ふうかのボードゲーム日記

タグ:QueenGames

3

・コボルト
 Kobold(Queen Games:2018)


コボルト

自分のコボルトを使って、宝石やおもちゃを集めて得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

下箱をそのまま使い、プレイエリアの子ども部屋をつくります。
子ども部屋は7つのセクションに分かれていて、2セクションは懐中電灯の光で照らされています。
各セクションには、表もしくは裏を向いているトークンが置かれています。
このトークンを集めるのが目的。
手番がきたら、自分のコボルトを1個いずれかのセクションに置くか、すでに置いてあるコボルトを回収するか選びます。
回収は、置かれている自分のコボルトをすべて回収しますが、コボルトが部屋から出る時にトークンを1つ取っていきます。
そしてダイスを振り、出目の指示通りに懐中電灯の光を移動させます。
懐中電灯の光があたったコボルトは、それぞれの持ち主の元へ手ぶらで戻ります。
空いたマスには、新しいトークンを追加します。
そして、次の人の手番へ。
これを繰り返し、補充するトークンが足りない、もしくは宝石トロフィーが5つ取られたら終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

4

・ルクソール
 Luxor(Queen Games:2018)


ルクソール

神殿の奥を目指して進んでいく、すごろくタイプのボードゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

大きなボードは神殿で、最奥の墓室がゴールになっています。
そこから続くマス目がスタートまで続き、各マスにはタイルを置かれています。
各プレイヤーは、自分の冒険者をスタートと3ヵ所のアヌビス像に置きます。
カードをよく混ぜ、各プレイヤーに5枚ずつ配り、これが最初の手札になります。
ゲームはラウンド制。
手番がきたら、手札の左右どちらかから1枚選んで出し、数字の分だけ自分の冒険者1個を進めます。
止まったマスに効果があれば適用。
アクションを実行し、最後にカード山から1枚引き、手札の中央に加えます。
マスにあるタイルを獲得するには、タイルに描かれた数のコマが必要で、集めたタイルはゲーム終了時にセット毎で得点になります。
そして次の人の手番へ。
これを繰り返し、墓室に冒険者が2人はいったら、スタートプレイヤーの右隣りの人の手番が終わったらゲーム終了。
最終得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

4

・マーリン
 Merlin(Queen Games:2017)


マーリン

円卓の騎士の1人となり、アーサー王の後継者を目指し得点を獲得していくゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

大きなボードには、中央にダイス置き場、その周りにアクションサークルと各公国、外周は得点トラックが描かれています。
各プレイヤーは、自分用の城ボード、ダイス、マーリンの杖、任務カード、配下マーカーを受け取ります。
ゲームの大まかな流れは、ダイスの出目を使って騎士を動かし、対象のアクションを実行して、得点を獲得していきます。
ゲームは6ラウンド。
各ラウンドで、プレイヤーはアクションを4回実行していきます。
手番では、ボード中央のダイス置き場に、自分のダイスもしくはマーリンのダイスを1個置いて、自分の騎士もしくはマーリンを移動させます。
任務カードは、その手番で1枚まで達成することが出来ます。
全員がすべてのダイスを使い終えたらラウンド終了。
次のラウンドの準備と2、4、6ラウンドでは得点計算が発生します。
6ラウンド終了後、最後に追加得点の計算をしてゲーム終了。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・パイオニア
 Pioneers(Queen Games:2017)


パイオニア

アメリカの東海岸をスタートとし、道をつなぎ西へ向かって開拓していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

大きなボードにはアメリカ地図が描かれ、線でつながった街にはカバータイルが置かれています。
各プレイヤーは、自分色の開拓者と道、ボードと店タイルを受け取ります。
ゲームはラウンド制で、プレイヤーは各ラウンドで1回手番を行います。
手番は3つのフェイズに分かれ、収入、購入、移動と植民を順番に実行したら、次のプレイヤーの手番になります。
収入は、自分ボードに書かれている収入をストックから取ります。
購入は、新しい道路をつくったり馬車を購入したりします。
移動と植民は馬車を移動させ、自分の馬車に乗っている開拓者を街に置いてカバータイルを獲得します、
カバータイルはそれぞれの特殊アクションになっていて、すぐに実行します。
これを繰り返し、誰かがすべての道路をつくるか、山札の最後の馬車が並べられたら、そのラウンドを最後までやってゲーム終了。
最終得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・スルタン
 Sultan(Queen Games:2007)


スルタン

出来るだけ価値の高い宝石を集め、得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

テーブル中央にボードを広げたら、各プレイヤーは自分の色を選び、衝立とお金カードを受け取ります。
お金カードはよくシャッフルし、自分の前に裏向きの山にして置き、5枚引いて手札にします。
ゲームは3セットで、1セットは5ラウンドで構成されています。
各ラウンド、まずスタートプレイヤーが袋から宝石を4つ引き、3つを各クッションの上に置いて残りは捨てます。
次にスタートプレイヤーから順に、手札から1枚を裏向きにしてクッションに置きます。
すべてのプレイヤーがカードを置いたら、置かれたカードすべてを表向きに。
クッションを1つずつ解決し、数字の大きい人が宝石を獲得します。
獲得した宝石は衝立の後ろに置き、スタートプレイヤーを次の人に回して、次ラウンドをはじめます。
全員が5枚の手札を使い切ったらセット終了。
再びカード山から5枚引いて手札にし、新しいセットを始めます。
15枚すべて使い切ったらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・テンプル騎士団の徴兵
 Templars' Journey(Queen Games:2017)


テンプル騎士団の徴兵

自分の騎士を出来るだけ多く十字軍へ派遣し、得点を獲得していくゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

大きなボードにはヨーロッパの各都市が描かれ、都市タイルを置きます。
各プレイヤーは、プレイヤーボードと自分の騎士、初期資金、アクションカードセットなどを受け取ります。
ゲーム終了時に得点となる指令カードを、ランダムで1枚受け取ります。
ゲームは6ラウンドで、各ラウンドは2つのフェイズで構成されています。
まずは教皇の移動。
スタートプレイヤーは、2つのうちどちらかに教皇を移動させ、効果を得ます。
次にアクションカードのプレイで、全員1枚ずつ選んだら一斉にオープン。
数字の小さいプレイヤーから処理していきます。
この後、教皇が船のマスに移動していたら、出航ラウンドが発生し、都市2つで決算が発生します。
決算が終わると、都市タイルが取り除かれます。
3回目の出航ラウンド終了後、ゲーム終了となり、最後の得点計算。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ミミズはどこだ
 Worm Party(Queen Games:2017)


ミミズはどこだ

ニワトリになってミミズを見つけたり、ミミズになってニワトリから隠れるゲームです。
鬚さん・トド吉・侍・私の4人でプレイ。

立体のミミズの庭をつくり、穴を塚をかぶせて隠します。
手番プレイヤーがニワトリになり、ダイスを振ります。
出た目がミミズを探せる塚の数。
ミミズプレイヤーたちは、自分の面から庭に片手を入れ、塚の中に指を入れます。
すべてのミミズが塚に隠れたら、ニワトリはダイス目の数だけ、塚を1つずつ持ち上げます。
ミミズを見つけたら、塚と同じ色のチップをもらい、ミミズが塚の中で隠れきったら、隠れていた塚と同じ色のタイルを受け取ります。
そして、次の人がニワトリプレイヤーに。
これを繰り返し、誰かが1色6枚のタイルを集めたら、その人の勝利でゲームは終了します。

続きを読む

このページのトップヘ