ふうかのボードゲーム日記

タグ:QueenGames

3

・ぐらぐら岩のココナッツ
 Voll Verwackelt(Queen Games:2019)


ぐらぐら岩のココナッツ

ぐらぐら岩の上を移動して、ココナッツの実を手に入れていくボードゲームです。
メビウスママさん・怪獣くん・トド吉・私の4人でプレイ。

箱を使ってぐらぐら岩を組み立てます。
各プレイヤーは自分の動物を選び、コマと回収ボードを受け取ります。
手番がきたら、ダイスを2個同時に振ります。
動物ダイスはその動物を、通常ダイスは移動させる歩数です。
移動の時、他の動物がいるマスは飛ばします。
すべての動物がココナッツマスにいたら手番成功。
袋からココナッツを1枚引いて自分のボードに置くか、自分ボードの牧草地に置かれているココナッツを確保するかのどちらかを報酬として実行します。
動物が台から落ちてしまったら失敗で、牧草地に集めたココナッツを川岸へ移動させます。
そして次の人の手番へ。
これを繰り返し、最後のココナッツが袋から引かれ、牧草地にココナッツがあったら1手番ずつやりゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・コペンハーゲン
 Copenhagen(Queen Games:2019)


コペンハーゲン

自分の家に壁や窓をつけ、得点を獲得していくボードゲーム『コペンハーゲン』です。
メビウスおやじさん・ママさん・怪獣くん・トド吉・私の5人でプレイ。

場には港と得点ボード、周囲にはパターンカードを並べます。
各プレイヤーは、自分の家ボードと能力タイル、裏向きでよく混ぜたパターンカードを持ちます。
スタートプレイヤーから順に手番を繰り返していき、誰かが12点に到達するか、終了カードがめくられたらゲーム終了です。
手番では、場のパターンカードから連続する2枚を取るか、手札からパターンカードを出して対応するタイルを自分の家に配置するかのどちらかを実行します。
タイルを配置し、縦もしくは横ラインが完成したら、即座に得点獲得。
紋章や特定の横ラインを埋めると、能力タイルや特殊タイルを獲得出来ます。
これを終了条件まで繰り返していき、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・エクスペディションルクソール
 Expedition Luxor(Queen Games:2018)


エクスペディションルクソール

探検隊としてルクソールの神殿とピラミッドを探索し、得点を獲得するボードゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

各プレイヤーは自分の色を選び、地形タイルとコマを持ちます。
地形タイルをプレイ人数に合わせた枚数で並べて、スタートとなる地形をつくります。
このゲームでは、スタートプレイヤーから手番をはじめ、時計回りの順に繰り返していきます。
手番では、まず2枚のタイルから選んで1枚を場に置き、望むなら最大3回まで繰り返します。
キャンプのタイルを置いた時は、地形に合わせた数の冒険者を置かなければならず、最大5つまで追加で置くことが出来ます。
そして、望むならルールに従って冒険者を移動させ、次の人の手番へ。
これを繰り返し、すべてのプレイヤーがすべてのタイルを配置したらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・スカイランド
 Skylands(Queen Games:2018)


スカイランド

空に浮かぶ断片となってしまった島、スカイランドを再建していくボードゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

ストックボードにアクションボードをはめこみ、テーブル中央に置きます。
タイルを準備し、プレイ人数に合わせた得点チップを準備します。
各プレイヤーは、自分用のボードとコマ等を受け取ります。
ゲームはラウンド制で、スタートプレイヤーから順に手番を実行し、全員が終わったらスタートプレイヤーを移動して次ラウンドへ。
手番では、アクションボードの自分のコマを、今いるボード以外の場所に移動させます。
選べるアクションは、島の発見・住民の配置・島の発展・エネルギー変換の4種類。
手番プレイヤーがアクション実行後、他すべてのプレイヤーも同じアクションを行うことが出来ます。
これを繰り返し、誰かのボードの空きマスが1マス以下、もしくは得点チップのストックがなくなったらアクションの後にゲーム終了で、島タイルが足りなくなった場合は、ただちにゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・バスティーユ
 Bastille(Queen Games:2018)


バスティーユ

フランス革命を舞台に、指令カードの条件を満たすことで得点を獲得していくボードゲーム『バスティーユ』です。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

テーブル中央に広げた大きなボードには、7つの場所と得点チャート等が描かれています。
各プレイヤーは自分の色を選び、影響力タイルや最初の所持金、コマ等を受け取ります。
最後に指令カードを1枚ずつ受け取ったらゲームスタート。
ゲームは8ラウンド。
各ラウンドでは、3つのフェイズを行います。
まずは、プレイヤーが順に1枚ずつ影響力タイルを置いていく影響力タイルの配置。
次に、すべてのプレイヤーが影響力タイルを配置した後、順番に処理していく場所ごとの評価。
最後に獲得したキャラクターの旗を競う、旗の得点計算と次のラウンドの準備です。
4ラウンド目終了後は中間得点計算が発生し、8ラウンド目終了後には最終得点計算が発生します。
もっとも得点の高い人が勝者となります。

続きを読む

3

・コボルト
 Kobold(Queen Games:2018)


コボルト

自分のコボルトを使って、宝石やおもちゃを集めて得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

下箱をそのまま使い、プレイエリアの子ども部屋をつくります。
子ども部屋は7つのセクションに分かれていて、2セクションは懐中電灯の光で照らされています。
各セクションには、表もしくは裏を向いているトークンが置かれています。
このトークンを集めるのが目的。
手番がきたら、自分のコボルトを1個いずれかのセクションに置くか、すでに置いてあるコボルトを回収するか選びます。
回収は、置かれている自分のコボルトをすべて回収しますが、コボルトが部屋から出る時にトークンを1つ取っていきます。
そしてダイスを振り、出目の指示通りに懐中電灯の光を移動させます。
懐中電灯の光があたったコボルトは、それぞれの持ち主の元へ手ぶらで戻ります。
空いたマスには、新しいトークンを追加します。
そして、次の人の手番へ。
これを繰り返し、補充するトークンが足りない、もしくは宝石トロフィーが5つ取られたら終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

4

・ルクソール
 Luxor(Queen Games:2018)


ルクソール

神殿の奥を目指して進んでいく、すごろくタイプのボードゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

大きなボードは神殿で、最奥の墓室がゴールになっています。
そこから続くマス目がスタートまで続き、各マスにはタイルを置かれています。
各プレイヤーは、自分の冒険者をスタートと3ヵ所のアヌビス像に置きます。
カードをよく混ぜ、各プレイヤーに5枚ずつ配り、これが最初の手札になります。
ゲームはラウンド制。
手番がきたら、手札の左右どちらかから1枚選んで出し、数字の分だけ自分の冒険者1個を進めます。
止まったマスに効果があれば適用。
アクションを実行し、最後にカード山から1枚引き、手札の中央に加えます。
マスにあるタイルを獲得するには、タイルに描かれた数のコマが必要で、集めたタイルはゲーム終了時にセット毎で得点になります。
そして次の人の手番へ。
これを繰り返し、墓室に冒険者が2人はいったら、スタートプレイヤーの右隣りの人の手番が終わったらゲーム終了。
最終得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

このページのトップヘ