ふうかのボードゲーム日記

タグ:OSTIA

3

・タリン
 Tallinn(OSTIA Spiele:2016)


タリン

3つの派閥の支持を集めて、コインを獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、同じ内容のカードセットとスタートカード、コイン表示カードを持ちます。
スタートカードを自分の前に置き、コイン表示カードをセット。
カードセットを裏向きでシャッフルし、自分の山札をつくります。
そこから3枚を手札として持ちます。
ゲームは最大で10ラウンド。
手札から1枚を秘密裏に選び、一斉にオープン。
派閥の競争もしくは塔の建設を同時にプレイし、最後に手札を1枚補充します。
これを最大10ラウンド繰り返したらゲーム終了。
最後の得点計算をし、もっともコインを多く持っているプレイヤーが勝者になります。

続きを読む

3

・盲目の雌鶏
 Blindes Huhn(OSTIA Spiele:2015)


盲目の雌鳥

カードでカードを競り落とし、得点を獲得するカードゲームです。
おのさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各自初期カードを1組持ちます。
このカードを元に、競りでカードを獲得していきます。
競売人は山札からカードを3枚引き、自分だけ確認します。
次に競売人は、3枚のうち1枚または2枚を表にして、競りにかけます。
競売人の値付けに対し、他のプレイヤーは時計回りでさらに高値をつけるか、パスを選びます。
最高値をつけたプレイヤーは、提示した競り値を自分の前に並べているカードから競売人に支払います。
競売人自身が競り落とした場合は、他のプレイヤーが時計回りで1枚ずつ受け取ります。
そして、新しく入手したカードを自分の前に並べます。
これを繰り返し、カード山からゲーム終了カードが引かれたら、直ちにゲーム終了。
得点計算をし、最も高かった人が勝者になります。

続きを読む

3

・ハンブルクの倉庫街
 Speicherstadt Hamburg(OSTIA Spiele:2012)


ハンブルクの倉庫街
商品を売買したり贈ったりしながら、勝利点を獲得していくゲームです。
おのさん・トド吉・私の3人でプレイ。

場には商品カードが並んでいます。
商品は毎ラウンド価値が変わるようになっています。
商品を購入していくので、もちろん借金も可能。
ゲーム終了時に50マルクの返済とさらに2勝利点を失います。
商品は2枚がオープンで1枚クローズもしくは倉庫になっています。
購入はカタン方式で2回。
今回は3人だったのでダミーが2人入りました。
ダミーは残り物にランダムで贈り物か売却する商品か決まります。
ルールはいたってシンプルなのに、自分の商品を売却するタイミングや贈るタイミングが難しい。
しかも売却と贈る時は両方合わせて3種類までというしばりがきつい。
そんな時必要なのが倉庫。
倉庫1つで1枚持ち越しできるので、今回は安いから持ち越そうという時便利です。
というより、倉庫がないと話にならない。

早速プレイ開始。
まずは商品購入。
一覧を見て、どの商品を購入して贈れば高得点になるか見比べます。
とはいえ、所持資金が尽きては購入できなくなってしまうので、どれを売却する予定でいるかも大切。
安く売るならいっそ贈ってしまったほうが・・・と思うも、資金繰りを考えると悩ましいし、お金も最後点数になるのでどちらを取るかです。
売却でもう1つ気をつけるのが、売却される枚数でレートがかわります。
みんなが同じものを売却すればレートが下がり、逆に自分だけで1、2枚なら高額です。
重要なのはどの商品を購入するかなので、誰がどれを購入したか見ておくのも大切。
もっとも1枚はクローズなので、そこにランダム要素が。
そして、それで悲鳴をあげることもしばしば。
自分だけが商品を売却できた時は、かなりテンションが上がりますw
トド吉が早々に倉庫を手に入れていて、おのさんもそれに追随。
序盤だといらないかな?と思い様子を見ていたものの、途中でどうしても倉庫が欲しくなってきて購入。
今無理に売らなくていい状況は安心できます。
しかし、早々に倉庫を手に入れ、多くの商品をやりくりしていたトド吉が、いざ売却と贈り物を開けてみたら3種類をこえていて失格するというハプニング発生。
本人はものすごいショックで悲鳴あげてました。
おかげでちょっと高めのお金を得点をもらえてラッキーw
後半、高額で売り抜けて、さらに贈り物で得点稼ぎが上手くいき、あとは温存。
上手にかみ合った時は何とも言えずうれしいですw

夢中になって遊んだので、あっという間にゲーム終了。
1点差で私が逃げ切る形で勝利。
商品出し失敗したトド吉と1点差とは、ゲーム名にもある通り倉庫は強いw

見た目は完全な同人で、カード類がミシン目の切り離し型で質は悪いけれど、ゲームとしてはかなり面白いです。
シンプルなのにずっと悩んでばかりいるところとか。


・Table Games in the World:ハンブルクの倉庫街

このページのトップヘ