ふうかのボードゲーム日記

タグ:R&D

4

・キーパー
 Keyper(R&D Games:2017)


キーパー

4つの季節を通して自分の村や農場を発展させ、得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

2017年のキーシリーズ。
場には、プレイ人数と等しい数の地方ボード、袋からランダムに取り出したタイルを並べます。
各プレイヤーは、自分色のプレイヤーボード、キープタイル、自分色のキーパーを受け取ります。
さらに最初のキープる8個を受け取り、自分ボードに置きます。
ゲームは春夏秋冬の4季節。
1つの季節では、手番がきたら4種類のアクションから1つを選んで実行します。
他のプレイヤーは、希望するなら手番プレイヤーのアクションに追随出来ます。
全員がすべてのキープルを使い終えたら、1つの季節終了。
見本市を開催し、動物を指定の位置に配置、最後に地方ボードを1枚獲得しながら、キープルとキーパーを回収します。
そして、次季節の準備をし、次の季節へ。
これを繰り返し、冬が終わればゲーム終了。
最終得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・キー・トゥ・ザ・シティ:ロンドンの街の鍵
 Key to the City: London(R&D Games:2016)


キートゥーザシティ:ロンドン

タイルをつなげて自分のロンドンを発展させ、得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

場には、遊覧船コマを並べてプレイ順を表示する川タイルを時代順に5枚並べます。
各プレイヤーは、本拠地タイルと衝立、遊覧船コマを受け取り、袋の中からランダムに引いたキープル10個を衝立の内側に置きます。
ゲームは4つの時代をプレイしていきます。
各時代、まずは時代に合った枚数の場所タイルをテーブル中央に並べます。
手番がきたら、5つのアクションから1つを選んで実行します。
持っているキープルを使い、タイル1枚に入札する・タイルにキープルをのせて資源を生産する・タイルにキープルをのせて1枚を改良する・パスする・遊覧船コマを次の川タイルへ移動する出帆のいずれか。
全員が出帆したら、その時代は終了。
落札したタイルを自分の手元に持ってきて、川タイルを獲得する人は獲得。
遊覧船コマが停泊している場所に書かれている数字の数だけ、キープルを袋から引いて衝立の内側へ。
全員同時に、獲得したタイルを自分の区画に配置したら、次の時代へ。
4時代終了後、ゲームも終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

4

・キーフラワー
 Keyflower(R&D Games:2012)


キーフラワー
季節を通してタイルの効果を上手に使い、得点を獲得するゲームです。
トド吉・COQさん・侍・私の4人でプレイ。

自分の家となる衝立とミープルを8個持ってゲームスタート。
ゲーム中、春夏秋冬に分かれていて、それぞれ出てくるタイルが違います。
これを持っているミープルで競り落としていきます。
取得したタイルは配置していくんですが、この時、道がつながってないとダメなので、ちょっとパズルちっく。
配置を間違えると「置ける場所がない!」と後で泣くことになります。
競りに使うミープルを欲しいタイルにビット。
置かれているミープルと同じ色で数をこえることで横取りできるだけです。
この「置かれているミープルと同じ色」というのが、ゲームを通してずっとつきまとうんですが、かなりつらいw
マストフォローミープル。
次ラウンドに移行した後、後で効果を使おうなんて自分のタイルそっちのけにしておいたら、他の人が使いにきて違う色を置かれてしまうなんてしょっちゅうです。
まぁ、置かれたミープルはもらえるので良しといえばそうなんですが・・・
これで持っているミープルの色が偏ってしまうのです。
ビットしたミープルは捨てだけど、タイルの上に置かれた使ってもらったミープルは手元に入ってきます。
もちろん自分で使った分も戻ってくる感じです。
この影響をまともに受けたトド吉は、中盤黄色いミープルの人になってましたw
タイルはただ配置しても得点になるものもありますが、初期配置のタイルなどはアップグレードしないと勝利点に結びつきません。
そして、タイルのアップグレードに必要なのが資源。
序盤は資源がわいてくるタイルが大人気。
そして使い勝手が良かったのが、ミープルを第4の色緑にしてくれるタイル。
でもアップグレードした瞬間、他の人に使われてしまう悲劇w
タイミング大切。
緑のミープルは終盤手前まで最強で、他に持ってる人がいないと自分色状態で手付けして、みんなの悲鳴を聞けるというw
でも使い続けていけば、ビットして捨てられ袋に戻るので、引き運が良ければつかめるかも?というのが終盤。
とにかく・・・

「その黄色違う!その色じゃない!赤をいっぱい持ってるのに・・・」

なんて心の声は、ゲーム中ずっとでした。
どうしても欲しい、どうしても使いたいタイルには、自分がいっぱい持っている色のミープルで突撃。
他の色で手付けされると太刀打ちできないから。

ミープルを増やすには、タイルの効果を使うというのと冬になると船がやってきます。
キーフラワー号を先頭に、船にはミープルとチットが載っています。
序盤は単純にミープルが増えたほうがいいので、ミープル数の多い船から売れていきますが、終盤になるとタイルの効果で資源を増やしたりできるのでチット重視。
でも船を選べるのは3番手までで、自分が4番目になりそうなら他のタイルを先に手付けすることになります。
取得したタイルを並べる時が一番悩みました。
このタイルにつなげると馬車で物を運ぶのに遠いとか、ここへ置いたら次はこういうタイルしか置けなくなるとか。
タイル配置の時は「こっちの方がいいよ」とか助言もらいつつw
馬車をアップグレードすることで移動歩数が増え、それによって資源を運べるようになり、タイルをアップグレード。
何の効果もないけど、アップグレードすると勝利点10点になったりするタイルもあるので、そういう時は競りが熱い。
といっても、持ってなければ見てるだけになるので、どの程度ミープルを使うか、他の人に使ってもらうかが大切。
最後はもう出来るだけアップグレード。
資源を出すのに2ミープル使って、これでもう1回使って・・・6個までしか置けないから無理。とか頭の中で考えます。
そう。各タイルの上には6個までしかミープルを置けないのです。
しかも先に効果を使っていたら、その色と同じでその数を上回るように置くので数回しか使えない。
マストフォローミープルは最後まできりきりさせてくれました。
あっという間にゲーム終了で、勝ったのはCOQさん。

キーシリーズはいつも売れっ子なので予約して買ったわけですが、今回はHJが流通させてくれるので急がなくてもよかったという。
でも今まで遊んだキーシリーズの中では、これが一番面白いと感じました。

このページのトップヘ