ふうかのボードゲーム日記

タグ:Noris

3

・カラスとブルーベリー
 Beeren klau'n mit Schnabelgrun (Noris:2012)


カラスとブルーベリー
場に置かれた大きなブルーベリーを集めるゲームです。
トド吉・侍・私の3人でプレイ。

表が森で裏が沼になっているタイルが10枚。
カードをめくり書かれている数字の分、カラスを移動させていくだけです。
カラスの移動先にブルーベリーがあれば手に入れることができ、もしブルーベリーがなかったら・・・ブルーベリーが置かれていないタイルを裏返して沼にします。
もし沼にカラスが移動したら、自分が持っているブルーベリー2個を足場として提供しなければいけないのです。
獲得していい気になっていたら、足場提供で手元からなくなっていくブルーベリー。
誰かが沼にカラスを移動させたのに、足場のブルーベリーをおけなかったらゲーム終了。
一番ブルーベリーを持っていられた人が勝者になります。
とても簡単なルールなので早速スタート。
序盤はブルーベリーの多い森に移動できると喜ぶといった単純な感じでした。
そして2周目になると、すでにブルーベリーが取られてしまい空のタイルが。
でも置かれていないタイルを沼にするだけなのでセーフ。
いくつか沼が出来てきたら本番。
うっかり沼に移動しようものなら、せっかく抱えていたブルーベリーを沼に置かなければならないのです。
しかもカードの中には泥棒カードがあり、他のプレイヤーから1個奪えるので、これも要注意。
少ないカードを全部使ったら、そのまま裏返して使うので、ある程度すると次にどんなカードが出てくるのか予想できるように・・・
特にカード山の切り替えタイミングで泥棒が出るので、カード山を作り直すたびに手を出すという展開でしたw

このシンプルさと和むイラストがよかったのか、なんと5回も連続で遊ぶ始末。
それでも止められないので、強制的に次のゲームを出しました。
作者はごきぶりポーカーと同じ人。
ギスギスした空気も解決できる良きゲームですw

3

・カロ
 Caro(Noris:2012)


カロ
手持ちのタイルを置くことで得点を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

2人でプレイする時は枠が6x6の中と決まっています。
4色3個ずつ持ったらゲームスタート。
同じ色は2個までしか隣接できないとか、ルールに従って手番で1個置いていきます。
この時、置いた場所によって色の組み合わせが出来るので、得点が入ります。
色の組み合わせでかなり得点が違ってくるので、いかに大きく得点を取れそうな場所を見つけるかが大切。
まぁ、アブストラクトです(苦手)。

トド吉がスタートプレイヤーだったので、とりあえず置いて10点。
この10点を縮めることが出来るような配置を目指してスタート。
最初はまだまだ余裕なので、とりあえず得点が高そうで踏み台にされない場所を探す。
が、上手く使われてるような気がしてくる。
でも気にしてると低い得点しか入ってこない。
縦横4個目が置かれたくらいから、6個目をどの方向へ置くかも考えつつ。
「よし!ここ置いて18点!」と言えば
「ここで20点」と返される。
勝てる気しない・・・
でもがんばる。
最初に遠慮しすぎ(?)て1点しか取れなかったのがきつい。
同じような点数の取り合いなので、差が縮まらない。
結局、最後も似たような得点に終わり、差を縮めることは出来なかった。

うん。アブストラクト。
これを置いて点数取るけど、そのかわり次にトド吉がこう置いて何点でこの色だと何点で・・・と悩ませてくれるゲームです。
悩みはじめるとキリがなく、ついつい考えすぎてしまうのも苦手なところ。
プレイ時間に対して、かなり頭を使ったような変な満足感がありました。

3

・皇帝のパンケーキゲーム
 Die Leibkoche Seiner Majestat(Noris:1992)


皇帝のパンケーキゲーム
料理人となって、皇帝が食べたい順にパンケーキを集めて並べるゲームです。
COQさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ボードにはマスが描かれていて、パンケーキも山になっています。
ゲームはシンプルで、ダイスがわりのパンケーキをフライパンで裏返して、出た目の分、自分のコマを動かすだけ。
王様が裏返しになっているパンケーキを持っているので、その順番と同じように自分のボードにパンケーキを並べるだけです。
もちろん、何が並んでるのかわからないので、とりあえず全種類集めて王様のところへダッシュ。
誰かが王様の元へ到着すれば全部オープンになるので、そこからは1個ずつずらして順番を並び替えます。

いたってシンプルなだけに、最初から全員が全員で邪魔し合う展開にw
フライパンを片手に真剣。
空中で回転させなければいけないので、かなり真剣です。
成功すればもう1手番できるので、かなり有利。
でも自分だけパンケーキを集めすぎると、フライパンが小さくなります。
逆に自分だけ一番少なければ大きなフライパンに。

序盤で1つ多くパンケーキを持っていた私の周りはパンケーキだらけ。
出られないw
ちょうどの目じゃないといけないので、どの目を使いたいかでパンケーキ選びも慎重。
ところが、フライパン片手に奮闘むなしく、途中でCOQさんとトド吉に追い越されるw
どちらが先に王様のところへ行くかという状況の中、誰もいなくなったボードでひっそりとフライパンを持ってがんばる私。
王様の元にあったパンケーキが見れるようになるも、そもそも全部集まってないw
そんな中、順番通りに並べ替えられたトド吉の勝利。
立派な料理人にはなれませんでしたw

古いゲームだけにシンプルですが、フライパンを持って裏返すのが楽しいです。
焦れば焦るほど、裏返らずそのまま落ちてきて失敗とかw
むしろ失敗を狙ってわざと高く上げて「いやー失敗しちゃったなー」とかやってました。

このページのトップヘ