のヤシの木を誰かが越えたら、そのラウンドでステージが終了します。
ステージ終了時、最後尾の人から順に、次のステージで使う動物を選びます。
これを繰り返し、5ステージ終了時に、ボーナスポイントの分レースカーを進めたらゲーム終了。
もっとも進んでいる人が勝者になります。

続きを読む

3

・ペンギン・パイルアップ
 Penguin Pile-Up(Ravensburger:1996)


image1589

自分のペンギンを氷山に置ききるゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

箱を使って氷山を組み立てます。
全員が同じ数になるよう、ペンギンを配ります。
手番がきたら、1羽のペンギンを氷山に置くだけ。
もしペンギンを落としたり、置いた直後に落ちてしまったら、落ちたペンギンを引き取ります。
これを繰り返し、持っているペンギンをすべて氷山に置ききったプレイヤーが勝者となり、ゲームは終了します。

続きを読む

3

・ジャングル競走
 Dschungelrennen(Ravensburger:1989)


ジャングル競争

自分の動物にジャングルを駆け抜けさせ、表彰台を狙うゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

大きなボードのスタート位置と反対側には表彰台。
表彰台は動物ごとに準備されています。
各プレイヤーは、5種類の動物を動かしていきます。
手番がきたらダイスを振り、出た目に従って自分の動物を前進させるだけ。
サイコロの目は分割可能。
花のマスにちょうどで入ったら、指示に従います。
ゴールした順で表彰台に移動させていき、すべての動物の1位が埋まったらゲーム終了。
得点を合計し、もっとも得点の高かった人が勝者になります。

続きを読む

3

・深海の秘宝
 Geheimnis am Riff(Ravensburger:1991)


深海の秘宝

ダイバーとなり海に潜って宝箱を回収し、得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

大きなボード上部には、プレイヤーたちが乗ってきたであろう船、海中には2頭のイルカがいます。
プレイヤーは船から海中に潜っていきますが、船はボード左端に向かって移動していきます。
手番がきたら、ボードについている舵を回し、出た数字と持っている酸素ボンベの合計数、自分のダイバーを進めることが出来ます。
酸素ボンベを使うかわりに、イルカカードを使ってイルカを動かすことも出来ます。
使った酸素ボンベは裏向きにし、持っているボンベを使い果たす前に、船へ戻らなければなりません。
海中で酸素が切れた場合、宝箱を持っていれば海中に落とし、ダイバーは船に戻されます。
宝箱を船に持ち帰える、もしくは酸素切れで船に戻ると、使った酸素ボンベを表向きにし、再び使用することが出来ます。
手番で舵を回す前に、自分から潜水を中止して船に戻ることも出来ますが、持っていた宝箱はその場に落とします。
これを繰り返し、船が左端までくるとゲーム終了。
この時点でダイバーが宝箱を運んでいたら、一緒に引き上げることが出来ます。
獲得した宝箱に描かれた数字をポイントとして合計し、もっともポイントの高い人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ