ふうかのボードゲーム日記

タグ:NorthStarGames

3

・ハッピーサーモン
 Happy Salmon(North Star Games:2016)


ハッピーサーモン

同時アクションで自分のカードをいち早くなくすゲームです。
6人でプレイ。

各プレイヤーは、自分色を選びカード12枚を受け取ります。
カードは裏向きにしてよく混ぜて山にし、手に持ちます。
合図と同時にカード山を表向きに持ち替え、一番上のカードに書いてあるアクションを言いながら、同じアクションが出ている人を見つけ、そのアクションを一緒にやります。
その後、すぐにカードを捨てて、次のカードに書いてあるアクションを言って、相手を見つけます。
これを繰り返し、誰かが自分のカードすべてを捨てたら「終了」と叫び、その人の勝利でゲーム終了です。

続きを読む

3

・クラズル
 Cluzzle(North Star Games:2004)


クラズル
粘土で作ったものが何かを当てるゲームです。
5人でプレイ。

まず最初に配られるカードから、何を作るか決めて粘土で作ります。
作り終わったら、2分間の質問タイム。
質問は自由に出来るので、どんどん質問したほうがお得。
聞かれたほうは「はい」「いいえ」「時々」「部分的に」「分かりません」の5種類で答えます。
2分が過ぎたら、それぞれ何を作ってるのか考えて解答用紙に書きます。
当たっていたら、回答した人と作った人に得点が入るというシンプルゲーム。
ただし、1ラウンド目なら1点、2ラウンド目なら2点、3ラウンド目なら3点と獲得できる得点が違います。
ちなみに、3ラウンド終了時、誰にも当ててもらえないと0点。
わかりやすすぎず、わかりにくすぎずのちょうどいい物を作らなければ。

カードを見てどれにしようか考えて決めたら早速粘土をこねこね。
出来上がった物を土台にのせたら中央に集結。
そして質問タイム。
「それは食べ物ですか?」
「いいえ」
「それは海のものですか?」
「うーん・・・わかりません」
「それはアニメに出てきますか?」
「はい」
一斉なので、悩んでるよりどんどん発言したほうがお得です。
そして時間内に回答を書いて答え合わせ。
私のはわかりやすすぎて、1ラウンド目で当てられてしまったという。
むしろ、作ってる時から「ばればれ」と笑われてましたが、それとはちょっと違ったのでしたw
意外とわからないものだなぁと。
おりかさんのが最後までわからなかったw

難しいルールがないので、単純でシンプルなゲームです。
時間もかからないし、適度に盛り上がれるし、なかなか楽しいゲームでした。

このページのトップヘ