ふうかのボードゲーム日記

タグ:Nurnberger-Spielkarten

3

・クークック
 Zum Kuhkuck(Nurnberger-Spielkarten:2014)


クークック

カードをめくって集めて、色ごとに得点を獲得していくカードゲームです。
トド吉とプレイ。

ゲームはとても簡単。
裏向きで適当な山になっているカードから1枚引くだけ。
引いたら手札として持ち、手札が5枚以上になると得点計算のチャンス。
手番になったら出来ることは、カードを引くか得点計算をするか。
得点計算は必ず手札が5枚以上で、まず枚数の得点が入ります。
さらにその中から1色を選び、選んだ色は1枚2点で加算。
得点記入用紙にメモして、カードをすべて捨て札にします。
これを繰り返していき、どちらかが5色全部で得点計算をしたらゲーム終了。
得点の高い方が勝者となります。

続きを読む

3

・クーヴァディス
 Kuh Vadis(Nurnberger-Spielkarten:2014)


クーヴァディス

自分のマークを縦・横・斜めのどれかでつなぐのを目的とした、ダイスゲームです。
トド吉とプレイ。

シートには最初から○か×が3個ずつ記入されています。
ゲーム開始時、どちらがどの印を使うか決めます。
手番になったらダイス5個を振り、同じ数字が3個以上になれば、該当の数字に自分の印を記入。
牛なら2個以上で印をつけるすることが出来ます。
同じ数字もしくは牛が4個以上になると、続けてもう1手番出来ます。
この時だけ、直前に記入した数字と隣接するところにしか記入出来ません。
交互に手番を繰り返し、最初に記入されていた3つの数字をつないだ方が勝者です。
簡単なルールなので、早速ゲームスタート。

続きを読む

3

・クーロラド
 Kuhlorado(Nurnberger-Spielkarten:2014)


クーロラド

ダイス目を○と×に分かれてチェックしていき、自分の所有地を増やしていくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

1枚の正方形の紙。
ここには数字・牛・水飲み場が書かれています。
2人用なので交互にダイスを振っては、出目を見て指定の場所にチェックを入れていきます。
片方は○、もう片方は×で。
これを繰り返していき、すべての牛に印がつくか、空いている数字マスが5マスになったらゲーム終了。
外周の東西南北、水飲み場の隣接、つながったマスの所有地の得点を合計し、高いほうが勝者になります。

続きを読む

3

・バザリ・カードゲーム
 Basari - Das Kartenspiel(Nurnberger-Spielkarten:2013)


バザリカードゲーム

労働者、宝石、点数を上手に集めていくゲームです。
トド吉・COQさん・侍・私の4人。

ゲームは3回戦。
各自持っている3枚のアクションカードから、やりたいアクションを選んで裏向きにカードを出し、一斉にオープン。
もし選んだのが自分だけなら、すぐに選んだアクションを実行します。
2人選んだ人がいる場合は交渉です。
持っている宝石を使い、どちらがアクションを実行するのか決めます。
でも3人が同じアクションを選んだ場合、誰もアクションを実行することが出来ません。
選べるアクションは、宝石を手に入れる・バザールカードを引く・得点を得るの3つ。
もらえる宝石の種類や数、得られる勝利点は、自分の前に置かれているバザールカードに描かれています。
アクションの処理が終われば1ラウンド終了。
これを繰り返していき、誰かの労働者が15人になっていれば1回戦終了です。
1回戦が終わった時点で、労働者15人以上の人、宝石各色最多数の人に得点が入ります。
バザールカードはすべて捨てて、再びシャッフルして使いますが、宝石は得点をもらった人に限り、持っている半分を場に戻さなければならないのです。
バッティングしないのが重要というのをしっかり覚えて、早速ゲームスタート。

続きを読む

3

・クウィックス・カードゲーム
 Qwixx Das Kartenspiel(Nurnberger-Spielkarten:2014)


クウィックス・カードゲーム

自分の得点用紙を上手に埋めていくカードゲームです。
トド吉・侍・私の3人でプレイ。

場には裏向きのカードが4枚並んでいます。
裏面は数字だけで、表には色付きで数字が書かれています。
手番がきたら、場からカードを取るんですが、手札が5枚になるように取ります。
そして、場札が4枚になるように補充したら第1チェック。
山札の一番上にある数字を言い、プレイヤー全員がその数字を自分のシートにチェックするかどうか決めます。
裏面の数字なので、上手くいけばいい場所にチェックできるかも知れません。
色は自分の任意で決められる、ある意味オールマイティの数字なのです。
ただし、赤と黄色は昇順、緑と青は降順でしかチェックできず、飛ばしてしまった数字に戻ることは出来ないので、手札と相談して決めるのが良いかと。
そして、手札から1枚以上3枚までカードを出します。
自分が出したカードの数字は自分しかチェックしません。
出す数字に制限はないんですが、このカードの数字をシートにチェックするには決まりがあります。
チェック出来るのは、出したカードの数字で最初と最後の間に飛ばす数字が2つ以上あってはダメなのです。
全員がチェックつけられるところでつけず、さらに手番でもチェック出来ないと失敗にチェックを入れることになります。
この失敗のxマーク、誰かが4つつけてしまうとゲームが終わります。
誰もつけなかったとしても、誰かが2列閉じたらゲーム終了です。
つけたチェックの数で入ってくる点数を合計し、一番高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・すき間に入れて
 Habe Fertig(Nurnberger-Spielkarten:2013)


すき間に入れて

2枚のカードの間を狙ってカードを出していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

場には2枚のカード。
この2枚の間に入るように、かつ同じ色じゃないカードを手札から出していきます。
まず最初に配られたカードの中から、得点にするカードを2枚選んで伏せておきます。
間に入る限りどんどん手札から出していけますが、間に入らなかった場合は、同じ色か同じ数字を1枚出すことが出来ます。
どちらの条件も当てはまらなかったり出したくなかったら、山札から1枚カードを引いて手札に入れるというシンプルルール。
手番がきた時に、間がなかったら、山札から1枚カードを引いて、どちらかに置くことで条件が変わります。
誰かが手札を使い切ったらラウンド終了。
カードには数字と色の他に★が書かれているんですが、手札に残ってる★はマイナス点。
開始時に伏せておいた★の数をプラスとして計算したら、次のラウンド開始です。
4ラウンドやり、合計点の高い人が勝者になるのです。
過去「あいだの数」というゲームがあって、あんな感じのゲームは好みなので、期待上々でプレイ開始。

続きを読む

3

・ならず者の脱獄
 Gauner(Nurnberger-Spielkarten:2012)


ならず者

ならず者たちのカードを集めて得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

場には10枚ずつ3列のカードが並んでいます。
好きな列の一番右端か左端から1グループ入手します。
グループというのは同じカードが並んでいたら、それで1グループということ。
そして、取ったグループの隣りのグループを刑務所へ送ります。
取ったカードは手札に入れ、その後任意で自分の前に出すことが出来ます。
そこまで終わったら山札からカードを1枚引き、今取った列の残っているカードの隣りに置きます。
手番でやることはこれだけ。
これを繰り返していって、刑務所にいるならず者が6種類2枚ずつ、もしくは2種類のならず者が6枚ずつになったら終了。
ゲーム中、自分の前に出したカードはあくまで刑務所に入っているカードを取るためだけに使います。
それぞれのグループにつき見ていって、得点になるのは手に入れた刑務所に入っていたカードだけ。
種類を乗算していくので、枚数重視より種類重視が得られる得点も大きいです。

2人だったので、自分がこれを取ると次にこれが・・・とある程度先が見えるので、逆に悩ましい。
トド吉がひたすら「金髪のねーちゃん」を集めていたので、その間に種類を集めることに。
とりあえず1枚でも出しておけば相手は上回るようにしか出せないので、手間をかけさせるにはいい感じ。
何を取ったか見えているので、集めてそうだなと思ったら先出しw
そして1回目が終わってみると私が4種類でトド吉が3種類で私がかなりリード。

続いて2回目。
さすがにさっきので学んだのか、トド吉は果敢に少ない枚数で種類を出してくる。
こうなるとこっちが追いつかないので、刑務所に送らないような作戦にしてみるw
その結果、2種類が6枚になってしまい得点計算。
さすがに私が負けたけど、1回目で開いた点差のおかげでまだ勝ってるw

最後の3回目。
山札が尽きたので最初に使ったカードたちが戻ってくる。
これはチャンス!とばかりに、トド吉が狙ってそうなグループを先に取って出してしまう。
そっちにトド吉の意識がいってる間に、トド吉がすでに出しているグループを狙って少しずつ集めながら、自分が最多のグループを刑務所に送り込む。
とにかく相手にはグループ数を取らせたくなかったし、さすがに3回目ともなるとかなりきりきりした取り合いに。
でもそれが面白いw
結局、最後は早く終わらせたい私が6種類目のグループを2枚にして終了。
1回目と同じくらいの点差でぶっちぎり勝利。

バネストでは初心者オススメで売っていますが、確かに覚えることが少ないのにどの列を取るか悩むところがあるのでいいかも。
誰かが出していれば上回るように出した時点で、少ないほうはすぐ破棄するし、不必要な情報がないというか。
プレイ感としては、コンビット(キャッシング)に似てるような感じだけど、最多で集めたカードがそのまま得点になるんじゃなく、刑務所へ入ったカードを入手して得点になるというのがいい。
これによって、どれを刑務所に送ってもらうように場からカードを取るとか、色々考えどころがありました。

このページのトップヘ