ふうかのボードゲーム日記

タグ:Noris

3

・Scheiss drauf!(Noris:2015)

Scheis drauf! (Poopyhead)

決められた順番にカードを出していき、手札をいち早くなくすゲームです。
おのさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ゲームは5ラウンド。
各ラウンドは、全員一斉にカードを出していきます。
カードを出す順番は決まっていて、便器・う○ち・トイレットペーパー・手を洗うの順番で、さらに続けて同じ色を出すことは出来ません。
配られた手札をなくすか、誰ももう出せないと思ったら、終了の合図であるブーブークッションを鳴らします。
各自、残っている手札の枚数をチェックし、一番多く残っている人が負けでう○ちを受け取ります。
カードをシャッフルして再び配り、負けたプレイヤーがスタートプレイヤーとなって次のラウンドを始めます。
これを繰り返し、5ラウンド終わったらゲーム終了。
最もう○ちを受け取った人が負けになります。
(エッセンで遊んだゲームなのでルールが違っているかも知れません)

続きを読む

3

・ボタン
 Buttons(Noris:2015)


ボタン

ダイス目で自分のボタンに星を置いていくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、それぞれ自分用のボードを持ちます。
縦横にはダイスの目、そして色とりどりのボタンが描かれています。
ゲームはとても簡単で、ダイス目でボタンを埋めていくビンゴ。
手番がきたらダイスをすべて振ります。
白いダイスは縦列、黒いダイスは横列で、それぞれ金のダイスが1個ずつあります。
手番のプレイヤーはダイスすべての目を使うことが出来ますが、必ずボタンを1つ置かなければいけません。
他のプレイヤーは金色のダイスのみ使うことが出来ます。
そして、白と黒のダイス目の交点に、ストックからボタンを取って置きます。
これで手番終了。
自分のボード上にボタンが1個でも置かれていれば、ダイスを振らずに離脱することも可能です。
全員が離脱するかバーストしたらラウンド終了で決算処理をし、次のラウンドへ。
これを繰り返し、ラウンド終了時に誰かが勝利条件を達成していたら、その人の勝利でゲーム終了です。

続きを読む

3

・あぶないぞカエルくん
 Froschlein aufgepasst!(Noris:2014)


あぶないぞカエルくん

自分のコウノトリを動かして、睡蓮の上を飛び回るカエルを捕まえるゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

大きなボードはたぶん沼地。
中央付近には、カエルが現れる睡蓮の花が7色咲いています。
カエルが現れるのは常に1匹。
各プレイヤーは、自分色のコウノトリをスタート位置に置きます。
手番がきたらダイスを振って、出た目のアクションを実行します。
ダイス目には、単純に自分が移動出来る歩数、カエルが移動する、1マス進めるかタイルを引くか選ぶの3種類があります。
カエルの目が出た場合、色ダイスを振って、出た目の睡蓮にカエルを移動させます。
タイルは危険な印で、中にはスタートに戻ってしまうタイルも。
カエルがいる睡蓮にたどり着いたら、そのカエルを獲得し、新しいカエルが白い睡蓮の上に出てきます。
これを繰り返し、誰かが3匹のカエルを捕まえたら、その人の勝利でゲームが終わります。

続きを読む

3

・お宝つめホーダイ
 Schatz-Rabatz(Noris:2015)


お宝つめホーダイ

制限時間内に宝箱いっぱいにお宝をつめて、強制徴収の後、残った数を競っていくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

今年のキッズゲーム大賞ノミネート。
ゲームはとても簡単。
砂時計の砂が落ちきるまでに、自分の宝箱にお宝を入れていきます。
必ず蓋が閉まるように入れなければいけません。
砂時計の砂が落ちきったら、まずジャックに渡し賃を支払います。
シートを1枚表向きにして、そこに描かれているお宝は強制徴収。
手元に残ったお宝の数が一番多い人は、海賊船タイルを1枚入手することが出来ます。
誰かが海賊船タイル4種類を揃えたら、その人の勝利でゲーム終了です。

続きを読む

4

・クアトロ
 Cuatro(Noris:2013)


クアトロ

ダイスで役をつくり、ボード上に自分の屋根を配置して、得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ゲームボードのマスには、それぞれ役が描かれています。
手番になったらダイスを5個振り、出た目で役をつくます。
ダイスは5回まで振ることができ、出来た役にあった場所に自分の屋根を配置します。
これを繰り返していき、縦横斜めのどれかに自分の屋根が一直線に並ぶ・ヤッツィーのマス3ヶ所に自分の屋根を置くのどちらかで即勝利。
誰も達成出来なくても、15ラウンドでゲームは終わります。
その場合、置いた屋根で得点を計算し、一番高い人が勝者となります。
自分の屋根15個を持ったら、早速ゲームスタート。

続きを読む

3

・カラスとブルーベリー
 Beeren klau'n mit Schnabelgrun (Noris:2012)


カラスとブルーベリー
場に置かれた大きなブルーベリーを集めるゲームです。
トド吉・侍・私の3人でプレイ。

表が森で裏が沼になっているタイルが10枚。
カードをめくり書かれている数字の分、カラスを移動させていくだけです。
カラスの移動先にブルーベリーがあれば手に入れることができ、もしブルーベリーがなかったら・・・ブルーベリーが置かれていないタイルを裏返して沼にします。
もし沼にカラスが移動したら、自分が持っているブルーベリー2個を足場として提供しなければいけないのです。
獲得していい気になっていたら、足場提供で手元からなくなっていくブルーベリー。
誰かが沼にカラスを移動させたのに、足場のブルーベリーをおけなかったらゲーム終了。
一番ブルーベリーを持っていられた人が勝者になります。
とても簡単なルールなので早速スタート。
序盤はブルーベリーの多い森に移動できると喜ぶといった単純な感じでした。
そして2周目になると、すでにブルーベリーが取られてしまい空のタイルが。
でも置かれていないタイルを沼にするだけなのでセーフ。
いくつか沼が出来てきたら本番。
うっかり沼に移動しようものなら、せっかく抱えていたブルーベリーを沼に置かなければならないのです。
しかもカードの中には泥棒カードがあり、他のプレイヤーから1個奪えるので、これも要注意。
少ないカードを全部使ったら、そのまま裏返して使うので、ある程度すると次にどんなカードが出てくるのか予想できるように・・・
特にカード山の切り替えタイミングで泥棒が出るので、カード山を作り直すたびに手を出すという展開でしたw

このシンプルさと和むイラストがよかったのか、なんと5回も連続で遊ぶ始末。
それでも止められないので、強制的に次のゲームを出しました。
作者はごきぶりポーカーと同じ人。
ギスギスした空気も解決できる良きゲームですw

3

・カロ
 Caro(Noris:2012)


カロ
手持ちのタイルを置くことで得点を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

2人でプレイする時は枠が6x6の中と決まっています。
4色3個ずつ持ったらゲームスタート。
同じ色は2個までしか隣接できないとか、ルールに従って手番で1個置いていきます。
この時、置いた場所によって色の組み合わせが出来るので、得点が入ります。
色の組み合わせでかなり得点が違ってくるので、いかに大きく得点を取れそうな場所を見つけるかが大切。
まぁ、アブストラクトです(苦手)。

トド吉がスタートプレイヤーだったので、とりあえず置いて10点。
この10点を縮めることが出来るような配置を目指してスタート。
最初はまだまだ余裕なので、とりあえず得点が高そうで踏み台にされない場所を探す。
が、上手く使われてるような気がしてくる。
でも気にしてると低い得点しか入ってこない。
縦横4個目が置かれたくらいから、6個目をどの方向へ置くかも考えつつ。
「よし!ここ置いて18点!」と言えば
「ここで20点」と返される。
勝てる気しない・・・
でもがんばる。
最初に遠慮しすぎ(?)て1点しか取れなかったのがきつい。
同じような点数の取り合いなので、差が縮まらない。
結局、最後も似たような得点に終わり、差を縮めることは出来なかった。

うん。アブストラクト。
これを置いて点数取るけど、そのかわり次にトド吉がこう置いて何点でこの色だと何点で・・・と悩ませてくれるゲームです。
悩みはじめるとキリがなく、ついつい考えすぎてしまうのも苦手なところ。
プレイ時間に対して、かなり頭を使ったような変な満足感がありました。

このページのトップヘ