ふうかのボードゲーム日記

タグ:RatherDashingGames

2

・海賊旗を揚げろ!
 X Marks the Spot(Rather Dashing Games:2011)


海賊旗をあげろ
配置していくカードを使い、自分の海賊旗でXをつくるゲームです。
トド吉・COQさん・侍・私の3人でプレイ。

まずはランダムで海賊旗を決めます。
自分の海賊旗が何なのか、他の人に知られないように注意。
といっても、カードの置き方でばれるし、最初の1個の金貨を置いた時までの秘密。
手番がきたら山札からカードを2枚引いて、6枚の中から選んで配置。もひとつ配置。
序盤はこんな感じの繰り返し。
カードには2つの海賊旗や幽霊船などもしくは特殊アクションが描かれています。
カードを置くか、手札を交換するか、金貨を置いてXを確定させるかの3種類から2回。
ほとんどはカードを置くことになります。
配置で使うカードには海賊旗の他にオールマイティの幽霊船、幽霊船か大砲でしか退かすことができないクラーケン、どんなタイルでも上にのせられる解放水域があります。
その他にアクションカードとして、大砲や配置されているカードと手札を交換する新航路、交渉、他のプレイヤー1人の手札を見てから強制的に交換するか捨て札から1枚拾う略奪があり、使ったらすぐ捨て札。

同じ海賊旗には同じ海賊旗をのせられるので、それを使って自分の海賊旗を上手くXになるように・・・意外と難しい。
オールマイティの幽霊船が強くて、誰かがXの中で使っても他の人も使えてしまうという、本当の意味でのオールマイティ。
(あと1枚上手くつなげられたらなぁ・・・あれ邪魔だな。大砲で飛ばしちゃえw)
そして自分の海賊旗をそっと配置。
ブラフかけようとごまかすぐらいなら、全力で自分のを揃えにいくほうが早い。

序盤は張り切って交渉したりしてやる気も充分w
略奪のカードがかなり強いというか、手に入れたカードを即使わなければいけないので、自分の手札に入ってくれればいい感じだけど、そうは上手くいかない。
中盤以降は会話も少なくなり、黙々とプレイする展開。
どんどんカードを配置していくので、手札の中が他の人の海賊旗でいっぱいになってくるので置きたくない。
お互いにお互いの海賊旗をにぎりつぶす感じ。
特殊なアクションカードも前半に使いきってしまうので、略奪も出来ないという。
段々と「誰か3つ目つくれよ」という空気になったようなw
そんな中、COQさんが3つ目のXをつくり勝利。
何ていうか、ひと味もふた味も足りないような感じのゲームでした。


・ゲームストアバネスト:海賊旗を揚げろ!

3

・レッド・ホット・シリィ・ペッパーズ
 Red Hot Silly Peppers(Rather Dashing Games:2011)


レッド・ホット・シリィ・ペッパーズ
サルサスピナーで決められた辛さのサルサボウルを作って、得点を獲得していくカードゲームです。
トド吉・COQさん・侍・私の4人でプレイ。

ゲーム開始時にサルサスピナーという名のルーレットを回して、作るサルサボウルの辛さを決めます。
示された数字±5の範囲内になるように、手札のカードを使ってサルサボウルを作ります。
手番がきたら、まず山札からカードを1枚補充して手札を5枚に。
そして、サルサスピナーの数値になるようにカードが出せれば作ります。
アクションカードも混ざっているので、アクションカードを使うのも可。
ただし、サルサボウルも作れず、アクションカードも持っていない状況で何もできない場合は、カードを1枚捨てて手番終了。
サルサボウルが作れたら、自分の前にカードを出します。
作れるのは最低2枚から。
作ったサルサボウルに対して、他のプレイヤーが挑戦することができます。
作られたカード枚数より1枚多く出せて±5以内の数値なら挑戦成功。
もちろん、さらに1枚多く出せて作れる人がいれば、そっちが挑戦の成功者となります。
最終的に挑戦の成功者は、場に出されているカードをすべて受け取ります。
手番の人の手札が5枚で他の人が4枚なので、最初から4枚で作れたら誰も挑戦できないわけですがw
挑戦したことで手札が減ってしまったら、即座に4枚まで補充できます。
これを繰り返していって、山札から最後のカードが引かれたら、最後に1回だけサルサボウルを作ってゲーム終了。
獲得した(サルサボウルを作った)カードが得点になります。

サルサスピナーが回転するのが、誰かがサルサボウルを作ったらかアクションカードで回さないと数値がかわりません。
高い数値のほうが楽かと思ったらそうでもなく。
低い数字なら、マイナスになるフルーツなどを使って調整がきくので楽だということに気付く。
なので、サルサスピナーが100を示していると・・・

「あ、無理。カード捨てて手番終了」
「いやいや。こっちも無理。アクションカード使ってカード交換する」
「えー・・・無理だよ」

思わぬ連鎖反応w
こういう時は、アクションカードの「サルサスピン」の登場が待たれます。
「サルサ交換」のアクションカードが人気で、指定した相手の手札を見た上で、好きな1枚と自分の1枚を交換できるので、無理だと思ってたサルサボウルが作れたり。
私には一度もまわってきませんでしたが・・・w
他の人が楽しそう(?)にカード交換してるのを見ていました。

ルール読んだ時はどうなんだろう?と思ったけれど、実際プレイしてみるといい感じ。
悩んでも考えても仕方ないので、どんどんサルサを作っていくので勢い大切。
想像以上に盛り上がりました。
勝ったのは、最初の手番で高い数値のサルサボウルを作った私。
取ったカード枚数勝負なので、出来れば枚数を使ってサルサボウルを作りたいところ。

3

・冒険者の宿繁盛記
 Four Taverns(Rather Dashing Games:2012)


冒険者の宿繁盛記
英雄や戦士を雇いクエストをクリアすることで名声点を獲得していくカードゲームです。
トド吉・COQさん・侍・私の4人でプレイ。

場には3つのクエストが常時出ています。
クエストには、必要とする戦士の種類、獲得できるゴールド、獲得できる名声点、特別クエストが描かれています。
ちなみに、中央にはテキストが書いてあるんですが、それの訳はついてません。
ルールはいたってシンプルで、手番でやることも少ないのですぐにプレイ開始です。
手番がきたらまずカードを2枚手札に加えます。
そして、カードをプレイしていきます。
プレイするというのは、挑戦するクエストに対して手札からカードを出すことです。
英雄を出すには1枚1ゴールド、戦士とモンクは1枚2ゴールド。
クエストで指定されている数値になるように出せれば、クエストをクリアして報酬をもらえます。
この他にアクションカードがあり、同じクエストに出ている他のパーティを自分のパーティに合流させてしまったり、すでに出されているカードをコピーしたり、破棄したり。
中でも、指定した人の手札を見てからカード交換をするというのが強力でした。
欲しいカードを強制的にもらって、自分のいらないカードを押し付けるわけですから。
しかも枚数は好きなだけ。

「よし。このクエストに挑戦だ!」
「じゃ、その報酬を半分いただく」
「このパーティの戦士を自分のパーティにいただく」
「えぇー!?」

さくさくと進みます。
特に自分の宿屋と同じマークが入ったクエストは名声が倍なので、それを横取りするのに必死。
せっかくクリアできる手札が揃っていても、挑戦させるゴールドが足りないとか。
簡単にクリアできるクエストは名声が低いとか、吟味してる余裕はなく。
とにかくクリアできそうならする、できなくても手札上限があるので手付けしておくの繰り返し。
そんな中、最後に自分の宿屋マークが描かれたクエストをクリアしたトド吉が、名声20点をこえて勝利。
さくさくと遊べるので、想像していたより楽しく遊べました。
地味な気もするし、手札交換できるカードがかなり強すぎる点を除けば。

でも問題はそこではなく・・・
このゲーム、箱が割と大きめです。バトルラインと比べてもこんな感じ。
箱の大きさ比較
もっと驚いたのは箱を開けた時。
箱の中身
「これはひどい!」
「写真撮らなきゃ!」
と、ゲーム開始前から違う意味で盛り上がりました。
ちなみに、底にあるのは金貨なので、抜いてしまえば小袋におさまってしまったという。
ゴーストフォーセール以来の衝撃。
あっちより箱の厚みがある分、衝撃はこっちのほうが大きかったかも。
家庭環境に優しくない見本ですw

このページのトップヘ