ふうかのボードゲーム日記

タグ:Planplay

2

・ピーターパンと永遠の子どもたち
 Peter and the Grown Ups(Planplay:2016)


ピーターパンと永遠の子どもだち

時には嘘を言いながら、タイルの効果を使ってポイントを獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

場には場所タイルを裏向きで並べます。
各プレイヤーは、自分用のボード、コマ、トークン類を受け取ります。
ゲームは、スタートプレイヤーから順番に手番を行っていきます。
手番では、探検か休憩のどちらかを実行します。
探検は場のタイルを1枚選んで見て、その内容を声に出して言います。
この時、他のプレイヤーはその発言を信じるか、否かを宣言します。
信じてもらえたら、タイルをそのままにしてアクションを実行。
否定された場合はタイルを公開し、宣言通りならアクションを実行、違っていたら否定したプレイヤーにポイントがはいります。
休息は、場のタイル2枚を見ることが出来ます。
これを繰り返し、誰かが規定のポイントに達する、もしくは最後の時計が公開されたらゲーム終了。
得点計算をし、もっともポイントの高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・フォトフィニッシュ
 Photofinish: The Final Rush(Planplay:2017)


image3663

レースのゴール順位を当てて得点を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ステージカードをよくシャッフルしてテーブル中央に置き、横にレースカーを各色1個ずつ置きます。
各プレイヤーは、判定ボードとレースカー各色1個ずつを受け取ります。
ゲームは5ラウンド。
各ラウンドでは、レース、チェック、表彰の順で3つのフェイズを行います。
レースカードの一番上をめくり、ただちにトラックの面をレースカーの横に置きます。
すべてのプレイヤーは全員同時に、レースカーの順位を計算し、自分の判定ボードにコマを置いて予想します。
置き終えたら「フォトフィニッシュ!」と宣言します。
次に、実際にレースカーを動かし、順位のチェックをします。
最後にプレイヤーが正解しているかチェックを行い、得点を配布します。
これを5ラウンドやり、最終的にもっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ムードエックス
 Mood X(Planplay:2014)


ムードX

カードに描かれたイラストを元にストーリーをつくり、それによってどんな感情をもったか当てていくゲームです。
おのさん・神尾さん・トド吉・私の4人でプレイ。

ルールはいたってシンプル。
イラストが描かれたカードから、親がどれなのか次の人が指定。
その次の人が、もう1人は誰なのか指定。
次の次の人が、その2人を使って簡単なストーリーをつくります。
それを聞いて親がどう思ったのか、8種類の感情が描かれた円盤から選びます。
他のプレイヤーたちは、親がどう思ったのか当てにいくだけ。
見事的中すれば5点と点数が入り、最終的に得点ボードのゴールにたどりついた人が勝つゲームです。
エッセンで、プレイ人数が4人からというのに惹かれてプレイ。

続きを読む

このページのトップヘ