ふうかのボードゲーム日記

タグ:Nurnberger-Spielkarten

3

・トウェニーワン
 Twenty One(Nurnberger-Spielkarten:2017)


トウェニーワン

6色のダイスを使って、自分のシートを埋めて得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、自分用のシートを受け取ります。
使うのは6色のダイス。
手番では、まずダイスを6個振るところから始まります。
出た目が気に入らなければ、一度だけ振り直すことが出来ますが、1の目は振り直せません。
すべてのプレイヤーは、現在の行に少なくとも1つの数字を書き込みます。
数字は、シートに描かれているマスと色が同じで出目が同じか小さい場合だけ書き込めます。
書き込めない場合は、より左側の空いているマスにバツをつけます。
出目がシートのマス目とまったく同じだったら、小さい四角に×を記入します。
全員が書き込んだら、次の人の手番。
これを繰り返し、1行すべてが埋まったら得点を計算して得点欄に記入し、1つ下の行へ進みます。
誰か1人が5行すべてを埋めたらゲーム終了。
他プレイヤーは、すべて書き込んでいなくても、その時点での得点を計算して記入します。
最終得点計算をし、もっとも高い人が勝者になります。

続きを読む

・クウィントカードゲーム
 Qwinto: Das Kartenspiel(Nurnberger-Spielkarten:2017)


クウィントカードゲーム

カードの色と数字を使って自分のシートに記録し、得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

カードを裏向きでよく混ぜ、各プレイヤーに3枚ずつ配り、場に4枚並べます。
残りは裏向きのまま重ねて山にしておきます。
各プレイヤーは、自分用の記入シートと3枚の手札を持ちます。
ゲームの目的は、シートに数字を記入していき、出来るだけ高い得点を目指すこと。
手番がきたら、手札からカードを1枚出し、置いた場所の隣接のカード数字を合計します。
そして、3枚の色と数字を宣言し、ルールに従い1ヵ所だけシートに記入します。
書き込めない場合は、失敗にチェックを入れます。
他のプレイヤーは、ルールに従って3枚の色のいずれかに、数字を記入することが出来ます。
最後に手札が3枚になるよう補充して、手番終了。
これを繰り返し、誰かが4回失敗するか、誰かが2色の行すべてを埋めたらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・クウィックス:デュエル
 Qwixx: Das Duell(Nurnberger-Spielkarten:2016)


クィックスデュエル

ダイスの出目で列を埋め、得点を獲得する2人用ゲームです。
トド吉とプレイ。

基本的なルールはクウィックス
ただしこの2人用では、シートに×をつけて書き込むのではなく、1枚のボードを共用としてマーカーを置いていきます。
手番がきたらダイスを6個振り、アクション2つを実行します。
まず白のダイス2個分の合計値を好きな色の列の該当する数字に置きます。
次に白1個と任意のカラーダイス1個の合計値をその色の列の該当する数字に置きます。
アクションを片方、もしくは両方実行出来ない場合は、1アクションにつき1つずつ失敗にコマを置きます。
いずれの場合も、各列は左から右に向かい、自分のコマのうち最も右に置いてあるコマよりも右に置きます。
相手のコマが置いてあるマスには置けませんが、最も右に置かれているコマは置き換えることが可能。
最も右が自分のコマだった場合、上に重ねて置くことでスタックにすることが出来ます。
各列の一番右のマスは、その列に自分のコマが5個以上置かれている場合に置けます。
これを繰り返し、どちらかが最後のコマを置いた・失敗に4個コマが置かれた・2色の列がロックされたのうち、いずれかに該当したら直ちにゲーム終了。
得点計算をし、得点の高いほうが勝者になります。

続きを読む

3

・テイク・ザット
 Take That(Nurnberger-Spielkarten:2016)


テイク・ザット

出来るだけマイナス点にならないように、カードを出していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ゲームに使うカードは12から98までの数字に一部カエルが描かれています。
この中にツイストカードと呼ばれる、組になるカードがあります。
カードをシャッフルして、各プレイヤーに規定枚数の手札を配り、残りは山札にしておきます。
手番がきたら、手札から1枚列にプレイするか、1枚ツイストカードを列から取り除くかのどちらかを実行。
最後に山札から1枚補充すれば手番終了です。
ゲーム中は山札の隣りにカードが並んでいきますが、出せるのは右端に出ているカードの数字と比べて最大10の範囲。
手札から組となるカードを出し、列に出ているツイストカードを引き取ったら、表向きにして自分の前に置きます。
ツイストカードはゲーム終了時、1枚+1点になります。
出せない場合は、列のカードすべてを引き取って裏向きで自分の前に置き、手札から1枚を出します。
引き取ったカードは1枚−1点ですが、ゾロ目のカエルが描かれているカードは1枚−5点です。
これを繰り返し、山札が尽きた後、誰かが列を引き取るか、全てのカードが場に出されたらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高かった人が勝者となります。

続きを読む

3

・クウィント
 Qwinto(Nurnberger-Spielkarten:2015)


クウィント

3色のダイスを振って出た目を記入していき、出来るだけマスを埋めて得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

プレイヤーは各自、自分用の記入シートを持ちます。
シートには各色の列と失敗した時にチェックをつけるマスがあります。
ゲームは簡単で、手番がきたらどのダイスを振るか1〜3個を選び振ります。
ダイスは一度だけ振り直すことが出来ます。
出目の合計値を、振ったダイスいずれかと同じ色の列に記入するだけ。
ただし、同じ行(縦列)に同じ数字は書き込めず、各列は昇順になるように書き込まなければならず、書き込めるマスがなければ失敗にチェックを入れます。
この時、他プレイヤーは任意で、自分のシートに書き込むことが出来ます。
そして、次の人の手番になります。
これを繰り返し、誰かが2列完成させるもしくは、失敗に4つチェックが入ればゲーム終了。
得点を計算し、最も得点の高い人が勝者になります。

続きを読む

3

・ザ・ゲーム
 The Game : Spiel... so lange du kannst!(Nurnberger-Spielkarten:2015)


ザ・ゲーム

4ヶ所にカードを順序良く並べていくカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

今年のドイツ年間ゲーム大賞ノミネート。
ゲームはとても簡単で、手番がきたら手札から好きなだけカードを出します。
ただし最低2枚出すのは必須。
カードを出せる場所は4つで、昇順2ヶ所と降順2ヶ所。
昇順で出すところには1のカード、降順で出すところには100のカードが置かれています。
出した枚数と同じ枚数のカードを山札から引いたら手番終了。
カードは2から99で、これを4ヶ所のどこかにすべて出しきるのが目的。
すでに出ている数字とちょうど10違いの場合は遡り可能。
すべて出しきれば勝利で、山札と手札の残り枚数が10枚以下なら優秀という協力ゲームになっています。
プレイ中は軽い相談は可能で、直接的な数字の宣言などは禁止です。

続きを読む

3

・トラックス
 Traxx(Nurnberger-Spielkarten:2015)


トラックス

カードで指定された色をペンでたどって得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各自ボードとペンを持ちます。
カードをシャッフルし、裏向きで山札にしたらゲームスタート。
誰でもいいので一番上のカードをめくります。
カードに描かれている色だけをたどって、ペンで線を引きます。
4色もしくは5色描かれているいるけれど、それは最大数。
もし1つも線が引けない、もしくは引きたくない時はパスを宣言します。
線は両端のどちらかからしか引けません。
数字が書かれているマスを通っていれば得点としてボードの得点欄に記入します。
最初の人だけが数字通りの得点で、2番目以降は半分です。
これを繰り返し、山札が尽きたら終了。
数字の得点から空いているマスをマイナス点として合計し、一番得点の高い人が勝者となります。

続きを読む

このページのトップヘ